NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2007年1月31日(水)クァルテット・エクセルシオ~ラボ・エクセルシオ世界めぐりVol.6イギリス編

1F-10-25番 佐々木久枝(会社員・華道教授/中央区在勤)

以前彼らの演奏を聴いたのが北欧プログラムだったので、あれからどれ程ごぶさたしてしまったのだろうか。ちょうど日程も良かったので本当に久しぶりに彼らと音の旅に出る事が出来ました。

まずは今年生誕150周年を迎えるエルガーのホ短調クァルテットから。第1楽章アレグロモデラートでは哀愁のきわみという印象が強く、展開部での特に第1ヴァイオリンが、今にも弦が切れてしまいそうなくらい気合を入れた弾きぶりを見せており、緩急のつけ方が巧みでした。第2楽章ポコアンダンテではイングランドの民謡を思わせる旋律が大変印象的でした。のどかな田園風景を思わせるチェロパートや、展開部でのヴァイオリンのピチカートには後拍にも余韻を漂わせておりましたが、かと言って展開部では過度の興奮を控え変拍子の如く次々と動きをもって弾き進められていくのが印象に残りました。第3楽章アレグロモルトではエルガーの重厚な交響曲を思い起こさせる熱狂的なアンサンブルでした。中間部でのたたみかける場面や「ンタタータタン♪」というリズム支配とたてノリが引き立っておりましたが、そう、エクセルシオの魅力はこのタテのすっきりした刻みにあると思われます。途中テンポの激しい動きにも動ずる事なく良い意味でマイペースの演奏を繰り広げていました。

続くブリテンのクァルテット第1番二長調では、生きていた時代をそれとなく映し込んでいるように思えました。第1楽章アンダンテ~アレグロヴィヴァーチェでは、繊細な祈りを思わせる冒頭部分と激しい音楽とが対峙するインパクトの強い構成で、エクセルシオの面々も真っ向から取り組んでいました。チェロのピチカート余韻を抑え気味に弾く部分は何故かひちりきのような響きを思い起こさせ、琴とひちりきのような趣の調べが第1ヴァイオリン、チェロ、第2ヴァイオリンと順に投げ交わされる旋律部分はまるでグレツキの古風な舞曲モチーフを思い起こさせてくれ、ちょうど音という色をステージ空間に塗り重ねていくように聴きました。第2楽章アレグレットでは作曲者ブリテン特有の張り詰めた行進曲のような印象で、スメタナのモルダウの舞踊テーマを思わせる歯切れ良い刻みを聴かせていましたが、これは不安に怯えるブリテン自身の心そのものを正にあぶり出さんとしていたのかもしれません。第3楽章アンダンテでの瞑想曲部分ではグレツキの悲歌のシンフォニーを思い起こさせる第1ヴァイオリンソロとチェロの息の長さ、3声の歌を聴きながらチェロもまた淡々と自ら歌っていく展開が聴きもので、やはりグレツキの古風な組曲3曲目のように、一面を厚い音でどどっと塗り込めていくような場面では聴き入りました。イギリスでグレツキのシンフォニーがジャンルの境を越えてヒットチャート上位に挙げられたという事もふと思い出したのですが、もしかすると聴き手側の心の奥深くに何か響き合うものがあったのかもしれません。さて、フィナーレのモルトヴィヴァーチェではたたみかけていくようなチェロの激しさと音階を繰り返す所には何故かキラールを思い浮かべました・・・・もっともキラールはある意味で”突き抜けて行ってしまっている”のですが。ブリテンの描き出したアンサンブルにも葛藤という二文字が浮かび上がっているように感じられました。

休憩後はディーリアスのクァルテット第2番「去り行くツバメ」が披露されました。第1楽章では文字通り動きを十分に伴いつつ、穏やかな叙情に溢れて伸びやかな演奏に安らぎを覚えました。続く第2楽章では「素早くかつ明るく」という表記にならい田園舞曲風のメロディラインをヴァイオリンからチェロへののどかなリレーと他3部の寄り添うような様子が鮮やかに描き出し、全体を通じて元気はつらつとしたスケルツォを楽しませてもらいました。第3楽章「去り行くツバメ」ではディーリアス特有のノスタルジーが心を打ち、黄昏の歌を否応なしに思い起こさせるような切なさに満ちていました。フォーレの曲の如く不思議な心地良さを持つ和音進行がまた魅力的でした。フィナーレは再び「きわめて素早く」陽気な田園舞曲が繰り広げられました。こういう曲では冒頭が歯切れ良く入らないと美しくないのですが、第1ヴァイオリンによる陽気な歌い口がグングンとアンサンブルを積極的に引っ張っていました。

