NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2006年3月26日育児支援コンサート

【報告:齋藤健治/月島在住編集者・TANサポーター】

第1部:ぷんぎ組(年中組)・第2部:2階C1列2番

 オオシマザクラの白が映える,3月終わりの日曜日の午後。テラスの噴水近くでは,子どもたちとお母さんが縄跳びをしている。グランドロビー脇の径では,幼児が歩いている。その姿を見守るおじいちゃんの顔は,薄曇りの暖かな日差しを受けてほころんでいる。
――このような親密な場で,「育児支援コンサート」が開かれるようになって,早くも5回目を迎えた。ソールドアウトが続き,好評をよんでいるこの取組み。さて今回はいかがと,次々押し寄せてくる子どもへの対応に余念のないディレクターのM氏に話を聞くと,「今年は,あえて,満席になる前に打ち止めにしたんです」。

 第1部は,年少組2部屋,年中組1部屋,年長組1部屋の計4室を用意して,TANが子どもたちの世話をする一方,保護者はふだんの育児からほんのわずかな時間離れて,自分のためだけの音楽の世界に浸ることができるよう考えられたプログラム。毎年このコンサートを見て感心していることの大きな一つは,トラブルらしきものが起こっていないこと。当日配布された資料を見ると,2つの年少組はそれぞれ34人・36人,年中組は41人,そして年長組は41人の子どもを受け入れている。これだけの人数を預かるだけでなく,いかに子どもたちに思い出いっぱいの音楽を伝えることができるか。そのため持てる組織の力と知恵を集中させ,最大限の効果をあげることをねらっているのである。つまり,見かけの「量」と「形」を整えるだけでなく,当日訪れた観客をいかにもてなそうかといった「質」に重きを置いているということである。


 今年は第1部・第2部を通じて「邦楽」に的を絞った内容だ。しかし,昨年は,特に第2部の「オペラ・キャット」がおおいに成功を収めたはずなのに,なぜ今年は方向を一変させたのだろうか。
「中期的なプログラムづくりの一環ですね」(Mディレクター)
幼稚園年少・年中・年長の3年を見通したプログラムを提供していくことで,子どもたちは多彩な音を体験していく。そして,それが,一人の人間のライフサイクルの中で,音楽と長きにわたって付き合っていくための土台になっていくのであろう。


 今回指定された「ぷんぎ」組(注:各部屋の名称は,第2部のプログラム・音楽と絵本《ヘチとかいぶつ》に出てくる4体の怪物君の名前からとられている)の部屋に入ってみると,新聞の折り込み広告を使って,一心不乱に,折り紙をつくっている子どもたちの姿が目に入ってきた。頭には出来上がったばかりの「兜」をかぶっている。
「さあ,始まるから,お片づけをしようかあ」というスタッフの指示に素直に従い,みんなで箏の久東さんをお出迎え。その中で,同じ幼稚園のお友達なのだろうか,一組の男の子と女の子がじっと手を握り合っている。音楽が始まる前の期待する一瞬を仲良し同士で迎えられたこと,それを何十年経っても,「昔こんなことがあったよね」とずっと語り合ってほしいと思った。

 プログラムはまず,観賞から始まった。飽きてむずかる様子もなく,特に最前列の子どもは,演奏家の指の動きから目を逸らすことがない。
続いては,子どもたちが実際に楽器に触れての体験活動。「どうすれば音が変わるか,知ってるよ!」と大きな声をあげる男の子。部屋の中には10梃の箏が用意されており,4~5人が一つのグループになって弦をはじいていく。
「好きな食べ物はなあに?」「リンゴ!」「じゃあ,『リ・ン・ゴ』って音を鳴らしてみよう」
久東さんとのこんなやりとりを通して,ポン・ポン・ポンと子どもたちは音を鳴らしていく。
「こんどは,胴の下を叩いてみようか」
ドン・ドン・ドンと,小さな手をいっぱいに広げて打ち鳴らされる音が響き渡る。

