NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ロビーコンサート( 9 )

3月14日(金)第36回ロビーコンサート

出演:藤原真理(チェロ)
【報告:M.H.(TANサポーター)】

 14日のロビーコンサートは、チェロの藤原真理さんということで人気の高さの現われか、雨天にもかかわらず開場15分でほぼ席がうまってしまいました。
 ショパンというとピアノのイメージが強かったのですが、チェロソナタはチェロとピアノのみごとなまでの融合という感じで素晴らしかったです。
 ウェーベルンは現代作曲家で初めて聴きましたが、たった3分間で3小品という面白さを感じました。
 ドボルザークのインディアン・ラメントは、心が自然体になれたという感じでした。
 アンコールは私の大好きなエルガーの「愛の挨拶」で、とても嬉しかったです。
                     *
 1月にNHKBSでエジプトの特集番組を放送していましたが、その中で藤原真理さんがナイル川の船の上でバッハを演奏されました。まさに船上のチェリストといった感じでした。
[PR]
by tritonmonitor | 2008-03-24 16:22 | ロビーコンサート

2月22日(木)第35回ロビーコンサート

出演:川本嘉子(ヴィオラ)
【報告:荒川祐子(TANサポーター)】


 ロビーコンサート第35回は2月22日(金)、ヴィオラの川本嘉子さんによる6回にわたったバッハシリーズの最終回だった。入場者160名以上となり椅子席はすぐに埋まり、多くの聴衆の方は立ち見で最後まで熱心に聞き入っていた。
 
 川本さんの言葉によると「このシリーズは自分を見つめる修行にも似た時間であった」という。その熱く真摯な演奏に終始ホワイエは包まれた。プログラムはまず「無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調BWV1008」。奏者が幼い頃から親しみ又、あこがれた曲であった由。しかし精神的にとても難しい曲であるとも語って下さった。2曲目は「無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番ハ長調BWV1005」。川本さんにして「この曲を演奏する時は非常に緊張する難しい曲」との事、各々約20分のの曲である。

 ヴィオラという楽器をソロ、しかも無伴奏で聞くという事が初めての自分にとって、このシリーズのこの日の演奏は深い感動を新しい発見の喜びの日となった。ヴァイオリンの音ともチェロの音とも勿論違う、その中間で奏者が体全体で奏でる音は美しく又、重すぎる事なく、まるで人間が静かに語りかけてくれる言葉の様な安らかさで聞き手の体全体に入ってくるようだった。その音色は空気を伝ってホワイエをひととき、今世界中で起きている悲しい事、理不尽な事、辛い事、すべてを忘れさせ、唯バッハの深遠な世界にひたれる「幸福感」そのものであった。奏者にとっても聴衆にとっても感無量なシリーズであった。

 又、是非ともヴィオラの演奏をこのロビーコンサートで接したいと思った方は多かったに違いないと思う。途中のトークの中で川本さんが「時間になりましたらお仕事のある方はどうぞお立ちになって下さいね」との一言があった。彼女の温かいお人柄をしのばせるものだった事を付け加えさせて頂きたい。
[PR]
by tritonmonitor | 2008-02-27 12:21 | ロビーコンサート

2008年1月11日(金)第34回ロビーコンサート

報告:藤井利勝(TANサポーター)