無事音の世界巡りから戻った面々はホッとした様子でアンコールに「愛の挨拶」を披露してくれましたが、ヴィオラが旋律を弾くのは初めて聴きました。何とも暖かさに満ちたひとときでした。さて、今度はどういう旅路を見せてくれるのでしょうか?
[PR]
by tritonmonitor | 2007-02-27 02:26 | SQWシリーズ

2007年1月22日(月)コンチェルト・コペンハーゲン

1F-6-29番 佐々木久枝(会社員・華道教授/中央区在勤)

「今回もなかなか(特に指揮者)イケメンで期待出来そうですよ」という某スタッフさんの言葉を小耳に挟み、ホール聴き初めは足取りが軽やかでした。
ピリオド楽器演奏とモダン楽器演奏によるふた通りのバロック演奏アプローチが盛んな今日この頃。デンマークから初来日というアンサンブルのオールバッハ公演を聴きました。

会場はイケメン効果(?)なのか、古楽愛好の方々の関心高いのか、開場時より多くのお客様がはやる気持ちの中でホールの席に向かう姿が多く、また新年という事もあって大変華やいだ中で開演を迎えました。

チェンバロ協奏曲第1番二短調第1楽章では2度目のカデンツァの展開でテンポのアップぶりがユニークで、指揮とチェンバロの二役務めたモンテルセンのロック音楽経験も踏まえているのが窺い知れました。ゆったりとした中にも表情豊かな第2楽章を経てフィナーレではあっさりと弾き進めていました。その中でもカデンツァの魅力は余すところなく披露しており、その部分モンテルセンにだけパッとスポットライトが当たったように感じられました(考え過ぎ??)

続く協奏曲第4番イ長調第1楽章ではもう少しチェンバロが前面に出てきてもよいのでは?と思ったのですが、分散和音を通じてリズムマシンとして意識していたのかもしれません。そういえば、テーマ提示の際も装飾音の打ち方がロックビートにも思えましたし、教会音楽・ロック音楽・クラシック音楽等の引き出しを多く持っている彼ならではのアプローチ方法なのかな、とも感じました。第2楽章アダージオでのチェンバロは今回の公演中白眉なのかもしれません。この楽章がシチリアーノ嬰ヘの哀歓に満ち溢れていて表情が豊か。装飾音も滑らかで、チェンバロを引き立てるかのように主だった3人の奏者が代わる代わる弾いていくところには聴き入りました。第3楽章での生き生きとした演奏は二重丸。対旋律が優しく寄り添うような演奏を聴かせてくれました。

休憩挟んで協奏曲第5番へ短調では6人メンバーで登場。第1楽章は譜面に忠実に弾いていながら躍動感そのままに、それでいて余分なものが入っていないある種爽快な演奏はそう多く聴く機会がないでしょう。ソロとリトルネッロとの巧みなかけ合いが目に見えない原動力となって、演奏仲間を、会場を引っ張っていったように感じられました。第2楽章でのテーマ提示からすっかり”COCOワールド”になっており、2度目再現部での自由な節回しのアレンジが印象に残りました。あたかも冬の陽だまりを思い起こさせるような、ほのかな温かさ。彼らの故郷北欧の冬の日々と、バッハの故郷ドイツの冬の日々とが曲の演奏を通じてオーヴァーラップしていたのでしょうか。続く第3楽章プレストでは一転して最初から躍動感に溢れたアンサンブル。途中でややリタルダンドをかけつつ飛躍音型を奏していく部分では非常に効果的でした。

元のヴァイオリン協奏曲からアレンジの協奏曲第3番二長調は再び10名フルメンバー登場。前曲まででもそうだったのですが、彼らはチューニングを丁寧に行っていました。能楽等でも調弦や準備を客前で行うお調べという場面はありますが、ちょうどそのCOCO版ともいえるようなもので、その様子がまた洗練されていました。会場内でもそのお調べの雰囲気を共に味わっているような柔らかな印象でした。このようなスタイルがいわゆる”堅い”イメージを持ちがちなバッハの古楽器演奏にもよい意味でほぐれている効果が現れているように思えました。
第1楽章では強弱のメリハリが利いていて素晴らしい演奏でした。指回りもよどみなく流れており、再現部分に戻る直前のカデンツァではややスリリングな弾き口の”仕掛け”を加えており、私も聴き入ったのですが、こちら聴き手の耳をくすぐる(?)ようなテンポ運びには思わず心中唸ってしまいました。第2楽章では出だしのトリルでのやや儚ささえ思わせるテンポルバートが魅力的。チェンバロが左手にも斬新な動きがあちらこちらに取り入れられていましたが、新しいものに常に興味を持ち取り入れていくという点で、作曲者バッハとこのアンサンブルCOCOとの心意気が重なったように感じられました。続くフィナーレでは元気の良さとノリの良さで全体的にやや速めのテンポで弾き進めていっていました。またソロの威勢の良さにアンサンブルも全く気後れせずに一体となって大きなエネルギーとなって音楽を前へ前へと推し進めていっている印象を受けました。

