NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クリスマスコンサート2008(2008年12月24日)

2FL1-30 佐々木久枝(会社員・華道教授:中央区勤務)

イルミネーションが夜空を彩る川沿いを歩きながら1年を振り返るひととき。何かと忙しい年末年始にあって、こういう時間もあってよいものです。
今回は選りすぐりの若手奏者達による公開コンサート。実は今まで聴いた事がなく、熱心なサポーター氏の勧めもあり、平日の今回初めて聴く機会に恵まれました。
客席には今日はお客様のおなじみのサポーター仲間は勿論、熟年の御夫婦や和服姿の女性グループ、働き盛りのサラリーマンやカップル等、さまざまなお客様が来場、会場内にはクリスマスツリーも飾られ、華やかさに満ち溢れていました。

メンデルスゾーン:弦楽のためのシンフォニア第3番ホ短調
第1楽章アレグロでは冒頭から潤いある響き。フーガの部分では一体となって強弱のメリハリを効かせており、バッハのピアノ協奏曲第1番冒頭を思い起こさせるものでした。第2楽章アンダンテではのどかな田園を思わせる伸びやかな演奏、粒ぞろいの響きはピチカートに至るまで続いていました。第3楽章アレグロでは装飾音も華麗に決めて全体的に引き締まった演奏、バッハのイタリア協奏曲や彼の厳格な主題による変奏曲テーマを思わせる壮麗さに満ちたアンサンブルを展開していました。

グリーグ:組曲「ホルペアの時代より」作品40
第1楽章前奏曲では軽快な勢いの中にピチカートの柔らかさや気品も感じさせ、映画音楽のような生き生きとした動きが印象的でした。第2楽章サラバンドではピチカートの響かせ方が巧みで、チェロの三重奏に続くクレッシェンドの分厚い音の帯も心地良い響きを聴かせて色彩感豊かな演奏でした。第3楽章ガヴォットとミュゼットでは、上品に弾む独特のリズムに乗ってアンサンブルを繰り広げ、トリオでのチェロとヴァイオリンのかけ合いもスムーズでした。第4楽章アリアでは低音弦の歩みに乗って切々と奏でられるヴァイオリンが印象的、中間部の明るい部分にも劇的な哀しみをたたえたアンサンブルを展開していましたが、再現部への橋渡し場面では胸がいっぱいになりました。再現部での強奏も崩れる事なく安定した演奏でした。第5楽章リゴードンでは元気はつらつなヴァイオリンとビオラのソロがたっぷりと響かせて奏しており、後出しのコントラバスのピチカートもよく響いていました。再現部でも集中力は途切れず密度の濃い演奏を繰り広げていました。

バルトーク:弦楽四重奏曲第2番作品17
ゲストには華々しくプレアデスの師匠達が登場しました。
第1楽章モデラートでは静かな中にチェロが深い奥底に広がるような響き、他3人も細部にまで神経を研ぎ澄ましたような緊迫感が満ち、一糸乱れぬ一体感を見ていて、今回のセミナーの様子をそれとなく想像していました。第2楽章アレグロモルトカプリチオーソではどこかオリエンタルな雰囲気も感じさせる躍動感溢れるメロディ、音を滑らすような場面でもテクニックを見せるだけでなく音に乗って舞い遊んでいました。チェロと3人の間奏が更に前進していくパワーは聴いていてもなかなか面白いものでした。テンポを上げては緩めるという部分も巧みで、弦楽器を「打つ」というイメージのあるバルトークを余す所なく伝えていました。第3楽章レントでは雅楽を思わせる音の重なり方に始まり、同じ音型をリレーしていく部分は曲に対する愛情も感じられ、音ひとつひとつに向き合っていくひたむきさが伝わってきました。