 各グループにはサポーターが一人ずつ付き,子どもたちの様子を見守り,声をかけていく。その中で,演奏に夢中になって,ヒモがリボンでできた名札が首からはずれた女の子がいた。それをかけ直すサポーターに,「ねえ,ねえ,これパパがつくってくれたんだよ!」とニコニコと語りかける子ども。音楽体験だけでなく,よそ行きの服でおめかしをして親と一緒に遊びに来たということ,やさしく接してくれる演奏家とサポーター,そしてお手製の名札……。そういった諸々のことが一つになって,この子の中には楽しい時間が流れているようだった。
残念だったのは,サポーターの手が回らないグループが一つあったこと。そこでは4人の子どもが所在なげに弦に触っていた。子どもは,自分を取り巻く環境から「何か」を感じ取る。そしてそれを誰かに聞いてもらい,受け止められることを欲している,改めてそんなことを考えさせられた。「さあ,今度は,一人ずつ音を出してみましょう」
久東さんはこう言いながら,子ども一人ひとりの前まで行って「上手ねえ」などと声をかけるともに,「爪,痛くなかった?」と手をさすってあげたりもする。
サポーターもその様子を見守りながら,「あら,音,出たじゃない」と褒めてあげている。
最後は,久東さんの演奏をバックに,みんなで「さんぽ」の合唱。
「楽しかったあ~!」「ありがとう!」


 このような光景が展開されている折,途中でトイレに行きたくなった子どもの手を引いて何度となく部屋を出たり入ったりしていたのは,若い男性サポーターだ。今年で3回目の参加であり,TANのサポート以外にもカンボジアや新潟など被災地での支援活動も行っているという。「トイレに行くまでの道のりが分かりづらいので」と言いながら,この活動で一番楽しいことはとの問いかけには,笑顔でこう話す。
「子どもたちが,音楽を通じて“創造”する場面に出会えることです」


 前半の報告が長くなったので第2部のレポートは割愛させていただくが,コンサートが終わり,ホールを後にするエスカレーターの前に立っていたのは,第1部で新聞の折り込み広告で作った「兜」を,いまだ被り続けている一人の子どもだった。
そうか,この子にとっては,兜がいま宝物なんだと感じながらも,自ら創ったその作品に,「量より質」をめざす育児支援コンサートの考えが受け止められているような気がした。
そして,その子の手は,親が,しっかりと握りしめていた。
[PR]
by tritonmonitor | 2006-03-30 17:19 | ライフサイクルコンサート

2006年3月26日育児支援コンサート

【報告:佐々木 久枝(会社員・華道教授)】

前半:子供音楽スタジオにTANサポーターとして参加。
 今回の持ち場は打楽器コーナー。音楽集団団員の慮さんと一緒に4才の子供達と体験するとんちぎ組(絵本のキャラクター)。それにしてもこの怪物クン、何ともユーモラスな顔だなとつぶやきつつ会場のリハーサル室に向かいました。軽い打ち合わせとお昼を済ませていよいよ本番。
 慮さんは穏やかな語り口かつ丁寧に我々サポーターに一つ一つ説明して下さいましたが、これが演奏に入ると一気にテンションアップ。三十数名の子供達を前に「模範演奏」をなさった時はすっかり音の世界に入っていて、子供達も身を乗り出して聴き入っていました。
スタジオに来た子供達と体験タイム開始まで折り紙や絵本読み聞かせで一緒に過ごしましたが、皆ぐずる事なく待ってくれました。
 今回は何故か絵本読み聞かせが多く、その昔多く当てられた国語や英語のリーディング光景を追体験。更に折り紙遊びでは私達の知らない折り方を教えてくれたりする子供達もいて、最初からたじたじ。