 2008年(平成20年)に入って第一生命ホールの初めてのコンサートは、川本嘉子さんのロビーコンサートとなりました。
 慌ただしかった「偽」に代表される2007年に代わって、新鮮な気持ちで臨みたいという想いを抱いてのスタートです。それに相応しいバッハの無伴奏チェロ組曲と無伴奏ヴァイオリンソナタが選ばれました。
 川本さんといえば、押しも押されぬ日本の代表的なヴィオリストです。昨年暮TVで拝聴しましたが、松本の小沢さん指揮の斉藤記念オーケストラの世界を代表する奏者の中で、ヴィオラのトッププレイヤーで活躍されていました。川本さんは第一生命ロビーコンサートには何度も出演されていますが、サポーターとして拝見したお人柄の一端を披露してみたいと思います。
 昨年暮のアドヴェントセミナーのリハーサル中のある日、突然川本さんが姿を見せられました。(教え子が受講生であったのか)その際、受講生たちに美味しいケーキなどの差し入れがありました。みんな大喜び。一見近寄りがたい雰囲気も感じられますが、シャイで気さくな面をお持ちな方と拝見いたしました。(失礼ながら)それに、プログラムに川本さんの言葉で説明されていたように、中央区の第9に飛び入りで出演されるというような茶目っ気もお持ちです。これだけの大家でありながら。ますますファンになりました。
 当日用意した席は100席強、地味なヴィオラだけに集客を懸念しましたが、固定フアンを中心に立ち見客も出て満席状況でした。途中退席客を含め123人。嬉しいコンサート初めとなりました。
 さて当日の曲目ですが、川本さんが曲の合間にご説明されたように「新年のスタートはやはりバッハになりました。」独奏楽曲の古今の名曲であり,原典です。
 第1曲目の無伴奏チェロ組曲第6番ニ長調は、通常のチェロの高音弦(E弦)にもう1弦足した弦楽器用に書かれており、高音部を中心にハイポジションを多用することで演奏が難しいとのことです。
 律動的なリズムが心地よく輝かしい音楽で始まるプレリュード。高雅で落ち着いたチェロむきな曲でヴィオラの音にも相応しい。なんとも幸せな気持ちに浸るアルマンドに続く。クーラントは、速いリズムが流れるような指使いで快活さを訴え、元気が出てくる。以下サラバンド、ガヴォットと続き重厚な和音が胸に響く。優雅で美しく几帳面な曲作りが感じられる。スケールの大きいジーグで締めくくる。
 第2曲目との間に川本さんのトーク。ロビーコンサートの楽しみでもあります。まず新年の挨拶と来客者への感謝の挨拶から、バッハ組曲の緊張感がほぐれます。「今日は、本来ニ長調なのにト長調で弾きました」との説明がありました。ト長調は人間的な幸せを意味しているとのこと。普段こういう専門的な話はなかなか聞けませんが、ロビーコンサートならではという感じでした。川本さんの飾らないトークと相まって楽しい雰囲気となりました。
 2曲目は、ヴァイオリン無伴奏ソナタ第2番イ短調。第1楽章のグラーベは、自由で伸び伸びした感じです。第2楽章は、まさにバッハのフーガで長い曲ですが一音もないがしろにしない重厚さも感じられました。第3楽章は、フーガの緊張感の後のゆっくりした
アンダンテ。まなこを閉じ音楽を聴いている楽しさを味わう。ここでも旋律と和音の組み合わせでのボウイングの高度な技術を確認されました。第4楽章は、再び緊張感とリズムあふれるアレグロで曲が締めくくられた。
 一流のプロが一生懸命演奏してくれた至福のニューイヤーコンサートとなりました。
 川本さんありがとうございました。当日のサポーター皆ベテラン、準備、後かたずけ手際が良かったですね。
[PR]
by tritonmonitor | 2008-01-22 11:38 | ロビーコンサート

第31回ロビーコンサート

報告 佐藤浩子(TANサポーター)

今回で31回を向かえたロビーコンサートは、このコンサートを
楽しみにしてくださるファンの方が開場時間の前からロビーに
たくさん並んでいただいて、お客様には遠方よりお越しの方もいて
あらためて「継続は力なり」と思いました。

私は今回、初めて司会&レポートという大役を仰せつかり始まる前から
とても緊張していました。
開場とともに次々にお客様が入場されてあっという間に満席になり
立ち見もたくさん出るほどの盛況でした。

いよいよ開演の時間になり、私のつたないアナウンスの後
チェロの藤原真理さんと、ピアノの倉戸テルさんの登場です。
藤原真理さんはロビーコンサートにはもう何回も出演されていて
ファンの人も多いとおもいます。

演奏が始まるとピーンと張り詰めた空気がロビーに流れます。
チェロが優しく奏でピアノが力強く追いかけます。
藤原真理さんのチェロは真剣で一生懸命なので、ロビーにいるのに
ホールで聞いている感覚になります。

今回、プログラムの最後の欄にこのロビーコンサートの主旨が書かれて
いました。
「バギーに乗ったお子様からお年寄りの方まで幅広い年齢の皆様に
 お楽しみいただけたら・・・」
そうです。色々な事情のお客様が40分という短い時間、同じ場所で
同じ音楽を聴いて豊かな時間を過ごしていただくことにこのコンサートの
意味があるように思います。
今日いらしたお子様の中から未来の世界的チェリストやピアニストが
誕生するかも・・・・・。
[PR]
by tritonmonitor | 2007-07-18 16:20 | ロビーコンサート