アンコールは2つのヴァイオリンの協奏曲からでしたが、ここでもオリジナルを踏まえながらも実に爽やかな演奏を繰り広げておりました。
本番後にロビーに下りると途端にサイン会の列、列、列!!お買い上げディスクにサイン希望のお客様の為に、サポーター仲間とパッケージ開封に追われるという、嬉しいハプニングもありました。とある古楽愛好サポーター氏は休憩時間も本番後サイン会でも非常に興奮の様子。ハード日程にも関わらず、COCOメンバーはステージ上のみならず、ロビーでも非常に魅力的でした。良い聴き初めのひとときでした。熱烈感謝!!
[PR]
by tritonmonitor | 2007-02-26 01:02 | TAN's Amici コンサート

2007年1月31日(水) クァルテット・ウェンズデイ#53 

クァルテット・エクセルシオ~ラボ・エクセルシオ 世界めぐりvol.6 イギリス編
【報告:尾花勉/サポーター/一階10列9番】

 久々にクァルテット・エクセルシオを聴いた。『五周年の誕生日コンサート』以来2回目である。
今宵は『ラボ・エクセルシオ、世界めぐりvol6、イギリス編』と銘打った、一寸風変わりとも云える演奏会である。エク(クァルテット・エクセルシオの略称にして愛称)は六年前よりこのシリーズを始め、南半球、北欧、アジア、ロシア、イタリアと世界を音楽で旅をして来た。そして今夜、イギリスを最後の訪問地として、一先ず草鞋を脱ぐ事となる。

 拍手に迎えられ、4人の旅人達が姿を表した。その装いは黒が基調だが、清楚な中にも華やかさが漂う。

 暫しの沈黙を経て、一曲目、エルガーのホ短調カルテットが少しく影を含む音色で始まった。私には事ある毎に「昔は良かった」と、繰り返す、老人の回顧談を聞いている様で、曲自体は余り関心しなかった。然し、その老人臭を節度あるポルタメントや、美しいピアニッシモ、ボーイングの工夫等で中和させようとする、エクの発意には好感が持てた。
 
 二曲目はブリテン28歳の作品、第一カルテット二長調である。先程のエルガーとは打って変わって、冒頭から『生きるべきか、死ぬべきか』と云うウェルテルの様な、若さ故の葛藤が極度の不協音となって聴いている私の耳を襲う。一楽章での「狂気」、二楽章での「不安」、三楽章の「祈り」……。世界大戦最中という時代背景の違いはあるものの、この曲の中に込められた「内なる声」を、当時の作曲者と略同じ世代であるエクが共感を以って掬そうとしているのが犇々と伝わってくる。特に終楽章での目に見える様なアーティキュレーションは、それを感じさせるには余りあった。

 休憩を挟み、最後のデーリアス「去りゆくツバメ」が演奏された。凡ての楽章に付けられた表題、また、全篇に渡る幻想的な雰囲気からもこの曲が後期ロマン派の影響を受けている事が解る。同じくイギリス・ロマン派の詩人ワーズワースを彷彿とさせる自然描写が、エクの持つ『音のパレット』から生み出される驚く程多様な色相を用いて彩られて行く。特にたゆとう様な4楽では
唯、音楽に身を委ねていれば良い、と云う幸福感を久々に満喫出来た。

 会場内が、未だ何とも云えない暖かさに包まれている侭、アンコールの、エルガー『愛の挨拶』が演奏された。普段、Vnに依る名旋律として広く膾炙した曲だが、今日はVaの独奏という椿らしい版で、最後迄聴衆を楽しませて呉れた。