チャイコフスキー:弦楽セレナードハ長調作品48
第1楽章では冒頭から豊潤な響きが縦横無尽に満ち、展開部でのコントラバスの巧みなピチカートや細やかな他パートの刻みが印象的でした。今回のメンバーはピチカートが本当に上手で、再現部での幅広くたっぷりとした響きに大満足しました。第2楽章ワルツでは滑らかに始まり、良く揃ったタテの響きを堪能しました。第2テーマのテンポルバート部分や再現部への橋渡し部分でも松原講師を軸として師匠達共々大変よくまとまっていました。第3楽章エレジーでは、この美しいひとときが過ぎ行くのを惜しむかのような切々としたアンサンブルを繰り広げていました。柔らかなピチカートに乗って物寂しげなメロディが情感たっぷり込めて歌い進められていました。音は発した瞬間、完了形→過去形へと変化(へんげ)しますが、その刹那の美しさを久々に味わった印象です。拍の裏をもしっかり感じさせてくれました。第4楽章ロシア風テーマによるフィナーレでは冒頭は緩やかに美しい歌を聴かせ、その後堂々としたチェロのテーマ提示も奥深い響きと上3声との対話との対話もまた強弱のメリハリが効いており、パーカッション舞曲を思わせるピチカートに乗ってチェロが歌い、ヴァイオリンが歌い、全てが一つのエネルギーのかたまりとなってずんずん前に進んで行っていました。フィナーレを飾る(曲全体の)冒頭テーマが熱さを加えつつ、4楽章のテーマも織り込んで見事に結実しておりました。

アンコールは山本祐ノ介さん編曲の「きよしこの夜」。ステージ上にもクリスマスツリーが映し出され、幻想的なひとときを奏でておりました。
今回の参加メンバーはいずれも現役生かそれに近い人達で、コンクール入賞者や奨学生、マスタークラス参加者といった実力者揃いでしたが、「即メジャーデビュー」に走りがちな日本のクラシック音楽界にあって、一定期間講師達とじっくり一から音楽を作り上げていくこのセミナーの存在意義は大きいなと感じた次第です。せっかく手にした才能をいかに丁寧に磨いていくべきか、改めて考えさせられました。既に何回もこのコンサートが開催されているとの事ですが、今まで聴けなかった事が本当に悔やまれるくらいにレヴェルの高い演奏を聴かせていただきました。
[PR]
by tritonmonitor | 2008-12-31 10:20 | その他特別コンサート等

12月7日(日)ふたりでコンサートⅤ~オペラの楽しみ

【報告:齋藤直美 TANサポーター/1階9列34W番】


 話は少し前のことになります11月下旬のこと。日比谷の第一生命本社ロビーで行われた「日比谷ロビーコンサート」は、今回出演されているバリトンの谷さんの歌声に誘われてなのか、いつの間にか、用意されていた椅子は満席。立ち見の方もちらほら。「1曲だけ」のつもりが、座ってしまった方もいらっしゃったような様子。プログラムも配りきってしまったみたい。そんな情景を見ているうちに、「ふたりでコンサートV」が楽しみになっていた。

 その数日前に、TANの広報さんから「モニターをご夫婦でお願いできませんか?」というお話をいただいた。そして、TANのサポーターを始めた2003年はちょうど5年前で、このコンサートが始まったころだったことをおもい出した。自分にとっても節目の今年にこのような機会を得られたことが次の何かに繋がるように感じ、思わず引き受けてしまった。

 当日は、「完売御礼」ということで、顔馴染みのサポーターさんから「大入袋」を見せてもらった後、客席へ。2階席も端から端までぎっしり。年齢層も様々。おかあさんと小学生という「ふたり」もちらほら。いろんな「ふたり」がいて、雰囲気が和やかになっている心地よさを感じながら着席した。

  司会も兼ねている郡さん(メゾ・ソプラノ)の楽しいおしゃべりと女性陣の華やかな衣装を楽しみながら、コンサートは展開していった。ピアノは「これぞ伴奏」といっていいのだろうか。楽曲、歌手の両方の個性にあわせ、音色が自在に変わっていく。ピアノが目立つことは無い。でも、聴き入ってしまう。歌がより鮮やかに表現されていく様子が、とても印象的だった。