2007年2月5日 ロビーコンサート第30回 

 【報告者:山白真代/サポーター】
【出演】藤原真理(チェロ)丸山 滋(ピアノ)

【曲目】ベートーヴェン:チェロソナタ第3番イ長調作品69、ヘンデル:「ユダス・マカベウス」の「見よ勇者は帰る」の主題による12の変奏曲ト長調WoO.45、リスト:忘れられたロマンス

 ロビーコンサートとは、主に平日のランチタイムに第一生命ロビー、日比谷第一生命保険相互会社本社ロビーで行う無料のコンサートで、近くで働いてい る方たち、近隣住民を対象として、気軽にクラシック音楽を楽しめる機会を提供し続けている。この人気のロビーコンサートも今回で、30回を数える。

 今日は、第30回目の記念すべきロビーコンサートなのだ。演奏者は、このロビーコンサートでは一番多く出演されているチェリストの藤原真理さん。私 たちサポーターは、これまでのロビーコンサートの思い出を語りながら、準備を進めた。みんな、これから始まる30回目のコンサートに気持ちが高まっているようだ。

 春のような陽気に誘われてか、たくさんの人が開場前より列を作って並んでいる。こんなに多くの方が待っている事も珍しい。

 すっかり支度の整った会場で、すべての皆さんが気持ちよく楽しんで頂けますように、と心を込めてお客様をお出迎えする。あっという間に満席となり、 立っている人の数も次第に増えてゆく。開演の時には、弦の響きを心待ちにした多くのお客様で埋め尽くされた。何ともうれしい事だ。

 藤原真理さんと丸山滋さんが、にこやかな笑顔で現れる。開演だ。今日の1曲目は、ベートーヴェンのチェロ・ソナタ。深みのあるたっぷりとしたチェロ の音色と、ドラマティックなピアノが、対話しているかのように音楽が生まれてゆく。耳と心を澄ませて、二人が奏でる音の波に、私は心地よく引き込まれ る。ロビーという空間の中で、日常から非日常の世界へと誘われる、まさに至福と時である。2、3曲目のリストの小品では、しなやかで美しいメロディー と、温かい音色が会場いっぱいに包み込む。期待を裏切らない,素晴らしい演奏だった。

 演奏者の表情、そして指先の動きが見え、息づかいが感じられるこの距離が、ロビーコンサートの大きな魅力だ。途中で席を離れる方も少なく、聴いている 人達も終始、二人の奏でる「祈り」のような響きに、酔いしれている様子だった。

 アンコールでは「夢のあとに」の演奏がプレゼントされた。藤原真理さんの真心が、より一層詰まっている演奏のように感じた。

 次回、確実に藤原真理さんのチェロに出逢えるのは、5月。第一生命ホールで行われる「はじめにいっぽ」だ。今度は、ホールでたくさんの心を魅了するだろう。

 アンケートもたくさん寄せられた。「藤原さんの柔らかなお人柄を感じた」、「演奏で、心が静まった」、「チェロの音色の魅力を改めて知った」「幸せなひとときでした」等、コンサートへの感謝の気持ちがたくさん綴られていた。

 終演後、約50分の小さな演奏会の余韻を心に残し、たくさんの人達がお昼のつかに間「夢」を後にした。

 ロビーコンサートは、質の高い本物の演奏と触れる貴重な機会として、自信を持ってお勧め出来るコンサート。50回、100回と続く事を心から願い、 “音楽と人”を結ぶこの素晴らしいコンサートに、サポーターとして可能な限り、お手伝い出来たらと思う。
[PR]
by tritonmonitor | 2007-02-14 15:59 | ロビーコンサート

2006年1月13日 ロビーコンサート第24回 川本嘉子 【報告:小林美恵子/サポーター】

報告:小林美恵子/サポーター



バッハシリーズ 3
J・S ・バッハ:無伴奏チェロ組曲第4番変ホ長調 BWV 1010
プレリュード/アルマンド/クーラント/サラバンド/ブ−レ/ジーグ
J・S ・バッハ:無伴奏パルティータ第2番ニ短調 BWV 1004
   アルマンド/クーラント/サラバンド/ジーグ/シャコンヌ


