NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2008年 09月 25日 ( 1 )

プレアデス・ストリング・クァルテット ベートーヴェン弦楽四重奏全曲演奏会Ⅳ

9月15日(月・祝) 15:00開演
SQWガレリア08-09 #72
プレアデス・ストリング・クァルテット
ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会Ⅳ

【報告:隅田季光(千葉県在住 会社員) 座席:1階16列15番】

本日のプログラムは、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の二曲と大フーガという、休日の昼下がりに聴く音楽としては、随分と重いプログラムに関わらず、ホールの客入りは8割程度と予想以上の盛況であった。客層は、プログラム構成からか、クラシックファン風のご年配方が目立っていたが、学生風の若者もちらほらと。
私の座席は、ホール後方より手前のほぼ真中の席で、舞台上の奏者の姿が、譜面台に被ることもなく、視覚的にも満足。また音響的にも、舞台上の雑音が届かず、ホール全体の響きがよくわかる場所で、目も耳も十分に楽しめる絶好の座席であった。

さて、プログラム前半はベートーヴェンのラズモフスキー1番。1楽章冒頭のチェロによるテーマから、非常に伸びやかな歌に溢れた演奏であった。チェロ山崎さん、ヴィオラ川崎さんといった円熟期の演奏家2名が、しっかりとした音楽の土台を作り、その上にヴァイオリンの2人が乗っかるという様な印象を受けた。それはラズモフスキー1番という曲だからこそかもしれないが、チェロの山崎さんが全体をコントロールし、ベートーヴェンであっても、肩肘張らない自然な音楽作りが特徴的で、聴くものを圧倒するのではなく、聴くものの呼吸を自然とベートーヴェンの音楽に惹きこんでいくような感じであった。特に、3楽章の途中、チェロのピチカートをベースにヴァイオリンが美しいメロディーを奏でる箇所など、そのピチカートの息遣いやフレージングが素晴らしく、思わず息を呑んでしまうような緊張感があったことが印象に残っている。ただ、一つだけ残念だったのが、1楽章と2楽章の間で、後から入ってきた聴衆の誘導の為に、演奏者も暫らく待たされてしまい、1楽章で出来上がった空気感が壊れてしまうようで、少し残念ではあった。
さて、後半のプログラムは、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第13番と大フーガ。ベートーヴェンの晩年の作品だけあって、非常に内容の濃い作品である。ただ、第13番などは、他の後期弦楽四重奏から比べると幾分か取っつきやすく、楽章ごとのキャラクターに変化の富んだ名曲と言えるかと思う。演奏はというと、ラズモフスキー1番のどちらかと言うと中低弦主導で、高弦の個性が隠れていた印象から一転、第13番と大フーガに関しては、高弦の主張がはっきりし、4パートそれぞれが主張し合い、また場面によっては見事なまでの統一感があった。また、ラズモフスキー同様に各パートから歌が溢れ出るものがあり、第5楽章の緩徐楽章では、どこか移ろいゆく儚いメロディーを、1st Vlの松原さんはヴァイオリンという楽器が奏でることができる限界を駆使して聴かせてくれた。楽器から直に空間を振動させ直接耳に飛び込んでくるこのライブ間は、やはり生のコンサートならではのもの。得がたい経験であった。
今後もこのカルテットの活動は注目していきたく、また、演奏会にも機会があれば是非足を運びたく思う。
[PR]
by tritonmonitor | 2008-09-25 16:42 | SQWシリーズ