NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

アドヴェントセミナー&クリスマスコンサート          【報告:渡辺和/音楽ジャーナリスト】 

5回目のアドヴェント

報告:渡辺和/音楽ジャーナリスト・TANサポーター


 今年のアドヴェントセミナーは、12月14日から始まっていた。筆者がやっと練習を覗きに行けた21日は、もう顔合わせからまるまる1週間、連日午前中から夜までの練習もそれなりに進んだ状態である。
 というわけで、アドヴェント・セミナーというTANと第一生命ホールにとっては最も大きなイベントを初年度からずっと定点観測しているウォッチャーとすれば、以下はちょっと心許ないレポートとならざるを得ない。お許しあれ。

◆12月21日午後合奏練習6日目

d0046199_17351642.jpg
 毎度ながらの年末進行の原稿にもってきて、今年は某定例地方議会最終日に向けての動きの取材もあったため、例年のアドヴェントセミナーを見物していて最も緊張感に溢れ興味深い最初の数日の様子が、まるで眺められなかった。やっと21日午後の練習に向かうと、舞台の上では全講師陣が頭に座った「浄夜」の前半が響いている。なんだかすっかり立派な響きで、ちょっと拍子抜け。まるでオーケストラのような分厚い響き、というのは誉め言葉でもあり、まだまだこれから、という意味でもあるんですけど。

 自分らのパートが休みになる部分では、講師がさりげなく隣の学生に指導をしたり、眺めているとあちこちで細かいやりとりが成されている。精密さを求めて特定の指導者が奏者ひとりひとりをギリギリに絞り上げる、というタイプの練習風景ではないけど、厳しさは伝わってくる練習風景だ。

 ちなみに、客席で練習を見物するギャラリーの姿は総計5名。このセミナー、一番面白いのは練習風景だし、受付では舞台上で使っているのと同じ楽譜を無料で貸してくれるというセミナー聴講としては異例の配慮まである。みんな、もっとどんどん見物に来ましょう、と言いたいところだけど、まあこの時期じゃあしょうがなかろうなぁ。

 さて、1時から始まった「浄夜」の練習は全体の半分ほどまで進め、3時前に小休止。休み時間の雰囲気を含め、なんか今年は真面目な感じ。ちょっと皮肉に言えば、なんだか妙に温和しい感じもする。松原講師に直接訊ねてみると、今年は初めての参加者ばかりだから…との返事。「去年のバッハも大変だったけど、モーツァルトもかなり手こずってますよ(松原)」。

 しばしのお休みを挟んで、3時15分から問題のモーツァルト作曲「アダージョとフーガ」である。毎年1曲用意される、講師が一切の指導をせずに、参加者だけで頭を捻る課題曲だ。我々無責任なギャラリーは「松原勝也の虎の穴」と呼ぶこの合奏練習の様子を見物していると、生徒らの盛り上がり具合が手に取るように判る。

 もうセミナーも終盤のこの日、始まる前、トップ数人が舞台上に集まり、ぐるりと輪になり、合奏練習をしている。パート合わせと別に、責任者が集まって合奏のポイントを合わせているようだ。なかなか熱心である。実際に音が出始めると、アダージョはともかく、フーガはここまでやっても「この楽譜の何を聴かせるのか」という一番重要な部分でまだまだ議論が出来そう。誠に奥深い楽譜だ。生徒らの間でも、譜面を睨んだ無言のお見合いと、なんとも騒々しい言い合いが錯綜する時間であった。

 客席でスコアを眺めながら聴いていた松原講師と藤森講師が、生徒らが一息入れた瞬間を見計らって、具体的なアドヴァイス。ではもういちど、と始める前に、コンサートミストレスが楽屋下手に備えられたMD録音機のスイッチを入れに来る。弾き終えて、全員が楽屋にゾロゾロと戻り、譜面を開いてプレイバックに熱心に耳を傾ける。まるでオーケストラの録音現場を取材してるみたいだ。余りの真剣さに、声をかけられるような雰囲気ではない。