 弓が弦に触れるや否や、柔らかな音色が拡がった。ロビーの隅々にまで伸びやかに行き渡り、心の奥まで染み通った。

バッハの無伴奏チェロ組曲、無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ、全曲に取り組む今川本さんの<バッハシリーズ>。
演奏曲目は、本来チェロ用、ヴァイオリン用に書かれた曲である。これをヴィオラで演奏する際には、ヴァイオリン曲での速いパッセージなどは楽器が少し大きくなるだけで技術的に何倍も難しくなるだろう。逆にチェロのための曲では、低弦の幅広い音を出すのが大変だろうと想像する。川本さんの演奏は、そのような技術的な困難さを微塵も感じさせる事のない、すばらしいものだった。
艶やかな音で始まったプレリュード、歌のあるアルマンド、流れるようなクーラント、陰影に富んだサラバンド、踊り出したくなるように軽快なジーグ。そして最後に到達するシャコンヌは、緊張感に満ちて格調高く、長調に変る瞬間には長い苦悩の後で訪れた安らぎを感じた。

たった1挺のヴィオラで、極限まで楽器を駆使し、これほどの音楽表現を持つ曲を作ったバッハの偉大さにあらためて驚かされる。380年以上も前に作曲されているのに、その後の時代の変化も、地域も、宗教をも超越した普遍性をもって我々を魅了する。今、バッハの作品を聴く事が出来る幸せに感謝の念が湧いてくる。
 
 作曲家の書いた曲、その心を聴き手に伝えてくれるのは演奏家である。川本さんの真摯な演奏があってこそ、バッハの音楽の神髄に触れる事が出来たと言える。演奏家にとって技術的にも精神的にも高度なものを要求されるバッハの音楽、川本さんも『バッハを弾く時は、神に裁判を受けているように緊張する』と話された。立派な演奏をされながら、謙虚な川本さんだった。
無私で向き合う人に、ミューズの神は微笑む・・と感じた今日のコンサートであった。
[PR]
by tritonmonitor | 2006-01-16 14:00 | ロビーコンサート

2005年11月7日(月)12:15〜12:50 ロビーコンサート第22回 川本嘉子(ヴィオラ)

【報告:小林美恵子/サポーター】 

ロビーコンサート3回目の川本さんですが、今回は体調が良くない中、無理を押しての出演でした。バッハを弾くには体力が充分ではないから・・と、オールバッハのプログラムから、バッハは1曲だけに、あとは他の作品へと曲目を変更して臨まれました。

変更後のプログラムがロビーアプローチに掲示され、間もなく開演です。川本さんは、前身頃に人物がプリントされた朱色のドレスで登場、会場がパッと華やぎました。

1曲目はバッハのシャコンヌ、ヴァイオリン音楽の中でも頂点に位置するこの曲をヴィオラで聴くのは初めてでしたが、これまでに聴いたヴァイオリンでの演奏とはずいぶんと違う印象を受けました。ヴィオラは体力が要ると言われますが、やはり非常に力強く、艶やかな音で迫力があります。演奏家にとって技術的にも精神的にも高度なものを要求されるバッハの音楽、その緊張感に息をするのも忘れるほど惹き込まれ、一曲だけでも充分にバッハの世界を堪能させていただきました。

d0046199_1219238.jpg2曲目はパラディース作曲のシチリア−ノ、パラダイス?の名前のとおり、この世のものと思えない美しさです。脹よかな音色に身を包まれ、ロビーの窓ガラス越しの青い空を眺めていると、えも言われぬ幸福感が湧いてくるのを感じました。続いてヴォカリーズ、トロイメライなど、馴染みのメロディをしっとりと歌い、ヴィオラの独奏楽器としての魅力を楽しませていただきました。曲目変更のため急遽出演いただいた坂野伊都子さんのピアノも、とても美しい音色で共演、最後は『精進して、一月にはバッハを演奏します』との川本さんのお言葉で締められました。

