NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

オープンハウス2007 参加レポート

【報告:枡田 尚子(長崎ブリックホールサポーター)】

 台風が近づく7月14日の朝、およそ100名のサポーターが集まり、オープンハウスの一日が始まった。名札に付いていたおそろいの音符のブローチが可愛くて、嬉しくなる。後から、オープンハウスが始まってみると、参加してくださったアーティストの方もこのブローチを着けてくださっているのに気づき、また嬉しくなった。
 
 まずは、去年は聴けなかったオープニング演奏へ。親しみのある曲ばかりで、家族連れのお客さんも楽しんでいたようだった。できればもう少したくさんのお客さんに聴いてほしかった。開演前の様子はあまり観察できなかったけれど、2階にいらしたお客さんへの呼び込みの時間が少なかったように感じた。

 12時のオープン前、グランドロビーの立て看板へ。ここでオープンハウスお薦めの楽しみ方を書いたチラシをゲット。手書きで4つの楽しみ方を提案してあり、どのプランにしようか迷う。このプランではプランによりスタート時間が違うので、お客様が入場するタイミングでそれぞれに楽しめるようになっている。私は『歌好きな貴方は』のプランを楽しんでみることにする。開場待ちをするお客様たちに混じっていると、期待でわくわくした気分が伝わってきた。たくさんのお客様がいらしてくださいますように。

 12時、お客様ともに会場へ。パンフレットをはじめ会場内のサインやタイムスケジュール、バックステージツアーの旗や名札が青で統一されていた。この青の秘密は後に参加したバックステージで明らかになる。パンフレットだけでなく、4階と5階にそれぞれ全体のタイムスケジュールが掲示されているので、入場直後や次はどこへ?というときに便利だと思った。また、ホールでのマナーが学べるように、注意事項が入場してすぐの4階中央に大きく掲示してあったのも、ただ、楽しむだけでない感じでいいと思った。

 では、お客様に続いて5階のホールへ。田村さんのピアノコンサートでは調律の様子を実際にピアノの横で体験でき、ピアノの構造のお話あり、ベルを使って田村さんと共演を楽しむ企画ありと盛りだくさんのコンサート。中でも、ベルを使ってお客様と田村さんが演奏したカノンは、ベルだけの練習では『これでどんな曲になるの?』っていう顔をしながらベルを振っていたお客さんも、田村さんのピアノが入ってくると『おお~!』っていう顔になって、楽しくなっているのが伝わってきて、座って聴いていらしたお客さんも楽しくなってくる、そんなコンサートだった。

 続いてはお薦めプラン2番目のバックステージツアーの予約をとって、プラン1番目のロビーdeクラシックサロンへ。今年始まったこの企画、サポーターの尾花さんがホストとなってTANディレクターや演奏家の方々のお話が間近で楽しめ、またその前後の企画がより楽しめるようにできている。菅家さんの演奏が待ち遠しくなった。

 次は予約していたバックステージツアーへ。全体のスケジュールの進行に合わせて、押していた企画に参加していたお客様のためにスタート時間を調整されているところ、進行台本が持ちやすいサイズで作られているところがよかった。また、『ここは普段は関係者のみが入れるところです』という言葉に、お客さんが『特別なのね!』とわくわくしている姿、さまざまなホールの仕掛け(青の秘密も含め)の説明に感心して興味深く見ていらっしゃる姿が印象的だった。人気があったのはやはり楽屋などステージの裏の部分で、演奏が終わったばかりのアーティストの方とすれ違ったり、普段は見ることができない神棚や楽屋を覗くことができてお客様も満足そうだった。これだけ見て廻ってだいたい30分程度に収まっているのがとてもよいと思った。また、ツアーに参加できなくても会場内のあちこちに場所の名前と簡単な説明書き(ルビつき)が書いてあり、ホールについて知ることができるようにもなっていてよかった。各ブースでの企画、アナウンス体験・楽器体験等の紹介にもなり、次はあそこに行ってみよう!というお客様の興味を誘う構成になっていた。今年、人気により回数が増やされたというのも納得。少し残念だったのはツアー参加者が縦横に広がってしまうことがあったので、コンパクトに集める工夫をすればもっとよくなると思う。

 バックステージツアーに引き続き、舞台裏を楽しむ企画、舞台機構レクチャーへ。ホール内のあちこちにあるスピーカーのどこから音が聞こえるか耳を澄ませたり、ステージ上に用意されたいろんな機材のスイッチを押したり、コードの巻き方を習ったりと単に舞台機構を見るだけでなく、舞台スタッフさんのお仕事の体験もできて、大人にも子供にも大人気の企画だった。また、ステージプログラムの中間に組み込まれていたので、全体の進行状況にあわせて時間を調節できるようになっていた。