 「太鼓の先生」慮さんが登場し、サワリ部分を閉め太鼓で打ち始めると、さっきまで騒いでいた子供達がバチの一つ一つの動きに見とれていました。更には謡曲らしい掛け声にも聴き入っていた様子。おもむろに太鼓の先生はボードに書いた「大きな古時計」のリズム(ターンとかタタタンとか)を膝打ちで練習。それにしても子供達の飲み込みの早い事、早い事!!以前合唱でリズム読みの練習経験のある私の方が、実は間違えたりしました(大汗)。
 ここで慮さんは楽器毎に3つのリズムを振り分け、早速実際の楽器体験へ。今回オルゴールが大人気で、一緒のスタジオだった他サポーターさんのお話では、「何が何でもオルゴール!!」という子供達が何人もいたそうです。ちなみに私は木鉦担当だったのですが、ちょうど碁石を入れる入れ物の大きさ。これを体験した皆は非常にリズム感が良くて感心してばかりでした。お隣の大太鼓は力いっぱい打つ子供達がいて、慮さんも大わらわ。途中で御自分で見本演奏なさる場面もありました。大騒ぎになりつつも皆で「大きな古時計」を2回も3回も通しているうちに
皆それぞれの楽器の世界に「入り込んで」いました。よく子供は吸収が早いと聞きますが、自然と集中しているうちに自分の中に音なり形なりしみ込んでいくのでしょう。大人の部(第1部コンサート)の後にお迎えに来た親御さん達の前で子供達は生き生きと歯切れよい打楽器アンサンブルを披露していました。こんなに夢中でやっているんだ!!と驚きとも嬉しさともいう表情の親御さん達の様子が印象的でした。その後楽器を前に記念撮影しながら「これやったのー!!」「スゴイ大きな音がしたよー」と話す子供達の姿には嬉しくなりました。


後半:2F C1列-3番
 さて、片付け後は生き生きとしたスタジオでの興奮覚めやらぬまま今度は客席へ。ロビーやビュッフェではついさっきまでのスタジオ体験を興奮しながら報告する子供達がいっぱい。エスカレーター上で日頃忘れかけていたナマの音への純粋な興奮を思い出していました。

 第2部「みんな一緒のコンサート」では吉松隆の組曲「星夢の舞」から(太鼓の先生、予告通り手を振って下さいました!!)。
 北斗七星をモチーフとした組曲冒頭「序の舞」ではE音の連打に乗って笛と琴の絡みがいかにも「春が来た!!」と周りに知らせているよう。三味線をはさんで流れるようなアンサンブルが展開されていきました。2曲目「綺羅々」(きらら)では涼やかな鉦の音に琴ソロと笛ソロが加わり、物思いにふけるような響きが演奏されました。続く「点々」はスケルツォっぽく小太鼓と琴が止め拍子を交えており、この「ストップモーション」がこの上ない緊迫感とライヴ感をもたらしていた
ように思います。笛と尺八とのメロディラインの震えるような響きには私も身を乗り出して聴きました。2巡目では太棹が入って響きに厚味が増し、トリル音が小回りきいた舞を連想させる印象でした。丁々から舞戯之舞(←ブギもこのように書くとなかなか洒落たもの!!)へ展開していくところでは、やはりE音連打から展開、何気なく笛がノリに乗っていた印象だったが、テンポが上がると尺八ソロと弦パートのアルペジオ風に奏される広がりを持った響きとがホールで上昇気流気味に掛け合っていき、「舞戯之舞」ではいよいよパワー全開!!
 実はこの部分はリハーサルを拝見出来たのですが、単なる演奏にとどまらず、各パートがジャズバンドよろしく各ソロパートで立って演奏してみようという事も言っていたので、実際本番でそれぞれの見せ場を見られたのが大満足でした。春の催しにふさわしくパステル調の和装も交えてのアンサンブルでは邦楽でもここまで「見せる」演奏が可能というのが見られて大いに満喫しました。中でも三味線パートのいわゆる「ベンベン」する部分が何とも格好よく、指揮者も大変ノッておられました。会場からもブラヴォーと掛け声が飛んでいましたっけ。

 続いて音楽と絵本「ヘチとかいぶつ」太陽を守る善玉ヘチと地中深く住んでいつも悪さをしている4匹の怪物兄弟のお話でした。朗読佐々木梅治(劇団民藝)さんは語り部っぽく作務衣のような昔のいでたち。音楽集団の奏でるダイナミックな音楽に乗って、豊かな声色で怪物達の物語を語っていました。
 ここで使われた音楽は朴範薫(パクパンブン)作曲「シナウイ」。昨年5年の音楽集団定期演奏会で聴きましたが、今回の絵本にもちょうどよく合っていました。太陽を守るヘチの正義の角のモチーフや怪物4兄弟の紹介場面では独特の音楽。スライドに映し出された険しい山々光景や、イタズラで太陽が4つ照らされる場面では打楽器のたたみかけるような動きが効果的。またヘチが怪物4兄弟におしおきする場面では琵琶と三味線が緊迫した語り口で盛り立てていました。

