NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今年もやります!第一生命ホールオープンハウス

 第一生命ホールオープンハウスが、いよいよ来月15日(土)に開催されます。

 ホールの表から裏までを公開し、ステージやリハーサル室では楽器にまつわるお話やミニコンサート、楽器体験など様々なプログラムが用意されています。
 
 今回オープンハウスに登場するのは、バズ・ファイブ(金管五重奏)、ピアノ、クァルテット・ロンド(弦楽四重奏)、日本音楽集団(邦楽器)です。

 入場無料で年齢制限もありません。ぜひお友達、ご家族を誘って第一生命ホールに遊びに来てくださいね。ホームページもどうぞご覧下さい。
→→http://www.triton-arts.net

 またオープンハウスをお手伝いしてくださるサポーター(ボランティア)も募集中です。こちらもふるってご参加ください。

 皆様のお越しをお待ちしています。
[PR]
by tritonmonitor | 2006-06-27 15:00

2006年6月14日パヴェル・ハース・クァルテット

【報告:井出春夫 会社員 座席2階L1列42番】

 昨年9月に始まったカルテット・ウェンズディ05-06シーズンもついに今日、最終回を迎えた。初めてこのシリーズから、シリーズ会員になった私は、毎回登場する団体や曲目(とはいっても殆ど何も知らない状態であったが)にわくわくさせられながらコンサートに通った。そして、最終回に登場したパヴェル・ハース・カルテット。

 ホールに入ってみると、お客さんがいつもより少ない感じがする。やはり新しい団体をチケットを買って聞くということはかなり勇気のいることなのだろうか?
 第1曲目のモーツァルトが始まった。始まってまもなく、ビックリした。この団体、今まで聞いたどのカルテットよりも音がでかい。そして、それがとても上品に響く。
 第1曲目のモーツァルトでは、「モーツァルトは、ただ単にきれいな音楽ではない」と感じた。彼らの演奏は、とても健康的で、美しさの中にも、何か強さのようなものがあるように思えた。

 第2曲目は、このカルテットの名前にもなっているパヴァエル・ハースの作品。この曲は、初めて聞くが、東洋的な響きやどこかの民族舞踊のように思えるところなどがありとても楽しめた。特に、フィナーレでは、とてもパワフルな感じで、曲想が目まぐるしく変化し曲としてもおもしろいけれど、曲の多面的な部分をとても見事に聞かせてもらえたのはうれしい。

 休憩後、第3曲目やナーチェク「弦楽4重奏曲第2番」が始まる。前半の曲から受ける音の感じとは全く違う。後半の音は、彫りが深く、とてもみずみずしい感じがホール全体を包む。それと、ヤナーチェクやアンコールで演奏したスメタナの「弦楽四重奏」第2楽章の演奏を聞いていると、彼らの「チェコ人の血が騒ぐ」というような感じがした。
この夜のメインディシュであったヤナーチェクは、凄い名演であったように思う。

 私事になるが、この曲には私が、かつて歌った「グラゴールミサ曲」のメロディーが所々聞こえてそれがとても懐かしい。
 世界中には、私はまだ知らないけれど、このパヴェル・ハース・カルテットのような凄い団体や演奏家がいることをあらためて思い知った。

パヴェル・ハース・カルテットは、今回が初来日だそうである。そして、また日本に来てみたいと語っていた。是非、近いうちにこのホールに帰ってきて欲しい。今度来日するときは、どんな曲目をどのように演奏するのだろう。とても楽しみである。
[PR]
by tritonmonitor | 2006-06-27 14:43 | SQWシリーズ

6月14日パヴェル・ハース・クァルテット

―第7回「パオロ・ボルチアーニ賞」国際弦楽四重奏四重奏コンクール優勝者ワールドツアー
【報告:齋藤健治/2階C2扉R2列47番】


「第一生命ホールって,こっちでいいんだよね?」
トリトン・スクウェアへ続く歩道を渡りきったところで,こんな話をする二人の若い女性がいた。
今日は,クァルテット・ウェンズデイ(以下SQW)の日。それも2005-06年の最後の日だ。
幕を飾るは,チェコのパヴェル・ハースQ。

観客の入りはホールの5分の2のほどか。SQWの日のいつかで見たことがあるような……といった,背広を着込んだ初老の弦楽四重奏ファンから,ラフな格好の20代とおぼしき若い人,ヴァイオリンケースを担いだ音大生(あるいは若手ミュージシャンか),EU人の男性と日本女性のカップル等々,日常の町なみの風景を切り取った場面が,そっくりこのホールに移ってきたかのような印象を受ける。2000年に「パオロ・ボルチアーニ賞国際弦楽四重奏四重奏コンクール」で最高位入賞を果たした美女たちの姿も客席にあった。