 というわけで、わずか数時間の練習風景はこんなもの。さて、明日はロビーコンサート。公開の合奏練習が終わったら、それぞれのグループでの室内楽練習が始まるそうな。

◆12月22日昼ロビーコンサート

d0046199_17325418.jpg
 アドヴェントセミナーにとって、合奏練習と同じくらい重要なのが、参加者が講師と直接室内楽を共演できるロビーコンサートだろう。昨年から、昼間の第一生命ホールでのロビコンのクリスマス特別ロングヴァージョンという位置づけになって、そんな性格は一層明快になったかも。

 毎度ながらのロビコンだが、なんせクリスマスイブイブの天皇誕生日前日。多くのオフィスがメチャクチャに忙しい日だ。果たしてお客さんが来るのやら。筆者だって午前中に何本も入ってきた校正を次々と入れて、慌ててトリトンまでチャリチャリと走ったのだけど、それでも昼飯を食べる暇が無い。結局、ホール下のお昼の弁当販売ギャラリーで買ったサンドイッチは、終演後まで腹に入れられないままであった。嗚呼。

 さて、クリスマスツリーの前に据えられた椅子と譜面台に向かい合い、もう聴衆はいっぱい。お母さんと子供、企業のOLさんやサラリーマン、最近ロビコンで見かけるようになっているオバチャン、常連のご隠居、そればかりか1列目にはスコアを広げる熟年まで陣取っている。席が無く、後ろに立っている聴衆も沢山います。

 それぞれの演奏に対するコメントは控えるけど、ちょっと厳しいことを言ってしまいましょう。このセミナーが「若いプロフェッショナルのための」と名打っている以上、10日間の中でどれほど状況が厳しくても、個々人がプロとしてのレベルの演奏をできるようにするのは演奏者の義務。シューベルトの変ホ長調クァルテットにせよ、モーツァルトのト短調五重奏曲にせよ、ある程度以上の負担がある声部が存在するのは判っているはず。そんなシンドイ仕事を引き当ててしまった奏者は、徹夜して浚ってもまだ足りない状況だろうと、無責任な聴衆にだって痛いほど判る。でも、このロビーコンサートに来ている人たちは、ことによるとモーツァルトの「駆け抜ける悲しみ」をライブで聴くことは生涯ないかもしれない。その人達に、その作品のあるべき「凄さ」を感じさせられないとなると、ちょっと残念です。

d0046199_17161556.jpg 演奏の出来が良かったとか悪かったとかではない。このセミナーで大事なのは、演奏の出来ではなく、「音楽演奏のプロとは限られた時間で最善の結果を出すようにギリギリまで努力する経験」なのだろう。厳しさを感じ、大いに落ち込んでくれれば、それはそれで良し。というか、大いに落ち込んでくれなければ、TAN会員として残念だ。










d0046199_1731524.jpg
 23日の子供のための公開リハーサルを経て臨んだ24日の本番。「クリスマス・コンサート」と題された土曜日の午後、ホールは600人を超える聴衆でいっぱい。本番のレポートは別の方にお譲りし、最後にひとことだけ。ロビーコンサートで生徒と一緒にシューベルトを弾いた澤Qのヴィオラ奏者、市坪氏がこう漏らしていた。「ここでやってること、スゴイですね。ホントにコミュニティじゃないですか。近くのお年寄りとかがこんなに来てるなんて。」当たり前に思えるけど、第一生命ホールの舞台はオープニングの年以来の市坪氏の素直な感想は、TANやホールの活動に対する率直な賞讃として受け止めるべきだろう。石の上にももう4年。



*****

アドヴェントセミナーについて→こちら


NPOトリトン・アーツ・ネットワークについて→こちら
[PR]
by tritonmonitor | 2005-12-26 17:04 | アドヴェント&クリスマス

年末年始TAN事務局休業日のお知らせ

本年もTANをご支援いただきありがとうございました。
TAN事務局ならびにTANチケットデスク、チケットセンターは以下の通り年末年始のお休みをいただきます。

休業日12/27(火)~2005年1/3(火)