 本番後、さっきスタジオで折った折り紙を取りに来ながら面白かった!!(首から下げている名札が目印!!)と満足そうに帰って行く子供達。きっと今日は子供達も親御さんも熱く語るんだろうなと想像しつつ、後片付けに入る私達。逆に皆から聴き手の原点とでも言えそうな素直に楽しむ心を教えてもらった気がしました。
[PR]
by tritonmonitor | 2006-03-30 01:51 | ライフサイクルコンサート

TANモニタープロフィール 花野 伸子(はなのしんこ)

お名前
花野伸子(はなのしんこ)

ご所属
短期大学 芸術科 音楽専攻 (ピアノを主科で学んでいる社会人学生です。)

音楽・音楽以外で興味のある事
ジャンルを問わず音楽はなんでも大好きですが、クラシックを除けば、ブラジル音楽、特にボサノバが好きです。あと舞台芸術全般に興味があります。歌舞伎、文楽、演劇、オペラ、バレエ等。特にイタリア・オペラの大ファンで、来日したら何を置いても聞きに行ってしまいます。いつかミラノスカラ座に行くのが夢です。音楽以外では、古代遺跡に興味があります。特にエジプト、ギリシャ、ローマなど地中海周辺のもの。

自己紹介
昨年3月に外資系保険会社を退職後、短期大学の音楽専攻の学生になりました。少し前までは、趣味でピアノを少々、などと言えたのですが、もうこのフレーズは使えなくなってしまいました。音楽は子供時代、ヴァイオリンに挫折、ピアノは挫折したけど何とか復活、合唱団に参加していた時期もあります。折角音楽の道にたどり着いたので、来年卒業したら、音楽に関わることを仕事にしたいと考えていますが、果たして何ができるでしょうか。目下の課題です。

TANモニター開始日
2006年3月14日「ショパンのアンサンブルを、19世紀のサロンの響きで」
[PR]
by tritonmonitor | 2006-03-20 21:17 | TANモニタープロフィール

ショパンのアンサンブルを、19世紀のサロンの響きで 

【報告:花野伸子/学生(TANサポーター)1階11列26番】

 私は第一生命ホールのすぐ近くに住んでいるので、足繁くコンサートに通いたいものなのですが、あいにくあまり機会がありませんでした。特にピアノの独奏なら忙しくても聞きに出かけたいところですが、室内楽が中心のホールとのことで、致し方ありません。さて今回は、「ショパンのアンサンブルを19世紀の響きで」という演奏会だったので、聞いてみることにしました。プレイベントで静岡文化芸術大学の小岩信治先生のお話もお聞きすることができるとのことで、楽しみにしていました。
 さて、プレイベントでのお話は、アンサンブル音楽としてのピアノ協奏曲がテーマでした。ショパン時代のピアノ文化、室内楽版ピアノ協奏曲などについてです。19世紀における音楽をめぐる状況は現代と大きく異なっていたため、フルオーケストラの演奏会などを聞きに行ける人たちはごく限られた人たちにすぎませんでした。このために、貴族のサロンや家庭内で室内楽版の演奏を楽しもうという場合がしばしばあったそうです。CDなどで手軽に音楽が楽しめる現代には想像もできないことですね。そうした需要から楽譜が協奏曲でありながら、ピアノ独奏版、室内楽版やオーケストラ版などに分かれて販売されていたのだそうです。限られたメンバーで演奏するのですから、管楽器のパートをピアノや弦楽器が補っているなど、作曲家も苦心していたようです。大変興味深く拝聴致しました。
 また、プレイエルのフォルテピアノの音も新鮮でした。現代のピアノはいつも私が主役よ、といわんばかりにステージ上では実に堂々としています。反面、アンサンブルや伴奏では、音が目立ちすぎるので、控えめに演奏することがいつも求められ、ピアニスト泣かせ(腕の見せどころ?)だったりします。でもそれは、現代の究極的に進化したピアノだからなのですね。フォルテピアノは控えめな音で、ピアノ程クリアではないけれど、独特な味わいがあって、チェンバロに少し似た感じがするかなあ、と思いました。実は、他の楽器と仲良く協調していた楽器だったのか、と、ちょっと納得しました。
 そして、コンサート当日です。プログラムはショパンのピアノ三重奏、ノクターン、バラードそしてピアノ協奏曲です。ピアノ三重奏を除くとよく演奏される曲目なので、いつも聞いているあの曲が異なったイメージで響いてきました。ショパンはいわゆるコンサートホールでバリバリ弾くタイプの人ではなかったらしく、きっと貴族のサロンで演奏されたときの雰囲気が、こんな感じだったのではと思いました。ピアノ三重奏は今回初めて聞きました。ピアノ版も聞いてみると、違いがわかっておもしろいかもしれません。
 古楽器を用いてバロック時代の曲の演奏会が開かれることはありますが、ピアノの一世代前のフォルテピアノはなかなか聞く機会がありません。保存が難しいということなのだと思いますが、博物館に展示されていた楽器の演奏を聞くことができて、貴重な体験となりました。フォルテピアノの小倉貴久子さんはじめ弦楽器の方々の演奏も素晴らしかったと思います。今後も、こうした試みを私達聴衆にご披露頂けることを楽しみにしております。
[PR]
by tritonmonitor | 2006-03-20 21:13 | TAN's Amici コンサート