当日のプログラムは,(1)モーツアルト:弦楽四重奏四重奏曲第19番ハ長調K.465「不協和音」,(2)パヴェル・ハース:弦楽四重奏曲第2番op.7「“オピチー・ホリ”から」,そして(3)ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第2番「ないしょの手紙」。

初めて聴くパヴェル・ハースQ。音がたくましい。各々のソロの部分もさることながら,特にユニゾンが分厚い。たとえば,2曲目の「“オピチー・ホリ”から」第4楽章のクライマックスのところ。曲全体を通して,一つひとつの楽器が,“オピチー・ホリ”というモラヴィアからボヘミア間の一地域で起こる様々なシーンを表現する。各楽章に付けられたタイトルを並べるとこうなる。第1楽章:風景。第2楽章:馬と荷馬車と御者。第3楽章:月と私。第4楽章:荒々しい夜。

これらの,移りゆく明と暗を弾き分けるのだ。第1楽章では,第2vnの,あたかも湖沼か川面の揺らぎのような旋律に乗り,第1vnが心の襞をさらけだすかように唄い始める。第2楽章では,vaとcelloによる,町の騒々しさが伝わってくる表現に下支えされ,リズムが転々と変わっていく。第3楽章は,何かが起こる前の静けさだ。雲間から差し込む月光,そしてその光はいつしかヴェールに閉ざされる。と思いきや,一瞬の光! しかし,それはまた雲に隠されてしまう。第4楽章は冒頭から激しい。一人ひとりの音がソリストのように際立つ。しかし,目を閉じて聴くと,4つの音は「1つ」の音にアンガジェする。己と全体,あるいは全体と己のアンガージュマン。それが見事に結晶されるのがクライマックスだったのである。

恥ずかしながら,このクァルテットがその名を冠した「パヴェル・ハース」の名前は知らなかった。そして,この「“オピチー・ホリ”から」が1925年の作品というのも,もちろん初めて教わった。1920年代というのは,政治的,社会的,そして文化的に一つの研究対象になっているものである(「祝祭と狂乱の日々」「ジャズエイジ」「モダーン」と称せられる時代ですね。日本でいうと,大正モダニズムの時期です)。そういった時期の作曲家・作品の名前を知り,それを味わうことができるというのもコンサートに通う大きなの喜びの一つなのである。

「大きなの喜びの一つ」の中には,未知のミュージシャンとの出会いもある。
個人的な趣味で言えば,もう少し微妙な陰影があればと思う向きもなくはなかったが(それはフランスものが好きな私のたわごとです。こういう個人的な趣向が入るのは,必要悪だと思って読み飛ばしてください),それをおいてもなお,ずっとつきあっていきたいサウンドだと思った。
圧倒的なのは,個人・クァルテットの音の圧力。しかし押し付けがましいのではない。「品がよい」のである。そのバックグラウンドは,客席から想像するに,ふだんの「生活」が出ているからではないのか。またチェコという風土から来る伝統を引き継ごうという「意思」の現れなのか。あるいは20世紀の名曲を,21世紀に生きているクァルテットが新たな息吹を吹き込もうかという「創造性」なのか。

まだこの原稿をまとめる段階で,その「品のよさ」が何処から出ているのかは分からない。ただ,アンコールで,嬉しそうに楽器を奏でているヴィオラのニクル氏を見て,とても楽しく思った。だから,パヴェル・ハースQが奏でるサウンドからこれからもずっと何かを感じたい。また今,前世紀の悪夢でアウシュビッツに行かざるをえなかった名作曲家の名前も,ずっと覚えておきたいし,これから勉強していきたい。

パヴェル・ハース氏,静かに眠っていますか。21世紀の俊英と,アートNPOのおかげで,2006年6月14日にあなたの作品に出会うことができ,「何か」を考える機会に巡り会うことができました。ここ,日本で。
[PR]
by tritonmonitor | 2006-06-21 16:49 | SQWシリーズ

2006年5月31日(水)エルデーディ弦楽四重奏団メンデルスゾーン全曲演奏会その2

報告者:佐々木久枝(中央区勤務・2FR1-37番)

全曲演奏第1回は聴けなかったものの、この時の評判とスケジュールが合った事も助けとなって今回は聴く事が出来ました。

第2番イ短調
メンデルスゾーン節のメロディラインの美しさもさることながら、めまぐるしい転調や内声部の饒舌な歌い口に初めから引き込まれていきました。
第2楽章ではアダージオの静かな歌い上げる場面や短調で時間差で入ってくる部分の歌が際立っていました。
フィナーレでは歯切れ良さと密度の濃さが相まっており、第1ヴァイオリンのカデンツァが素敵でした。あれだけ長いものをよくぞ集中力を切らさず
に、と驚かされました。