※1/4(水)より通常どおりの営業となります。(事務局10:00~、TANチケットデスク、チケットセンター11:00~営業)尚、休み中のチケットセンター(ホームページからのご注文)での受けつけ分に関しましては、1/4より随時必要に応じてご連絡申し上げます。

来年も、皆さまのお運びを心よりお待ち申しあげます。


年明けは、ニューイヤーコンサートで晴れやかな新年を!

d0046199_14372830.jpg

[PR]
by tritonmonitor | 2005-12-26 14:37 | NEWS

2005年12月7日:ミロ・クァルテット            報告:朝山勝治

【報告:朝山勝治(あさまやかつじ)】

 12月7日、18:00開演といつもに比べ、はるか早い時間帯にホールへ、しかも大きな期待を持って向かいました。アメリカからのミロ・クァルテットによる「ベートーヴェン 弦楽四重奏曲作品18全曲演奏会」を聴きに行くため。直前の4日には「カナルサイドコンサート第1回」と銘打たれ、文字通り運河のすぐ横、レクサス晴海で行われた気軽に足を運べるコンサートで、作品18-1の第1楽章等、魅力的な演奏を聴かせてくれた、そのアンサンブルが作品18の全6曲を一晩で演奏するという快挙をやってしまおうという演奏会は非常に待遠しく思われたためです。

 実際に聴いて、驚くべき事は、これだけの長丁場、曲数にも拘らず、ムラがないどころかどの曲も高レベルを保っていた事。楽曲のフレーズのキャラクターを明快に出し、コントロールされたテクニックでダイナミックス、音程・和音の違いで本当に僅かに変化しているという事を的確に聴き手へ伝えてきます。芯のあるスピッカートやスタッカート等も含め、テクニック、メカニカルな面では素晴らしいと言えるでしょう。しかし、それだけではなく、表情豊かで、緊張といい意味での弛緩が多用され、繊細さも合わせ持っています。途中、緩徐楽章で2度も拍手が会場から出たのも、あまりにも美しい演奏だったからでしょう。
11月号の「かわら版」にはインタビューが掲載され、作品18の作曲年代と彼らが丁度同じ歳廻りとのこと。次には是非、作品59を演奏したいという言葉が非常に楽しみになり、会場を後にしました。

当分はこの余韻を味わうために、彼らのCDを自宅で聴き続けるとします。
[PR]
by tritonmonitor | 2005-12-21 10:48 | SQWシリーズ

2005年12月7日:ミロ・クァルテット               報告:川澄直美

【報告:川澄直美/会社員/1階R1扉9列30番】

長年、いろいろ演奏会へ出かけながら、弦楽四重奏は聴きに行ったことのなかった私ですが、今年になって初めてSQWの演奏会に。弦楽四重奏の森へ(サブテキストより)迷いこんでしまったようです。そして今回は、子供の頃から大好きなベートーヴェン。練習や勉強が好きではない私ですが、ベートーヴェンのピアノソナタの初期の作品は、練習していても苦にならないという思い出があります。家にある楽譜やCDを改めて眺めていたら、今回の弦楽四重奏作品18とは、まさにその辺りの作品。で、交響曲1番の直前の作品だということに気づいてしまったら、ライブで聴きたくなっていました。

SQWに出演される演奏家の方たちは、演奏会の直前に、レクチャーコンサートやアウトリーチ、ロビーコンサートをしてくださいます。ただ、私の場合、平日の昼間は聴きに行けない。残念だなぁと思っていたら、今回は日曜日に聴く機会があったのがうれしくて、ホールのお隣の晴海レクサスでのロビーコンサートへ。短い時間ながら、バラエティ豊かなプログラム。演奏会であまり演奏されない曲がほとんど。弦楽四重奏は、座って演奏しているのに、立ち上がりそうな勢いあるなと、見ていても楽しい音楽でした。最後の曲の「そりすべり」、オーケストラみたいだぁと、こどものように身を乗り出して聴いていおりました。この時点でCDを購入するか、かなり悩みました。でも、初めて聴くのはライブ!と決めて帰宅。