ショパンのアンサンブル~プレ・イベント「ショパンの室内楽、ショパンのピアノ」

【報告:井出春夫/会社員(TANサポーター)】

 3月14日の「ショパンのアンサンブルを19世紀のアンサンブルを19世紀のサロンの響きで」というコンサートのプレイベントとして、レクシャーコンサートが演奏会に先立ち開催された。
当日は、静岡文化芸術大学の学生さん2名が遠路浜松からサポーターとして手伝いに来て下さり、一緒にサポーターをさせていただいた。
 会場の中をみると、浜松市の楽器博物館から運ばれてきた1830年製のプレイエルが置かれている。聞くところによれば、世界でも、浜松の楽器博物館のように楽器をコンサートのために持ち出しを許可してくれるところはほとんどない(唯一?)だそうである。
 ショパンの生きていたときの楽器である。どんな音がするのだろうという興味が高まる。
 レクチャーの最初に題名は解らなかった(作品番号op.25?)が小倉さんにより演奏された。 この曲は「シューマンが「エオリアンハープを聞いているようだ。」と言ったという。この曲は、自分は全く知らないのだが、そう言われればその通りだが、「現代ピアノで聞いたらシューマンは、そんなこと言わなかったのだろうなぁ」と想像した。
 静岡文化芸術大学の小岩先生からショパンのピアノ協奏曲についてレクチャーしていただく。 その中で面白かったのは、ピアノ譜、弦楽器、管楽器と楽譜が別売されていて、(例えば、この協奏曲をよく知った人には物足りないかも知れないが)ピアノソロでの演奏が結構楽しい。(小倉さんがピアノで実演)また、弦楽器のパート譜には、管楽器がないときは弦楽器でカバーできるように小さな楽譜で示されている。そして、弦楽器が弾きにくい所は、ピアノがカバー出来るような配慮(この部分も小倉さんが実演)がされている。
 室内楽版でやるとチェロ、コントラバスは、殆どフルオーケストラの楽譜を弾き、さらに管楽器の部分の手伝いもやるので大忙しらしい。(これは、演奏会の時の楽しみである!)
 ショパンの楽譜が、フルオーケストラ版と室内楽版に互換性があるのは、時代背景にも大きく影響されていたようだ。
 プレイエルをこのレクチャーコンサートで聞いた感じでは、小倉さんは、とても鳴りやすいとはなされていたが、音は、重く鳴りにくそうに聞こえた。また、低、中音では、弦の張りの強い現代ピアノよりは彫りの深い音が魅力だが、高音にはピッチが低いためか若干、違和感を感じた。それに、スケールみたいなところを弾くときにはあまり気にならないが、和音を聞くと、きれいに響く和音もあるが、あまりよくない響きもあったように思えた。そして、ホールではちょっと他の楽器に音が負けちゃうかもとも感じた。
 でも、場所が変われば、音も変わるだろうから、ホールで聞けばまた違う印象なんだろうと考えながら家路についた。
 最後に、本番の印象。レクチャーで感じた、プレイエルのピアノフォルテは、違うピアノフォルテではないかと思うくらい美しい音を出していた。音量的にも、弦楽器の後ろに位置しているが、見事に弦楽器と調和してバランスがよい。最近のピアノ協奏曲は戦うという意味が強いが、実際初めて調和するという協奏曲を聴いたように思えた。
 今回のレクチャーコンサートでは、演奏会当日は、都合が悪いので、レクチャーコンサートに参加してくださった方も何人かいらした。レクチャーでも、名器プレイエルの音が感じられたのは、貴重な体験であったと思う。でも、機会があれば、ホールに足を運び、この楽器の響きを聞いてみていただきたいと思う。
[PR]
by tritonmonitor | 2006-03-20 21:08 | TAN's Amici コンサート

