NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

8月8日 林光・東混 八月のまつり29

8月8日(金)19:00開演
林光・東混 八月のまつり

【報告:田中玲子 2階R3列43番】

暑い夏の夕暮れ時、毎年8月6日の広島原爆記念日近辺の時期に第一生命ホールで行われているという「林光・東混 八月のまつり」を聴きに行った。プロの合唱のみの演奏会というのは、私にとって意外に初体験かもしれない。

自由席なのでまずは1階に入ってみるが、真ん中のブロックは最後列まで、左右のブロックも通路際はほぼいっぱいなので、2階で聴くことにした。ホールに入ってもなかなか身体が冷めず、周りにもプログラムやうちわで自身に風をおくる人がちらほらと目に入る。

最初に林光氏が登場、詩「風に吹かれて」(私は知らなかったが、後で調べたらボブ・デュラン作詞)を読み上げ、「原爆小景を演奏いたします。」と一言、すぐに演奏に入った。

「原爆小景」が演奏されるということは予備知識としてはあったのだけど、いきなり1曲目「水ヲ下サイ」から衝撃を受ける。「水ヲ」「水ヲ」と重なり合い繰り返される歌声。ぱたぱたやっていた観客の手もぴたりと止まり、皆息をつめて聞き入るしかない。3曲目「夜」では歌声の中に「コレガ人間ナノデス/原子爆弾ニ依ル変化ヲゴラン下サイ」とアナウンサーがニュースを読み上げるような朗読が聞こえてくる。壮絶な声の重なりに息苦しくなる。最後の曲「永遠のみどり」では原爆後何年も草木が生えないだろうと言われた広島の街に緑が芽吹いたことを思い起こさせ、少し救われる。

ここで休憩。短いけれど、重い重い第1部だった。

後半1曲目はギターの鈴木大介氏が登場し、「フェデリコ 君の名前はまだ」(ギター版初演)。音のバランスのためかギターはPAを使用していたものの、歌声との相性がよく、客席にも先ほどの緊張感はない。ただ、毎年いらっしゃるようなお客様にはこの構成は周知の事実で、第2部は気持ちを切り替えて聴かれるのだと思うが、私の中ではさっきの「原爆小景」の後にこの曲をどう聞けばいいのかまだ分からない状態で、とまどったままだった。

その後、「日本叙情歌曲集より」では、林光氏のピアノ伴奏で「中国地方の子守歌」、その後、男声のソロで歌われた「城ヶ島の雨」ではひときわ大きな拍手があった。「ちんちん千鳥」「叱られて」などよく知られている曲が続き、客席もリラックスした雰囲気。「野の羊」の後には一瞬、先日100歳で亡くなったという作曲家、服部正の紹介が林氏からあり「曼珠沙華」「かやの木山の」と続いて終わった。

アンコール第1曲目に「お菓子と娘」の後、本公演の白眉は「星めぐりのうた」。舞台後方に星のように豆電球がまたたき、ホール全体も暗くなっていく。最後暗転になり星も消えると客席から「フーム」と思わずもれるため息。そして小さく「ブラボッ」の声が上がり拍手になった。

当初、初心者が迷い込んでしまったような疎外感はあったが、「星めぐりのうた」があったことで、今日の演奏会の聴き方はこれでいいんだと自分なりに納得でき、楽しめた。

「原爆小景」を歌い続けていく大切さ、それが芸術の持つ力だと強く感じた公演だった。
[PR]
by tritonmonitor | 2008-08-14 17:38 | TAN's Amici コンサート