そして、当日。
いつもの開演時間よりも1時間以上早いのに、お客さんが多い。いつもより多いなぁと思ってたら、曲と曲の間だけでなく、楽章ごとにも、お客さんが少しづつ増えていく。その間、ミロQの方々は余裕を持って、着席するのを待っていてくださる。1階席にいた私には、この瞬間のミロQの表情を見たとき「この人たち、いいぞ。若いのに」と感じました。同時に、この余裕は、作品に対する思いの大きさと準備の万全さから生まれたのかなと考えながら、この6曲を聴くことが出来、なんだか貴重な体験しているなぁと。

プログラム・ノートにあるように、この日の演奏順は、1番から順番ではなく完成した順とのこと。2曲演奏した後、休憩が2回。計6曲。第1部は3番と2番。第2部は1番と5番。そして第3部は4番と6番。

第1部は、心地よいので、目をつむってしまいそうな瞬間もありました。第2部の第1番の出だしを聴いたとき、10代の頃、ピアノソナタの1番の第1楽章を初めて譜読みしたときを思い出してしまい、にやにやしてました。なんだか、大人になったような、プロが演奏するような曲みたいと感じて嬉しかった、そんな昔話。他のお客さんも、第1部とはちがって、活気をもって聴き入ってようにも感じました。心地よさよりも、流れに巻き込まれていく…そんなかんじでしょうか。そして第3部に入る前の休憩で、CDを購入。

 TANのスタッフやサポーター仲間の方に「買っちゃたぁ」と、見せて歩いているうちに休憩が終わって第3部へ。第3部にもなってくると、「お、ベートーヴェンだ」そんな感じがします。そうしてると、曲を追いかけているうちに終ってしまいました。もっともっと、聴きたいなぁ。アンコール何やるんだろうとワクワクしつつ、「そりすべり」また聴きたいと思いながら拍手しながらホールを見回すと、立ち上がって拍手している人たちもいたりして。アンコールはベートーヴェンの師でもあったハイドン。そしたら、第1部の曲をちょっと思い出したりして。

休憩入れて3時間半強。いつもより早く始まり、遅めに終った演奏会。それでも、CDのサインを求める人たちの列が長かった。ということは、演奏が、お客さんに伝わったってことなんだろうなと思いながら帰路につきました。
[PR]
by tritonmonitor | 2005-12-19 17:18 | SQWシリーズ

TANモニタープロフィール:川澄直美(かわすみなおみ)

1-お名前

川澄 直美(かわすみ なおみ)

2-ご所属

会社員

3-音楽、または音楽以外の関心事

クラシックではベートーベンとプーランクが好き。
クラシック以外も色々聴いています。
今月から、小唄と英語始めました。

4-自己紹介

TANのサポーター始めてから丸2年立ちました。モニターは、今回が初めてです。これからもよろしくお願いします。
[PR]
by tritonmonitor | 2005-12-19 17:12 | TANモニタープロフィール

2005年12月7日:ミロ・クァルテット                報告:井原三保(いはらみほ)

【報告:井原三保/1部:2階L1列40番、2・3部:2回L2列39番)】 

d0046199_13595558.jpg 今日は初めてのTANモニ。1年半あまり前まで、トリトン・アーツ・ネットワークの制作スタッフとして職場だった第一生命ホールに、お客さんとして入るのには慣れてきたけれど、TANモニというと少し荷が重い。しかも、今日のコンサートはベートーヴェンの作品18、全6曲を一晩で聴こうというものなのだ。交通費節約のために早朝に関西を出、電車とバスを乗り継いで来た身で、最後まで聴きとおすことができるのだろうか?なんせ、モニターの役目を仰せつかったのは、ほんの2時間前なのだから……