ビジネスマンの方からベビーバギーを押すお母さんまで、いろいろな方がいらしていましたが、皆さん良いお顔で、ビルの中のオフィスに、午後の光の中にと帰っていかれました。良い音楽を共有したせいでしょうか、終演後は知らない方とも、にっこりと顔を見合わせたいような気持になるのが不思議です。
今回初めて参加した新米サポーターですが、楽しくお手伝いをさせていただきました。


    ========================


バッハ:無伴奏パルティータ第2番ニ短調BWV1004よりシャコンヌ
パラディース:シチリアーノ
クライスラー:クープランの様式によるルイ13世の歌とパヴァーヌ
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
クライスラー:美しきロスマリン
シューマン:トロメライ

ピアニスト:坂野伊都子
[PR]
by tritonmonitor | 2005-11-11 12:21 | ロビーコンサート

2005年9月14日(水):第8回 日比谷ロビーコンサート

【報告:須藤久貴/大学院生/1階ロビー後方】

 第一生命本社の一階ロビーで開かれたこのコンサートは、主に二つの意味を持っている。トリトン・アーツ・ネットワーク(TAN)を支援する第一生命が、支援している活動の一端を社員たちに広く知らせる、という意味と、10月末にTANが主催する「ふたりでコンサートⅡ」の紹介という役割である。ふだん演奏会に足を運べない社員の方たちも、仕事帰りに気軽に聴くことができるし、開演前にはワインも飲めて大人の時間を過ごすこともできる。なかなかお得な企画ではないだろうか。

d0046199_11307100.jpg


 おなじみのTANのスタッフだけでなく、会場は第一生命の広報の方たちが取り仕切って、こまごまと働いていた。夕方の開場時間になるとエスカレーター奥のシャッターが閉まり、ロビーは普通のホールのように静かになった。100席ほどの座席はだいぶ埋まり、多くがネクタイをつけた「社員」とおぼしき人々だが、中には外からやってきたと思われる女性たちも何人かいたように思う。

 稲葉和歌子さんのピアノ伴奏に乗せて、有名なカルメンから<闘牛士の歌>を歌いながら登場してきたバリトンの折江忠道さんは、一番前にいた女性を指差しながら直接訴えかけるように歌っていた。さらに<シャル・ウィ・ダンス>では女性の手を取り、一緒に踊りだしたり、最後のアンコールにカールマンのオペレッタから一曲歌ったときには、ワインを飲みながらご機嫌で声を響かせて、ワインの瓶をサラリーマンの男性に預けてみたり、客席を移動しながら女性の手に口づけしてみたりと、パフォーマンスに富んだ演奏会であった。折江さんは聴衆との接点を大事にしているのだろうと思う。

d0046199_1130274.jpg


 折江さんは演奏の合間に、彼のたどってきた人生を面白く饒舌に語った。歌を歌い始めたのは子供のころ有楽町の映画館で「南太平洋」を見たのがきっかけなのだという。カンツォーネ<オー・ソレ・ミオ>や<忘れな草>を聴いていると、朗々として迫力に満ちたよく通る声である。若くして学生結婚し、イタリアで歌手生活をし苦労も多かったなんていうことを感じさせない。ただし折江さんは、イタリア人の気楽さを実地で経験しつつも、人生には備えとして保険が大事だと付け加えることを忘れなかった。人生の進んできた階梯を振り返りながら、生きていく楽しさを折江さんは繰り返し強調していた。コンサートの最後にワインを飲みながら顔を赤くして歌い、「花束をもらえる職業なんて他にありませんよ」と言った折江さんを見ていたら、何と充実した人生を生きているのだろうと、うらやましくなってきた。

d0046199_11304033.jpg


 10月30日は第一生命ホールで「ふたりでコンサートⅡ」が折江さんなどの出演で開かれる。夫婦ふたりでオペラの名曲を聴きながら、生きていく楽しみを考えるきっかけにしてみてはいかがだろうか。
[PR]
by tritonmonitor | 2005-09-22 11:20 | ロビーコンサート

ロビーコンサートとは

主に平日のランチタイムに第一生命ロビー、日比谷第一生命保険相互会社本社ロビーで行う無料のコンサート。近くで働いている方たち、近隣住民を対象として、気軽にクラシック音楽を楽しめる機会を提供しています。

http://www.triton-arts.net/community/lobby/index.html
[PR]
by tritonmonitor | 2005-05-10 14:17 | ロビーコンサート