 そしていよいよ、菅家さんのコンサート。気が付けばホールにたくさんのお客さんが集まっていて、オープンハウスの盛況さが伺えた。サロンで聞いたエピソードを思い出しながら聞くと、楽しさも倍増、ちょっと得した気分になった。情熱的な歌声をたっぷり楽しんだ後には菅家さんと会場のみんなでいっしょに歌うコーナーも設けられていて、とても楽しかった。

 最後を飾る弦楽四重奏の前に、今日のお客様が700人を越えたことが発表される。見回せばホールの1階も2階もたくさんのお客様で埋まっていた。全体の締めくくりにホールにみんなが集まるような、そしてスタッフも集まってきてみんなで最後の演奏を聴くことができる構成になっていることに気づく。

 大雨の中、たくさんのサポーターとお客様が集まって本当によかった。参加した人が前より少しでもホールを好きになりますように。
[PR]
by tritonmonitor | 2007-07-19 15:59 | コミュニティ活動

第31回ロビーコンサート

報告 佐藤浩子(TANサポーター)

今回で31回を向かえたロビーコンサートは、このコンサートを
楽しみにしてくださるファンの方が開場時間の前からロビーに
たくさん並んでいただいて、お客様には遠方よりお越しの方もいて
あらためて「継続は力なり」と思いました。

私は今回、初めて司会&レポートという大役を仰せつかり始まる前から
とても緊張していました。
開場とともに次々にお客様が入場されてあっという間に満席になり
立ち見もたくさん出るほどの盛況でした。

いよいよ開演の時間になり、私のつたないアナウンスの後
チェロの藤原真理さんと、ピアノの倉戸テルさんの登場です。
藤原真理さんはロビーコンサートにはもう何回も出演されていて
ファンの人も多いとおもいます。

演奏が始まるとピーンと張り詰めた空気がロビーに流れます。
チェロが優しく奏でピアノが力強く追いかけます。
藤原真理さんのチェロは真剣で一生懸命なので、ロビーにいるのに
ホールで聞いている感覚になります。

今回、プログラムの最後の欄にこのロビーコンサートの主旨が書かれて
いました。
「バギーに乗ったお子様からお年寄りの方まで幅広い年齢の皆様に
 お楽しみいただけたら・・・」
そうです。色々な事情のお客様が40分という短い時間、同じ場所で
同じ音楽を聴いて豊かな時間を過ごしていただくことにこのコンサートの
意味があるように思います。
今日いらしたお子様の中から未来の世界的チェリストやピアニストが
誕生するかも・・・・・。
[PR]
by tritonmonitor | 2007-07-18 16:20 | ロビーコンサート

クァルテット・ウェンズデイNo.57 パイゾ・クァルテット (2007年6月6日)

2FL2-44 佐々木久枝(会社員・華道教授:中央区勤務)

このクァルテット名は「私は弾く」という意味との事。作品を単に演奏するというのにとどまらず、作品を通して自分の音楽を弾くという姿勢が人一倍強く感じられる面々の演奏会に際し、広報担当さんや他のサポーター仲間からも単なるイケメン・美女のグループではないですよとの”忠告”をいただき、いざ本番に。

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第4番ハ短調
第1楽章アレグロでは突風が吹くような勢いを感じさせ、これほどまでにザクザクと弾き進めるものなのかと驚かされました。第2楽章スケルツォではヴァイオリンからビオラ、チェロ、第1ヴァイオリンと弾き継がれるフーガの小気味よい刻みが印象的でした。一見豪放きわまりない弾き口に聴こえるのですが、確かな譜読みと弾き込みを経た上でないとばらばらになってしまうリスクもあり、紙一重の演奏をさり気なくやってのける彼らの腕前に感心。第3楽章メヌエットでは全体的に速めに弾き進められていましたが、トリオ部分での第2ヴァイオリンの歌が聴きもので、弓の動きも巧みなところにはこの曲を”視覚的にも”楽しませてくれるのを再認識させてくれました。第4楽章アレグロでは第1ヴァイオリンの勢いある入りに続いてメリハリあるアンサンブルを繰り広げていました。プレストでも集中力が全く途切れず一気に疾走していく部分は白眉。何故かここでピアノ協奏曲第3番フィナーレを思い起こしてしまいました(単なる同じ調性というだけでなく)。ここでも彼らの腕の確かさがよく出ており、何でもかんでも疾走というのではなく、どこか冷静に楽曲を捉えている部分も持ち合わせているのがよく伝わってきました。

ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
ある種メロドラマの相も帯びているような本曲で、彼らは豪放さと表情の豊かさを巧みに織り込んでいました。第1楽章アダージオでの憂いに満ちた冒頭旋律はその後葛藤のテーマとして全曲に係り結びのような役割を果たしているように感じられ、あたかも人間模様を描く音楽パズルを解いていくように聴いていました。第2楽章コンモートでのかすれる響きもまた心のきしみを思い起こさせ、ますます感情の揺れ動きが激しさを増していましたが、パイゾの演奏はそのようにめまぐるしい感情の変化の中でも常に集中していたように思われました。第3楽章コンモートヴィヴァーチェでの悲歌はますます悲壮感がいや増しており、やり場のない感情のもつれというものが各楽器の打弦の強さにもよく表されていました。悲劇的フィナーレを迎える第4楽章では激しい感情炸裂を描きつつも一方で深い悲しみを醸し出すヴァイオリンの走りが巧みで、演奏者は単に各々の楽器を巧みに操るのではなく、その響きを通して楽曲に込められたドラマを演じる”役者”としての素養も必要なのだ、と改めて考えさせられました。

ニールセン:弦楽四重奏曲第1番ト短調
彼らの母国の英雄的作曲家の本品は当夜の演奏者と同じくその後の飛躍にもつながる若々しさに満ちた出発作でもあり、パイゾが弾く事で覇気に満ちた演奏となりました。第1楽章アレグロではリズムのビートが一見ベートーヴェンやブラームスさえ思わせる、チェロのたゆたうような刻みに乗って上3部が小刻みに刻み、エネルギッシュさと緩慢さとが相まってシンフォニックな音楽となっていました。第1ヴァイオリンの劇的なフレージングと微妙なテンポの揺らぎ、第1ヴァイオリンのピチカートの刻みとチェロに挟まれた中声部のチャーミングな響きも魅力的でしたし、大河の流れを思わせるようなヴァイオリンの低音旋律や中声部のピチカート、前打音も巧みでごくごく自然に音楽になじんでいました。
第2楽章アンダンテでは裏拍で呼応する辺りは一瞬シューマンを思わせ、緩やかな刻みの美しさには懐かしささえ感じさせる歌が込められており、ここで何故か一瞬メンデルソゾーンの「浮雲」が浮かんできました(一頃練習したような・・・・)。第3楽章スケルツォでは舞曲風のタランテラ曲想には幅広い響きがあり、ポーズ置いてチェロの刻みに乗って上部3者がカーンと爽快なアンサンブル。アクセント加えつつ1つの流れになっており、再現部では更に強音増して表情豊かに舞っていました。フィナーレのアレグロでは歌も織り交ぜつつ推進していくパワーが魅力的で、内面まで掘り下げていったかと思ったら決然として吹き上がったりと、緩急の付け方も大変巧みで、今まで登場してきた楽想全体の「まとめ」部分にふさわしい演奏を繰り広げていました。

当夜は母国の舞曲等のアンコールもいろいろと聴かせてくれましたが、そこに至っても感じられたのは楽譜を弾く、楽器を弾くというのを超えた「自分達を弾く」という事。名は体を表すなぞ言われますが、彼らは穏やかな笑みをたたえつつ圧倒的な存在感を持ってそれを表してくれたのかもしれません。
[PR]
by tritonmonitor | 2007-07-16 03:35 | SQWシリーズ

オープンハウス 初企画 ロビーdeクラシックサロン

さて、本日は今年初の企画 ロビーdeクラシックサロンをご紹介します。
何ともキャッチコピーから何が始まるのだろうと想像力をかき立てられます。

いよいよ明日はオープンハウスです。サポーター、TANスタッフ一同、
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
ではホールでお目にかかりましょう!