 内田百鬼園が著した『阿房列車』という名紀行文がある。その中で新潟へ訪れた際、百鬼園先生が地元の若い新聞記者から今回の目的は、と質問を受けた一齣に

「阿房列車の取材ですか」
 知らないかと思ったら、そんな事を云い出した。
「それは家に帰って、机の前に坐ってからの事で、今ここでこうして君のお相手をしている事とは丸で関係はない」
「でもそうなのでしょう」
「そうでないと云う必要もないし、そうだと考える筋もない。要するにそんなことは、後の話さ」
「そうですか」
「帰ってからの事だよ」
(内田百鬼園著『阿呆列車』、内田百鬼園集成1、2002年10月発行、筑摩書房、pp307~308)

 今夜、凡てのプログラムを聴き終わり、この一節が頭を過った。つまり、エクは単にイギリス音楽の観察文的な演奏ではなく、そのから受けた印象や感取を、エク独自の語法で
イギリスを音楽的に再現したのだと感じたからだ。若しかしたら、これこそVcの大友さんがプログラム内のエッセーで繰り返し述べていた『新しいなにかを作り出す』と云うことなのかな、と思い乍。
[PR]
by tritonmonitor | 2007-02-15 20:23 | SQWシリーズ

2007年2月5日 ロビーコンサート第30回 

 【報告者:山白真代/サポーター】
【出演】藤原真理(チェロ)丸山 滋(ピアノ)

【曲目】ベートーヴェン:チェロソナタ第3番イ長調作品69、ヘンデル:「ユダス・マカベウス」の「見よ勇者は帰る」の主題による12の変奏曲ト長調WoO.45、リスト:忘れられたロマンス

 ロビーコンサートとは、主に平日のランチタイムに第一生命ロビー、日比谷第一生命保険相互会社本社ロビーで行う無料のコンサートで、近くで働いてい る方たち、近隣住民を対象として、気軽にクラシック音楽を楽しめる機会を提供し続けている。この人気のロビーコンサートも今回で、30回を数える。

 今日は、第30回目の記念すべきロビーコンサートなのだ。演奏者は、このロビーコンサートでは一番多く出演されているチェリストの藤原真理さん。私 たちサポーターは、これまでのロビーコンサートの思い出を語りながら、準備を進めた。みんな、これから始まる30回目のコンサートに気持ちが高まっているようだ。

 春のような陽気に誘われてか、たくさんの人が開場前より列を作って並んでいる。こんなに多くの方が待っている事も珍しい。

 すっかり支度の整った会場で、すべての皆さんが気持ちよく楽しんで頂けますように、と心を込めてお客様をお出迎えする。あっという間に満席となり、 立っている人の数も次第に増えてゆく。開演の時には、弦の響きを心待ちにした多くのお客様で埋め尽くされた。何ともうれしい事だ。

 藤原真理さんと丸山滋さんが、にこやかな笑顔で現れる。開演だ。今日の1曲目は、ベートーヴェンのチェロ・ソナタ。深みのあるたっぷりとしたチェロ の音色と、ドラマティックなピアノが、対話しているかのように音楽が生まれてゆく。耳と心を澄ませて、二人が奏でる音の波に、私は心地よく引き込まれ る。ロビーという空間の中で、日常から非日常の世界へと誘われる、まさに至福と時である。2、3曲目のリストの小品では、しなやかで美しいメロディー と、温かい音色が会場いっぱいに包み込む。期待を裏切らない,素晴らしい演奏だった。

 演奏者の表情、そして指先の動きが見え、息づかいが感じられるこの距離が、ロビーコンサートの大きな魅力だ。途中で席を離れる方も少なく、聴いている 人達も終始、二人の奏でる「祈り」のような響きに、酔いしれている様子だった。

 アンコールでは「夢のあとに」の演奏がプレゼントされた。藤原真理さんの真心が、より一層詰まっている演奏のように感じた。

 次回、確実に藤原真理さんのチェロに出逢えるのは、5月。第一生命ホールで行われる「はじめにいっぽ」だ。今度は、ホールでたくさんの心を魅了するだろう。

 アンケートもたくさん寄せられた。「藤原さんの柔らかなお人柄を感じた」、「演奏で、心が静まった」、「チェロの音色の魅力を改めて知った」「幸せなひとときでした」等、コンサートへの感謝の気持ちがたくさん綴られていた。

 終演後、約50分の小さな演奏会の余韻を心に残し、たくさんの人達がお昼のつかに間「夢」を後にした。

 ロビーコンサートは、質の高い本物の演奏と触れる貴重な機会として、自信を持ってお勧め出来るコンサート。50回、100回と続く事を心から願い、 “音楽と人”を結ぶこの素晴らしいコンサートに、サポーターとして可能な限り、お手伝い出来たらと思う。
[PR]
by tritonmonitor | 2007-02-14 15:59 | ロビーコンサート