2006年2月22日:クス・クァルテット 【報告:井手春夫】

【報告:井出春夫/会社員(TANサポーター)2階L2列46番】

 カルテット・ウェンズディをシリーズで聞き始めて約半年が過ぎた。最近は会社を早退するのもだいぶ慣れ、時間に余裕を持ってホールにつけるのが何となくうれしい。
 電車の座席に座って居眠りをし、少し体力回復させることもできるし。そういえば合唱団に入っていた頃、たまに先生が冗談で、「合唱の練習のある日は、あまり一生懸命仕事をしてはいけない。体が疲れすぎていると合唱の練習にならないから」と言っていましたが、コンサートに来るにも、これは結構的を射ているのではないかと思う。 さて、今回は2回目の来日となるクス・カルテット。
 私は、前回聞いていないので、今回が初めて聞くカルテットになる。曲は、前半がモーツァルト「弦楽四重奏曲第1番」と「アダージョとフーガ」の間にベルク「弦楽四重奏曲」を挟んだものである。「どうも、モーツァルトとベルクでは、不釣り合いではないか」と思っていたが、3曲を通して聞いてみると、なかなかベルクがいい味を出していて面白い。そして、後半のメインディシュはベートーヴェンの「ラズモフスキー第2番」である。
 コンサートの最初の曲は「モーツァルト弦楽四重奏曲第1番」曲の冒頭、第1音めから、透明感のある暖かい音がホール全体に響いた。音楽が瑞々しく、自然に美しいメロディーがあふれ出てくる感じがした。
2曲目のベルクは、この曲の美しさが前面に出た素晴らしい演奏。曲の中に自然にひきこまれ、とても音楽が聞き易い。現代音楽というと、不協和音や必ずしも快い響きの音ではないことが多い。しかし、このカルテットの演奏を聞いていると、「現代音楽だからといって食わず嫌いにならないで。この演奏なら、現代音楽も親しめるでしょう。」と、話かけられているようであった。だから私には、不協和音が、曲を引き立てるためのスパイスのようにさえ感じられた。
 前半最後の曲は、モーツァルト「アダージョとフーガ」この曲を個人的には、きっちりとした重い音楽と感じていた。でも、この演奏を聞いてると、フーガがとても楽しい音楽のように思えた。そして、曲がとても新鮮。この曲を聴き終わった時、私は2曲目のベルクよりも新しい音楽ではないかという印象を持った。
 後半は、本日のメインディシュであるベートーヴェン。この2楽章がめちゃくちゃに美しい。強面のベートーヴェンのどこに美しくて透明なところがあるんだろうと思った。今度、ベストなんとかというCDを出すところがあったら、このカルテットでこの楽章を演奏したものを入れて欲しい。この曲のフィナーレはとても上品で熱い演奏であった。
 アンコールは、バッハ「我は悩みの極みにありて」(オルガン曲。ライプツィヒコラール集より)である。
 このカルテットを聞いて感じたのは、アンコールのバッハであれ、モーツァルトであれ、時代に関係なく、音楽が新鮮に聞こえた。クスカルテットをこのホールで聞けてよかった。 
[PR]
by tritonmonitor | 2006-03-06 13:15 | SQWシリーズ

2006年2月22日:クス・クァルテット 【報告:上田淳子】

【報告:上田淳子/2階R3扉R2列41番>

カルテットは自分でも友人たちと演奏して楽しんでいるのですが、4人で作る音楽は大人数のオーケストラや、たった一人のソロとはまた違った音楽の世界が広がります。4人で一つになったり、2対2になったり、1対3であったり・・・。難しくもあり、楽しい空間です。ですが、今回のプログラムは全く聞いたことがなく、しかも予習ができなかったので、直感による感想ということになり、その楽しさをお伝えすることがきっと十分ではないと思いますが、お許しください。