第3番ニ長調
第1楽章では狩の歌を思わせる快活さがよく弾き出されていました。第1ヴァイオリンの歌によどむような3人、転調部分での伴奏が軽やかなのに
奥深いものだったのは、やはり彼らの経験がなせるわざだったのでしょうか。チェロの対旋律と第1ヴァイオリンのメロディが掛け合っており、
ブラームスのヴァイオリン協奏曲のアンサンブルを思い起こさせました。
途中短調になる部分の第1ヴァイオリンのソロが連綿と続くメンデルスゾーン節を聴かせていました。
牧歌風のチェロはよく響かせていました。第4楽章では快活な第1ヴァイオリンに始まり途中順番にパートが重なり合っていく部分が聴き
所でした。低音パートの2名が一気に駆け上がってくる部分は良い意味でスリリングでした。

第6番へ短調
メンデルスゾーンにとっては「白鳥の歌」になったこの曲はさざめくような弾き始めに第1ヴァイオリンが悲痛な叫びを上げて始まりました。
ちょうどここでベートーヴェンの熱情ソナタを思い浮かべていましたが、明らかに違うのは、せまい音域をさまよいたたみかけるように付点音符。
もしかしたらここはメンデルスゾーンの慟哭の場面だったのでしょうか。タンタターンとむせび泣くようなヴァイオリン、チェロの対旋律に他の
3者が伴奏を刻む部分はどれもあの明朗なメンデルスゾーンとは一線を画したもの。緊張感を帯びてひっきりなしにひた走る部分やユニゾン部分
はタテに揃っており、晩年の時の刻みを物語るよう。第2楽章はチェロが主導権をとりシンコペーションの同じようなリズムでタテに突き進むような
展開。ここでシューベルトの即興曲(後半の方)を思い出しました。第3楽章は穏やかな彼岸の境地を表すかのようなチェロの響きが印象的。
他の3者はレクイエムのリベラメを聴くような演奏でした。ヴァイオリンのメロディと中声部の裏拍とチェロの対旋律はその多彩な響きの絵の具を
用いて音の絵を描き出そうとしたのではないかと思わせました。フィナーレはアパッショナータ・フィナーレとでも呼べそうなもので、展開部での
細かい動きとややオリエンタルな部分と第1ヴァイオリンの激しいカデンツァとがいわば入り乱れて弾き進められていました。

ひときわ大きな拍手と多くのブラヴォーの声に包まれての本編に続いてアンコールは作品18の4つの小品からカプリチョ。
いわば大仕事を遂げてほっと肩の力の抜けた、こちらもまた味わいのある演奏でした。
本番後にお会いした皆さんはどなたも気さくに(何故か恐縮!?)サインを下さいましたが、まだまだこれからも開拓しますよ!!との頼もしいお言葉を
伺う事が出来、聴き手としても大変幸福なひとときでした。ホールもこの4名のように更にその響きを熟していって欲しいし、このホールに集う
仲間の一人として誇らしくも感じた当夜でした。
[PR]
by tritonmonitor | 2006-06-21 09:22 | SQWシリーズ

2006年5月31日:エルデーディ弦楽四重奏団 

メンデルスゾーン弦楽四重奏曲全曲演奏会2 
【報告:上田淳子/2階R3扉R1列41番】

 自分の好みもあるので一概に言えることではありませんが、
メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲はプロの演奏会でも、
あまり取り上げられていないような気がします。
聴き手の要求が無いからなのか、演奏者側の選択なのか
それは分かりませんが、生で聞く機会が残念ながらこれまではありませんでした。
そんな自分が、そのまま演奏会を聞いてレポートを書くのもよくないなぁ、と思い、
今回はプログラムのエッセイにもあった某カルテットの全曲演奏のCDを
ちょっと聞いてから出かけたのでした。

 まずは一曲目(第2番)の出だし・・・。
響いてきた4つの音に、曲をどうこういう前に、
カルテットを聞くのに丁度いいホールだなぁ、と
改めて第一生命ホールの音のよさを認識したのでした。
エルデーディ弦楽四重奏団の演奏は初めて聞いたのですが、
第3楽章の中間部では、とても歯切れのいい演奏に
皆さんの技術の高さに感心したのでした。

 二曲目の第3番はとても華やかに始まる曲で、
メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲の中で
私の一番のお気に入りとなった曲です。
メンデルスゾーンはベートーベンなど先人の音楽の
研究をし、作曲もその影響を受けたとのことですが、
ベートーベンにはない、繊細な華麗さを感じるのです。
非常に素人的な発想ですが、それはもしかしたら、
その頃の音楽家には珍しく、幼少から裕福な家庭で育ったためかもしれない、
などと思ってしまうのでした。