 第一部のアリアでは、曲によってはオペラの一幕を思わせる構成で、第二部ではジャンルを超えた名曲が繰り広げるなど、出演者紹介を交えて楽しんだ。 特に、郡さんが歌った「アメージング・グレース」は、私の大好きな曲。どんなアレンジで聴かせてくださるのか楽しみにしていた。歌が終わった時、「楽しみ」が「いやし」に変わっていた。ライブで演奏を聴く醍醐味とは、こういう瞬間があるということ。それを「楽しみ」に、演奏会へ出かけてしまう。コンサートに足を運べる幸せを改めて感じた時間だった。

プログラムが終了して、アンコールを求めての拍手のなか、2階席の男の子は、身を乗り出しそうになりながら待っているし、1階席では、立って拍手している人も。アンコールでは、4人が揃っての四重唱。郡さんがお話していた「オペラではね、メゾの役割は……」を彷彿させるようなオペラ仕立てでの演奏は圧巻。1曲が終わっても、拍手鳴りやまず、またアンコール。 この「ふたりでコンサート」を待ち望んでいる方が多いだろうなぁと感じるほど、ニコニコしながら拍手している様子が印象的でした。また来年も、と楽しみにしながらの声援なんだろうなと思いながら、会場を後にしました。
[PR]
by tritonmonitor | 2008-12-18 13:58 | ライフサイクルコンサート

12月7日(日)ふたりでコンサートⅤ~オペラの楽しみ

2008年12月7日 ふたりでコンサートV~オペラの楽しみ~〈ライフサイクルコンサート#33〉

【報告:齋藤健治/元月島住人・編集者/1階9列33W席】

オペラのアリアが並ぶ第1部,映画音楽や世界の歌曲が続く第2部とで構成された「ふたりでコンサート」。音楽をきっかけに夫婦の絆をより深めていただきたい,との趣旨で始められたこのプログラムは,今年で5回目を迎えた。
「満員御礼なので,よい席がご用意できなくて……」と,TANの広報担当スタッフに差し出されたチケットを手に,特設されたイスに座る。見渡すと,2階席の隅まで席が埋め尽くされている。
一昨年にモニターを務めた時のノートをひっくり返しても,“チケットは完売”とのメモがある。例年どおりの盛況振りだ。
客層はご年配の夫婦が目立つ中,20代と見えるカップルや,お子さんを連れた30代のファミリーもホールのロビーを歩いている。その一方,出演者のCDを並べている即売場も人が絶えることがない。

* * *

「メゾ・ソプラノの役どころと言えば,だいたいが悪女,魔女,占い師なんてところですね。そうでなければ……乳母っ!」といった郡愛子さん(メゾ・ソプラノ)の茶目っ気たっぷりの司会で進むプログラムは,客席から始終笑いが起こり和やかなムードが漂っていた。
ステージに立つのは,この郡さんをはじめ,佐藤美枝子さん(ソプラノ),川久保博史さん(テノール),谷友博さん(バリトン)の4人。伴奏はピアノの松本康子さんが務める。
「ごあいさつ代わりにアリアを1曲ずつ歌います」(郡さん)と始まった第1部「珠玉のオペラアリア」では,ロッシーニ《セヴィリアの理髪師》より〈私は街の何でも屋〉で,谷さんのバス・トーンが会場を震わす。続くビゼー《カルメン》より〈ハバネラ〉は郡さん。悪女のまさに代名詞とも言えるカルメンさながらに,客席を舞台へとぐいぐい引きずり込むかのよう。
そしてプッチーニ《トスカ》より〈星は光りぬ〉の川久保さんのテナーが,ホールに絹織のような夜のとばりを落とし,佐藤さんがベッリーニ《清教徒》より〈あなたの優しい声が〉で切なさにあふれたハイトーンを歌いきったところで会場から「ブラボー!」と拍手が湧き上がった。