13:15~14:00
ロビーdeクラシックサロン①
13:15~TANの大久保彦左衛門現る!
【出演】児玉 真(TANディレクター)、尾花勉(江戸文化研究家)

13:35~運命の女(ファム・ファタール)はお好き?
【出演】菅家奈津子(メゾソプラノ)、児玉 真(TANディレクター)、尾花勉(江戸文化研究家)

14:15~15:15
ロビーdeクラシックサロン②
カルテットよ、明日に向かって撃て!
【出演】松原勝也(ヴァイオリン)、川崎和憲(ヴィオラ)、山崎伸子(チェロ)、箕口一美(ナビゲーター)

15:15~15:45
ロビーdeクラシックサロン③
2100年クラシックの旅
【出演】田村緑(ピアノ)、箕口一美(ナビゲーター)


関連イベント
【入場無料】アリス・コレクション ランチタイムLIVE
7月14日(土)11:30~11:50
【会場】晴海トリトンスクエア1階「アリス・コレクション」内
【出演】カルテット・スピリタス(サクソフォン四重奏) 
*この時間に入らした方は、プレゼントあり*

TAN 月島 草市に出店
7月12日(木)~14日(土)
【場所】月島西仲通り商店街(もんじゃストリート)


オープンハウスに関するお問い合わせ
TAN 03-3532-5702(平日11時~18時)
[PR]
by tritonmonitor | 2007-07-13 13:47 | コミュニティ活動

オープンハウス追加情報

さて、オープンハウス追加情報です。
一昨日、ご紹介したリハーサル室ですが、
15:30よりプレアデスSQのメンバー3人による特別レクチャーがあります。


ヴァイオリンの松原勝也さんによる楽器のお話などが直に聴けるチャンスです。
約30分間の短いレクチャーですので、くれぐれもお聞き逃しないように!


★弦楽器体験ワークショップ 特別レクチャー★
【場所】リハーサル室
【時間】15:30~16:00


*予約不要。お気軽にお越し下さい。

お問い合わせ
TAN 03-3532-5702(平日11時~18時)
[PR]
by tritonmonitor | 2007-07-12 17:16 | コミュニティ活動

オープンハウス ホールステージ その2

雨が降ってしまってはっきりしないお天気が続きますね。
今日から月島 草市が開催されます。先ほど、雨が沢山降る中、
事務局長とみんなでテントを組み立てました。

晴れ間が恋しいです。去年はもの凄く晴れていたのに・・・。

さて、本日はホールステージの見所の続きをご紹介します。

14:35~15:20
舞台・音響・照明のひみつ
演奏会を素敵なものにする様々な「普段は見えない工夫」を
見学できるチャンス!です。お話の内容は当日までお楽しみに。

15:30~16:30
メゾソプラノコンサート
12月のふたりでコンサートⅣにもご出演の
菅家奈津子さんがお贈りする約1時間の歌のコンサート。
時には情熱的に時にはしっとりと聴かせます。歌の魅力に溢れた
ステージになることでしょう。

16:35~17:00
弦楽四重奏コンサート
SQW次シーズントップバッター プレアデス・ストリング・クァルテット
が最終ステージに登場します。さて演奏曲は・・・??



関連イベント
【入場無料】アリス・コレクション ランチタイムLIVE
7月14日(土)11:30~11:50
【会場】晴海トリトンスクエア1階「アリス・コレクション」内
【出演】カルテット・スピリタス(サクソフォン四重奏) 
*この時間に入らした方は、プレゼントあり

TAN 月島 草市に出店
7月12日(木)~14日(土)
【場所】月島西仲通り商店街(もんじゃストリート)


オープンハウスに関するお問い合わせ
TAN 03-3532-5702(平日11時~18時)
[PR]
by tritonmonitor | 2007-07-12 17:08 | コミュニティ活動

6月26日レオンハルト チェンバロ リサイタル 第2夜

【報告:川澄 直美(TANサポーター・2階席R2列31番)】

 演奏が始まる直前、「そういえば、チェンバロをホールで聴いたことあったかな」と考えている間に拍手が静まり、しばらくして演奏が始まると、私の中で珍しいことが起こりました。
初めて聴いた曲なのに、頭の中で楽譜を開いて、ただひたすら目で追っているような、出来もしないのに書き取っているような、ありもしないのに一緒に弾いてるような不思議な感じでした。ワクワク感が止まらない時間でした。そんな感触が、バッハの作品のときだけだったのは、私の音楽力の乏しさによるものなのでしょう。

 小学生の頃も大人になっても、バッハの作品を弾いてるとき、譜読みや両手のバランスが難しいから大嫌いだったはずなのに、そんなことを忘れて、音楽に集中していました。休憩のときには、バッハを弾きたくなっているのが我ながらおかしかったくらい、素直に楽しんでいました。