<モーツァルト: 弦楽四重奏曲第1番ト長調 K.80>

 この曲は、多数の弦楽四重奏曲を書いているモーツァルトの記念すべき一曲目のカルテットの曲です。1770年に作曲された、とあるので、1756年生まれのモーツァルト、14歳の時の作品です。今の日本でいえば中学生でこんな曲を作ってしまうとは、天才とは恐ろしいものです。
 それを演奏するのは、たまたま聞きにきていた知人曰く、「上手すぎる」クス・クァルテットのンバーです。昨年12月に同じこの第一生命ホールで聞いたミロ・クァルテットとはまた違った音がします。ミロ・クァルテットはどちらかといえば、全体的に軽やかな印象でしたが、クスは第一音から、とても重厚な響きが聞こえたかと思うと、躍動感溢れる演奏にぐっと引き込まれました。

<アルバン・ベルク: 弦楽四重奏曲 op.3>

 日本でも人気のあるアルバン・ベルク四重奏団の名前の由来となっているアルバン・ベルクの四重奏曲ですが、ベルクの曲自体初めて生で聞きました。予習の予習でCDのネット販売のサイトで、1分弱、一部を試聴したのですが、まったくそこからは全体もつかめず、いったいどんな曲かとある意味恐れていました。なんといってもベルクの時代の曲はいまだ私の中では”現代曲”なのですから。
 案の定、チャイコフスキーや、ドヴォルザークのように、メロディーを追っていけるようなフレーズはありません。しかし、スルタスト(指を押さえ込まず、弦に触れただけの状態で弦を鳴らす奏法)を効果的に使ったりして、混沌とした音楽が広がっていきました。シェーンベルク、ベルクといった作曲家の無調、12音技法については、よく分かりませんが、この四重奏曲が作曲された数年後には第一次世界大戦が始まっていたことなどを思うと、作曲という手段を用いて、世相を表そうと考えたりしたのかしら、と少し想像が膨らみます。

<モーツァルト: アダージョとフーガ ハ短調 K.546>

 モーツァルトにしては重い曲、という印象です。モーツァルトといえば、やはり軽やかで、明るくて、楽しい、というのが私の中での大雑把なイメージですが、短調の曲を聞くとき、天才に色々悩みはあったわけで、モーツァルトの影の部分を感じます。

<ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番ホ短調 op. 59-2「ラズモフスキー第2番」>

 昨年のミロ・クァルテットはベートーヴェンのカルテットの初期の作品を一夜で一気に演奏したわけですが、これらはアマチュアでもなんとか演奏できる、と言われており、自分自身でも少し演奏したことがありました。だから、という訳ではありませんが、弾いていても比較的分かりやすく、楽譜もすっきりしています。ですが、このラズモフスキーあたりになると、かなり構成も複雑になり、聴いていても難しいのだろうな、と感じましたが、それがベートーヴェンの作曲家としての成長でもあるのでしょうね。それにしても、1stのクスさんはとても小柄なのに、ぐいぐい演奏を引っ張っていく姿には圧倒されました。

 ところで<クァルテット・ウェンズデイ>には、いつもカルテットを楽しむために、とプログラムに手作りのサブテキストが添えられています。そこに、この曲の2楽章にはBACHの名前が織り込まれている旨が書かれていました。折角のサブテキスト、そこを聞き逃すまい、と必死に聴いていたお蔭か、BACHを聴くことができました。テキストのお蔭で、ベートーヴェンのいたずらに楽しむことができてよかったです。
 さて、最後に。演奏内容とは関係のないことですが、このクス・クァルテットも、プログラムのエッセイにもありました、クスと同じくアルバン・ベルク四重奏団に学んだベルチャ・カルテットも、1stバイオリンが女性で、その女性の名前をグループの名前をしているのは、同性として、ちょっと嬉しくもあり、益々の活躍を期待せずにはいられません。
[PR]
by tritonmonitor | 2006-03-06 12:10 | SQWシリーズ