 いつもは19時15分始まりのSQWシリーズだけど、今夜の開演は18時。2回の休憩を含めると3時間半近くの長丁場になる。無論ホール代もその分高くなるわけだが、チケットは据え置きの3,500円で、しかも、仕事を終えていつもの19時15分に来ても、まだたっぷり4曲聴けるという太っ腹企画なのだ。

 開演15分前にホールに向かうと、私の前も後からも人の列が途切れることなく続いている。ここだけの話、ふだんのSQWより多いくらい…?なんと、この日の3百数十人のお客さんの9割が18時に客席についていらしたとか。シリーズ券を買ったTANサポーターに声をかけると、今日は昼から仕事休んじゃった、とのこと。

 さて、今日出演のミロ・クァルテットとは、実は旧知の仲である。44回を数えるSQWシリーズの第1回を飾ったグループなのだ。
 初来日の2001年11月当時、私はTANの制作スタッフとして、15日から始まったOpening 10 Daysの真っただ中。無我夢中で働いていたところへ、ニューヨークから颯爽とやってきた、20代半ばの若いクァルテットが彼らだった。初めて外国人演奏家のアテンドをすることになった私は、慣れない英語を操り、冷や汗をかきながら、それでも彼らと過ごす時間は楽しいひとときだった。というのも、彼らは日本の食べ物(特にケーキ)に目がなくて、とりわけヴィオラのジョン、チェロのジョッシュはつつき合いっこをしながら、日本の味を楽しんでいたのだ。他のスタッフは事務所でお弁当を食べながらも、パソコンに向かっていたというのに……。

 SQW第1回目のこのコンサートは「9月11日の被災者家族を支えるコンサート」と銘打たれ、ロビー設置の募金箱に寄せられた寄付金は、日本赤十字社を通じて全額寄付された。今夜のお客さまの中には、第一生命ホールのオープン、TAN設立のために奔走された第一生命職員の方々もあちこちに見える。SQ最前線!と胸を張ってはみたものの、弦楽四重奏で、しかも1シーズンに6つほどの団体が出演し、約10回のコンサートを行う。こんな今までにない大胆な企画をやろうというのだから、初めての演奏会を迎えたそのとき、運営サイド、ディレクター以下スタッフの胸中は期待と、そしてそれ以上に大きな不安でいっぱいだっただろう。私は必死に走っているだけで、全体のことなど見えていなかったけれど。そして、ミロQはシリーズスポンサーも大勢見えるコンサートで、見事、我々の期待以上のパフォーマンスをし、アメリカの若手クァルテットのひとつのスタンダードのを示したのであった。そんな彼らが第一生命ホールで凱旋公演をするのだから、彼らの成長を楽しみに、4年前を知る人たちが集うのもうなずけよう。

 昔話が長くなってしまった。今夜の演奏は作品番号順でなく、作曲順に3番、2番、1番、5番、4番、6番の順に演奏された。ベートーヴェン、29歳から30歳にかけての作品群である。途中2回の休憩が入る。演奏について評する立場にはないので、詳述するのは避けるが、ミロQの気負うでもない適度な緊張感が心地よい。夏以降、各地で同じプログラムを経験することで、彼らなりのペースがよくつかめているのだろう。お客さんにとってはどうだったのだろう。全曲演奏というと、今夜の聴衆には昨年のカーター全曲(私はチャンスを逃してしまった)を聴いた方も多いだろうし、私自身、今までに2回ボロメーオQのバルトーク全曲を聴いたが、不思議と乗り切れるものだ。今日は、今まで以上に(全曲25分程度の、決して短くはない作品だというのに)疲れや気負いを感じずに、青年ベートーヴェンを楽しめた。アンコールは先輩ハイドンの74番「騎手」から第2楽章。

 ひとつ苦言を呈するとすれば、遅れ客への対応はいただけなかった。楽章間に入ったお客さんが自分の席に着こうとするのを、演奏者が客席を見ながら待つシーンが少なくとも2度はあったし、中には楽章が終わる直前に1階席のドアが開く音も聞かれた。本来、今回のように空席がある場合は、ドア近くの席に着いていただくか、年配の方でない限り、後ろで立って聞いていただくのが当然の対応ではないのだろうか。何度も演奏会の妨げになるようだと、単にお客さんのわがままだけではないように思われた。