 演奏の合間の拍手と、そのときの柔らかい表情とピンとしたたたずまいから、長い間、活躍されてきたからこその観客の思いみたいのを、レオンハルト氏は受け止めていらっしゃるのかなと、感じる演奏会でした。
[PR]
by tritonmonitor | 2007-07-12 13:15 | TAN's Amici コンサート

オープンハウス ホールステージ その1

1日中、ホールを開放するオープンハウスは今年で8回目を数えます。
夏の午後の一日をたっぷりと音楽に浸りきってください。

今日と明日でホールステージのご紹介をさせて頂きます。

*何時来てもホールで楽しめる!*

12:10~13:00 ピアノコンサート①
【出演】田村緑
*調律師さんのお話が聴けます。
 調律師体験(大人に限り)があるかも・・・

13:05~13:55 サクソフォン四重奏
【出演】カルテット・スピリタス
*晴海トリトンのアリスコレクションのライブの後は
ホールで元気に四重奏。

14:00~14:30 ピアノコンサート②
【出演】田村緑、武居華子
*連弾が聴けます。息の合ったパフォーマンスの30分。
お聞き逃しなく。


オープンハウスに関するお問い合わせ
TAN 03-3532-5702(平日11時~18時)
[PR]
by tritonmonitor | 2007-07-11 18:57 | コミュニティ活動

オープンハウス2007 タイムスケジュール

「オープンハウス2007」の最新情報はここのページに書き込んで行きます。
お待たせしました。全体のスケジュールを掲載しています。

♪オープンハウス2007 タイムスケジュール♪

・バックステージツアー
第1回目12:30~
第2回目13:00~
第3回目14:00~
第4回目14:30~
第5回目15:30~
第6回目16:00~

*各回開始10分前までにホール4階ロビー「ツアー受付」までお集まり下さい。

・ホールロビー
13:15~14:00 ロビーdeクラシックサロン①
14:45~15:15 ロビーdeクラシックサロン②
15:15~15:45 ロビーdeクラシックサロン③

*クラシックの聴き所や楽しみをお教えします。ホールの出演者も登場。どこの回に誰が出てくるのかはお楽しみに。

・ホールステージ
12:10~13:00 ピアノコンサート①
13:05~13:55 サクソフォン四重奏コンサート
14:00~14:30 ピアノコンサート②
14:35~15:20 舞台・音響・照明のひみつ
15:30~16:30 メゾソプラノコンサート
16:35~17:00 弦楽四重奏コンサート

*演奏はもちろん、曲や楽器のお話も交えた「お~!」と思わず声が出ちゃうようなコンサートをお届けします。今、注目の演奏家が次々と登場。お聞き逃しなく!

【出演】
ピアノ 田村緑、武居華子
サクソフォン四重奏 カルテット・スピリタス
[松原孝政、波多江史朗、松井宏幸、東涼太]
メゾソプラノ 菅家奈津子、御園生瞳(ピアノ)
弦楽四重奏 プレアデス・ストリング・クァルテット
[松原勝也/鈴木理恵子(ヴァイオリン)、川崎和憲(ヴィオラ)、山崎伸子(チェロ)]

・リハーサル室
弦楽器体験ワークショップ
【場所】リハーサル室
【時間】12:30~16:30

関連イベント
【入場無料】
アリス・コレクション ランチタイムLIVE
7月14日(土)11:30~11:50
【会場】晴海トリトンスクエア1階「アリス・コレクション」内
【出演】カルテット・スピリタス(サクソフォン四重奏) 
*この時間に入らした方は、プレゼントあり*

TAN 月島 草市に出店
7月12日(木)~14日(土)
【場所】月島西仲通り商店街(もんじゃストリート)

オープンハウスに関するお問い合わせ
TAN 03-3532-5702(平日11時~18時)
[PR]
by tritonmonitor | 2007-07-10 14:23 | コミュニティ活動

人気の弦楽器体験ワークショップ

こんにちは。TAN広報です。

オープンハウスは聴くだけではなく、楽器にさわったり音を出したりすることもできます。リハーサル室では随時、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロといった弦楽器ワークショップを開催しています。初めての方でも、各楽器に経験豊富なスタッフがついているので安心です。

また、小さなお子さんも体の大きさにあわせた楽器(分数楽器といいます)で体験できるので是非お気軽にお越し下さい。

★弦楽器体験ワークショップ★
【場所】リハーサル室
【時間】12:30~16:30


*予約不要。お気軽にお越し下さい。

お問い合わせ
TAN 03-3532-5702(平日11時~18時)
[PR]
by tritonmonitor | 2007-07-10 14:18 | コミュニティ活動