NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

5月31日 SQWフェスタ第2日 ~死をめぐる断章



【報告:土田大岐(座席2階 L1 38番)】


死をめぐる断章 「死をめぐる…」というなんだかおどろおどろしいフレーズにドキドキしながら、 初めてこのホールにやってきました。 きりさめの降るあいにくの空模様でしたが、6月まぢかの午後六時はまだまだ明るいですね。 海を渡る動く歩道がきれい。 ビルの入り口へとガラス屋根がつづいていて、それほど濡れずにたどり着くことができました。
そよ風が吹く晴れた日は、きっと開放的で気持ちいいんだろうな。
6日間にわたるフェスタの2日目という為か、天気に恵まれなかった為か、客席は少しまばら。 曲目や副題のイメージもあるのかな? ちょっともったいないなぁ。 こういうときは他のお客さんの行動がはっきり見えるもので 休憩時間中の客席反対側の男性二人組のおしゃべりが妙によく聞こえました。 自分も友人と来るときは気をつけようっと。
さてさて、 プログラムに軽く目を通しているうちにいよいよ開演。 前半のステージはバルトーク。 ヨーロッパを離れる直前に書かれた曲だそうで、全体を悲しみのメロディが貫きます。 ううっ、これは初心者にはちょっとつらいかも。 でも随所に東欧の素朴な旋律が散りばめられて、バルトークの故郷への愛情がうかがえます。 カルテットの女性メンバーのドレスがどことなく異国情緒が感じられて素敵でした。 もうちょっとよく見ようと身を乗り出したのですが、 2階席の角は椅子の向きが横を向いてしまっていて舞台が見えづらいのが残念。 2階席ならステージ近くか正面の席がお勧めです。
長めの休憩でコーヒーをいただいてから、後半のベートーベン。 こちらもはじめて聴く曲でしたが、とてもベートーベンらしい勢いのある演奏で ノリノリで聴き入ってしまいました。 「死の断章」という名の、生への感謝が伝わってきます。 演奏会のタイトルが見事にうらぎられた感覚でした。
弦楽四重奏は、一人一人の個性を見せながら、 アンサンブルがしっかりと見えるのが楽しいですね。
4人だけで1時間半、最後まであきないかな、と心配していたのですが あっというまにすぎてしまいました。
[PR]
by tritonmonitor | 2008-06-30 11:34 | SQWシリーズ

6月1日 SQWフェスタ 第3日 ときめきと憧憬

ナマの音を聴く喜び

【報告:佐藤洸 (会社員 60代 浦安在住)】

 まだ現役の企業戦士のころ、ひと時の癒しを求め、月1回のペースでクラシックコンサート会場通いをし、感動と癒しに接することで明日への精神的糧をしていました。企業のメセナでクラシックコンサートが数多く開催されていた時代でした。
 その後一戦を退き、精神的にも時間的にも余裕ができ、たまに安物のCDコンポで音楽を聴く日々に何の疑いも抱かず過ごしていました。

 久し振りだった当日、初めての会場にも関わらず、妙な懐かしさを覚えました。開演してすぐの、一瞬の静寂の中、弓が弦をこする独特の音を耳にした瞬間、深く心に響きました。
「やっぱりナマは好いなあ」
 
 演奏者の技術は当然ながら、会場の音響効果の良さに感心しました。
 当日のプログラム意図からすると、初日から続けて聴かないと、今ひとつソノ意図が理解できないのではないか、と思うほどで、小生には少しレベルが高すぎる気がしました。
 聴き手してのレベルの低い小生に、かの演奏に対する批評はできませんが、演奏者としての完成度の高さと、ホールの音響に感激致しました。
 また弦楽六重奏を聴くのも初めての体験でしたが、弦楽器がたった2丁増えただけなのに、あの繊細な中にもダイナミックな音には驚きでした。
 最後まで洗練された演奏に浸り、心地よさを感じながら帰路に就きました。

 これを機会にクラシックのコンサートに通い直すのも好いかもしれない。
[PR]
by tritonmonitor | 2008-06-30 11:30 | SQWシリーズ

6月8日 SQWフェスタ 第6日 ~昼下がりの19世紀

この演奏一曲にて千秋楽―メンデルスゾーン弦楽八重奏曲―
【報告:尾花勉・TANサポーター(2階L5列25番)】                             

グァルネリ・デル・ジェス作「バロン・ビッタ=ゴールドベルグ」。男爵の尊称を以て遇される名ヴァイオリンを携えた米国の俊英ボロメーオ・ストリング・クァルテットと、春秋に富む我国屈指の四銃士、クァルテット・エクセルシオ……SQWフェスタを締めくくるに相応しいこの競演、否、大一番が今や始まろうとしている。曲はメンデルスゾーン=バルトルディ不朽の名作、弦楽八重奏変ホ長調。二つの弦楽四重奏ががっぷり四に組むのに此程相応しい曲はない。さぁ、どんな勝負を聴かせてくれるのか……堂内に居座る全ての人はこれから展開されるであろう丁々発止を固唾を飲んで待った。
 鞭声粛々夜河を過るが如き気迫と緊張を漂わせ乍、強者達が入場して来た。暫しの静寂の後、その張り詰めた空気を一気に解放する様な冒頭で一頭飛抜けて鳴る男爵の響きに私は唖然とした。それは既にヴァイオリンの音でなく明らかに人の声、それも威厳に満ちた貴人の肉声なのだ。流石は男爵の御者を務めているボロメーオの面々、主人を気持ちよく語らせる為に絶妙なバランスで会話を取り持つ。その持て成しを受け一層尊厳を増した男爵の威風に圧倒され、土俵際へ追い遣られたエク……あ、危ない、と思った正にその時である。私は第二チェロを務める大友氏の背中に気焔が上がるのをはっきり見た。そして譜面台越しに火の付いた様な両の眼を同士にしっかと差し向け乍
「負けてなるものか。ここが働き処ぞ。皆、押せ押せ、押し捲れ」
大音声の叱咤が籠められた目差しに、エクの三人は奮い立ち、捲土重来を期し突き進み始めた。対する男爵は流石、百戦錬磨の古強者。好敵手いざご参なれと、その怒濤の様な猛進に単騎なりとも立ち向かおうとする。その雄々しさ、その逞しさに名器の名器たる所以を感じたのは私丈ではないだろう。私はその火花の散る様な凄まじさに圧倒され乍、エクの迸る情熱と男爵の潔さに目頭を熱くした。
 
二つのクァルテットという境を越えた八人の奏者が、持てる全ての力と業を尽くし華々しい終結音を奏し終えた刹那、聴衆の感激が賞賛の嵐となって舞台上の勇者達を襲う。その歓呼は天上を衝き、拍手は驟雨が如く堂内に響き渡った。嘗てこの第一生命ホールで此程迄の喝采があっただろうか。少なくとも私はそれを知らない。

こう云う演奏会に立ち会うと心底草臥れる。然し、此こそ生きた音楽の醍醐味なのだ。私は真っ赤になった掌を握りしめ、気持ちの良い疲労感に浸った。
[PR]
by tritonmonitor | 2008-06-30 11:29 | SQWシリーズ