 さて、全米室内楽協会のインタビューによると、ミロQのベートーヴェン・プロジェクトは30年近くの長期計画らしい。ミロQが、ベートーヴェンがその弦楽四重奏を作曲したのと同年代で取り組みたい、と考えているからだ。とすると、次にこのプロジェクトが聴けるのは6年後ということになるのだが、きっとその前に、ミロは晴海に戻ってくるだろう。箕口一美ディレクター曰く、「また、呼ばなきゃいけないクァルテットを増やしちゃった(にこり)」。

 ちなみにジョンにこの次のプロジェクトは?と訊ねたところ、答えは「Vacation!」。テキサスに帰った後すぐ、ブラジルの音楽祭に呼ばれていて、クリスマス休暇はそこで過ごすらしい。そしてクァルテットには、もう一つ大きなプロジェクトが、第2ヴァイオリン、サンディのおなかの中で育っている。2月には第1ヴァイオリン、ダニエルとの間に初めてのベイビーが誕生する。次の来日は一層にぎやかになりそうだ。
[PR]
by tritonmonitor | 2005-12-19 13:18 | SQWシリーズ

TANモニタープロフィール: 井原 三保(いはら みほ)

1-お名前

井原 三保(いはら みほ)


2-ご所属

なし(フリーというと、きこえはいいですが……)


3-音楽、または音楽以外の関心事

若い演奏家や音楽学生のキャリアアップのお手伝いと、彼らを取り巻く日本の音楽ビジネスや公共ホール経営に興味があります。
音楽以外では、登山が趣味といいたいところだけれど、ここ2年以上山からは遠ざかっているのが残念。他には、料理、食べること、温泉、自然の豊かなところでまったりすること。


4-自己紹介

TANでは2001年の設立以来3年間、制作スタッフとしてお世話になりました。2005年8月にボストンでの文化庁在外研修から帰国し、未来のキャリア・カウンセラーを目指して勉強中です。

5-TANモニター開始日

2005年12月7日ミロ・クァルテット
[PR]
by tritonmonitor | 2005-12-15 14:17 | TANモニタープロフィール

アドヴェントセミナー初日

本日いよいよアドヴェントセミナーが始まりました。

d0046199_14582890.jpg


d0046199_15205822.jpg



TAN・WEB編集部
[PR]
by tritonmonitor | 2005-12-14 14:56 | アドヴェント&クリスマス

2005年12月9日:ボニ・プエリ                 【報告:フラウト・ドルチェ】

【報告:フラウト・ドルチェ/サポーター/1階10列25番】


ボニ・プエリはチェコからやって来た少年達だけの合唱団。年少団員がソプラノとアルトを、年長団員がテノールとバスを担当しています。女子メンバーが多い児童合唱や成熟した声の大人の男女混声合唱とも違い、イギリスのカレッジ合唱団のような清らかな高音部としっかりとした低音部を持っていました。透き通った歌声はいい意味で人間臭くなく、まるで天から降り注ぐようで聴いていると心が洗われる気分でした。

第1部はヨーロッパのクラシック音楽を聖歌隊の衣装を着て厳かな雰囲気の中で演奏されました。グレゴリオ聖歌を歌いながら登場し、モーツァルトの「グローリア」(戴冠式ミサより)、ヘンデルの「ハレルヤ」などの宗教曲の他、ドヴォルザークの「家路」、スメタナの「モルダウ」(日本語詞)といった日本で親しまれているチェコの曲もありました。中でもステージ上の合唱に客席後方にいた4人の団員がエコーで返したラッススの「こだま」とソプラノ・ソロの少年が清らかな声で優しく歌ったフランクの「天使のパン」が特に印象に残りました。