 休憩を挟んでその日最後の曲。
この作曲家の四重奏曲としても最後の曲。
それだけに、それまでのものと比べるとスケールが
大きくなっているように思われます。
最愛の姉を亡くし、その悲しみを込めた曲ということで、
エルデーディのみなさんの演奏も、それを表すかのような、
ずっしりと重みのあるものであったと思いました。

 アンコールはOp.18の4つの小品から、カプリチョでした。

 1人の作曲家の曲だけでプログラムを組むことは
演奏者の方々には、どんな感じなのでしょうか。
聴き手の私には、絵画で言えば、1人の画家の作品を
一同に集めた個展といったイメージです。
年代を追って、作品は変わっていく。
けれど、そこにはその人特有の何かが、生涯を通してずっと存在する。
そんな風に聴いてみるのも面白いのかもしれません。

 最後になりますが、
エルデーディのみなさんの演奏は今回初めて聞いたのですが、
結成が1989年とのことなので、
一緒に演奏されてすでに15年以上ということになるのでしょうか。
それだけに、いい意味で、お互い遠慮のない演奏をされるという
印象を受けました。
また別の機会にエルデーディのみなさんの演奏を聞きたいものです。
 
[PR]
by tritonmonitor | 2006-06-15 14:46 | SQWシリーズ

2006年5月31日(水):エルデーディ弦楽四重奏団 メンデルスゾーン全曲演奏会2

【報告:須藤久貴/大学院生/1階10列9番】

 ああ、こういう展開になるのか、と驚かせられる。油断して何気なく聴いているうちに、いつのまにかぐいぐいと引き寄せられていて、まんまとうまくしてやられた、と唸ってしまう。エルデーディとはそういうクァルテットだ。

 アレグロやプレストでは、彼らは壊れそうなくらいひたすら突っ走っていく。メンデルスゾーンの第6番ヘ短調のように、第3楽章以外がみな速い楽章だと、その普通ならざる突っ走り度合いが、危うさのようにも思えてきて、はらはらした気分にさえなってしまうのだけれど、緩徐楽章になると、第1ヴァイオリン蒲生氏の力まない透明な歌い口が際立って美しく聴こえてくる。おそらく蒲生氏の音楽が、感情や感性を率直に表現しているからなのだと思う。花崎薫氏のチェロが好対照を成していて、楔を打ち込むように音楽の方向性をうまく制御していっている。絶妙なバランスだと思う。

 最初に演奏されたメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第2番イ短調(作品13)は、もっともよかった。エルデーディの今まで聴いたなかで一番いい演奏だったかもしれない。特にこの曲は全曲にわたって第1ヴァイオリンの独奏だから、まさに蒲生氏の独走状態だった。思ったよりテンポも速めで、第2楽章は瑣末なところにこだわるというよりも、全体の音楽のうねりや波を表現していた。リートを歌った第3楽章もよかった。蒲生氏の音色の美しさは、力まず落ち着いて歌い上げるときにその真価が発揮される。さも何でもないことのように弾きながら、すごいことを語りおおせるというような。そのことは第4楽章最後の長いカデンツァでさらにはっきりした。他の三人の奏者が黙して蒲生氏の旋律が伴奏もなく裸のまま投げ込まれたときの、聴衆との一体感はこの上ないものだった。歩いているうちにいつのまにか洞穴に入り込んでしまったみたいで、この先どうなるんだろうと不安になった次の瞬間、単旋律は四重奏のなかに溶け込んでいき、しかもそれが第1楽章の序奏だったので、僕は「やられた!」と思ったものだ。暗い洞窟の先に突然パアッと視界が開けたような爽快な気分だった。

 第3番ニ長調(作品44-1)を挟んで休憩後は第6番ヘ短調(作品80)が演奏されたが、終曲での激しさは圧巻だったと言う他はない。蒲生氏のあの「本気さ」は演奏会にいた者なら、得心されるに違いない。弓の毛が何本も切れるくらい、弦をいっぱいにかき鳴らしながら、蒲生氏は何でそんなに激しいのか、と思うくらいの「本気さ」があった。

 最後に告白すると、僕が初めて弦楽四重奏の演奏を聴いたのは、エルデーディなのである。2分の1サイズでチェロを習い始めた91年ごろ、小学生だった僕は、彼らの演奏を聴いた。モーツァルトの≪不協和音≫にすごく感銘を覚えて、演奏会が終わってから楽屋を訪ねていって、チェロの花崎薫氏にサインをもらったのだ。さらには僕が所属していたジュニアオーケストラに、蒲生氏が指揮者として指導しにきているということも、不思議な縁を感じてしまう。エルデーディのファンとして、これからも聴いていきたいと思う。
[PR]
by tritonmonitor | 2006-06-11 23:25 | SQWシリーズ