第2部では民族衣装に着替えてチェコ音楽。クラシックの他、地方や隣国の民謡や現代曲が演奏されました。コペレントの「たわいのない歌」は2002年に来日した時も歌われましたがとても個性的な曲。歌詞にとりわけ意味はなく「出たら出たその目」のまさにデタラメで、テンポもその都度変わる規則性のないものでした。お客さんはいきなりコインが飛んでくるような突飛な出来事に驚いたり爆笑したりしました。そんな難しい曲でも音を外すことなく息が揃っていたのでとても気持ちよく聴くことができました。「山へ」はモラヴィア民謡をボニ・プエリのためにアレンジされた曲です。独特な声を上げて踊るなど、山での生活を再現した演出になっていてとてものどかな感じがしました。

第3部は蝶ネクタイにワイン色のベスト姿で世界のクリスマス。ここではドイツ、チェコ、ブラジル、アメリカ、スペイン、アフリカそして日本のキャロルを聴くことができました。第1部とは対照的な雰囲気で、スペインの歌ではお客さんも一緒に「ファン、ファン、ファン!」、ブラジルやアフリカの歌は躍動感がありお祭り気分。日本からはオペラ「森は生きている」の中から2曲を優しく歌ってくれました。最後は「きよしこの夜」をドイツ語、英語、日本語で歌われました。どの国の言葉もとてもきれいな発音でした。

アンコールはイギリスのキャロル“Ding doing! Merrily on High”、杉本竜一の「ビリーブ」、そして最後はかつてチェコスロバキア民謡として紹介された「おお牧場はみどり」は日本語で歌って演奏会は終わりました。

終演後、指揮者のパヴェルさんと数人の団員がロビーに出てきてCD販売とサイン会を行いました。記念撮影も気軽に応じていて、彼らのほうも観客との交流を楽しんでいるようでした。

普段のクラシック音楽の演奏会の時よりも親子連れのお客さんが目立ちました。一足早いクリスマスを過ごしに来たのでしょうか?全体が3部構成で約30分ごとに休憩に入るというのはお子さんとってはとても良かったと思います。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、帰る時はみんな笑顔でした。
[PR]
by tritonmonitor | 2005-12-14 11:19 | TAN's Amici コンサート

アドベントセミナー、スタート!

12/24(土)聖なる夜のコンサート「クリスマスコンサート2005」の前に、今年もアドヴェントセミナーを開催します。

d0046199_13483263.jpg


●アドヴェントとは?
クリスマスイヴまでの4週間の事。子どもがワクワクしながら過ごす、待降節と訳されるこの季節、第一生命ホールの周辺はにわかに騒がしくなります。

オーディションによって選ばれた「アドヴェントセミナー受講生」と第一線で活躍中の講師が一緒に演奏しつつ、クリスマスイヴのコンサートに向けて10日間じっくりじっくり時間をかけて音楽を創り上げていくのが「アドヴェントセミナー」。 ブレーンストーミング、練習を積み重ねた演奏は、若いエネルギーの発散される心地よさとともに、ほかの演奏会では味わえない完成度の高い演奏になっていきます。この「アドヴェントセミナー」の聴講生を募集していますので、ご興味ある方は是非ご来場ください。(要申込み)

d0046199_13495388.jpg



●子どものための公開リハーサル
コンサートにリハーサルはつきもの。実際に演奏する場所で本番同様に演奏をして、響きや音色など最後の「打ち合わせ」をします。演奏が途中で止まって、話し合って、また演奏をする…なんてこともあるかもしれません。そんな舞台裏をみんなに見せてしまうのが公開リハーサルです。演奏者にとってはとても貴重な時間です。 (定員に達しましたので受付を締め切らせていただきました)

●ロビーコンサート
第一生命ホールロビーでセミナー受講生と講師によるコンサートを開催します。入場は無料。是非お気軽にご来場ください。

d0046199_13503746.jpg



◆新着情報や詳細は、 「こちら」 からどうぞ。
アドベントセミナー受講生のブログも読めるかも!?
[PR]
by tritonmonitor | 2005-12-14 10:00 | アドヴェント&クリスマス