* * *

続く第2部「あなたと魅惑のひとときを……」でも,4声それぞれの特長と魅力がぞんぶんに引き出された構成であり,あたかも良質のオムニバスを聴いているかのようだった。
ロウ《マイ・フェア・レディ》より〈踊り明かそう〉では,ソプラノの佐藤さんがチャーミングなお色気で舞台を彩れば,メゾ・ソプラノの郡さんはデ・クルティス〈忘れな草〉をしっとりとした日本語で歌い染める。かたやテノールの川久保さんがブロズキー《ニューオリンズの美女》より〈ビー・マイ・ラヴ〉で憧れの人への想いを朗々と描き出し,バリトンの谷さんはニューマン《慕情》より〈恋ははかなく,恋はすばらしきもの〉で聴いている者の全身を揺さぶるような音量で低音を響かせた。
一方,伴奏の松本さんの表情豊かなピアノも舞台に花を添えていた。アーティストのキャラクターに寄り添い,時に穏やか,時にダイナミックな演奏が舞台を華やげていたことは書き添えておきたい点だ。

* * *

そして客席に目を移せば,曲が終わると微笑み合いながら静かに話を交わしているご年配の二人連れを,ここかしこに見ることができた。
今,ステージに流れたこの曲は,お二人にとって何の想い出と結びついているんだろうか,どのような暮らしの節目に聴いた曲なんだろうか……。
そんな曲とともに歩む夫婦のライフサイクルは,きっと悪いはずはないだろう。だって,お二人の笑顔が証明している。そんな気持ちで舞台を見つめながら,時折,横に座っている妻の顔を眺めた(本日はTAN広報の計らいで,夫婦でのモニターを務めました)。
[PR]
by tritonmonitor | 2008-12-18 13:56 | ライフサイクルコンサート

11月15日(土)14:00開演 日本音楽集団第193回定期演奏会レポート



【報告者:井出春夫 1階17列32番 会社員】

 このコンサートが行われた11月15日は、東京の七五三の日である。この日、晴海に第一生命ホールが開館して満7歳の誕生日であることをコンサート終了後知った。
 今回のコンサートのテーマは、「和と声-邦楽器と合唱の交響」である。演奏される3作品に混声合唱または独唱が含まれている。私は、2曲目からこのコンサートを聴くことになった。久しぶりの1階席で少々とまどいを感じながら…。
 2曲目は、三木稔作曲「古代舞曲によるパラフレーズ」第1印象として、「和楽器の音ってとてもいいな」と感じた。尺八と三味線の二重奏。ソプラノ独唱と和楽器の対決。和楽器独特の響きが聞こえてきたり、とても新鮮で素敵な曲だと思った
 5曲目の途中で、体調を崩されたのか、静かに退席をされたご夫婦がいらした。曲を聴きながら「どうしたのだろう?」と心配になった。
 休憩をはさんで、「呑気布袋コンサート組曲」が初演される。この曲は2年前、第一生命ホール5周年記念で初演されたとても楽しい和楽劇で、帰りにDVDが発売されることを知り予約をして帰った。今回は、コンサート組曲で、前回は狂言版で、かなり大がかりのものであったが、今回は、ソリストも芝居もなく、合唱団がメインで、芝居の部分は落語家の柳家三之助さんが語るといういわば落語版である。
 出囃子にのって指揮者と案内役が登場。この楽劇の登場人物を三之助さんがとてもコミカルに紹介し、時に動きも交えて案内してくださり、前回同様とても面白いものであった。
コンサート組曲は、初演のものよりも、時間が短く、楽器編成も一回り小さい編成のように思えた。前回、合唱はステージと2階正面に分散し、場面によっては動きながら歌っていたが、今回はステージ後方にまとまっていた。合唱団としては、周りの音が聞き易く歌いやすかったのではないだろうか。合唱は、言葉もはっきりしていて、声量もあり、ハーモニーもきれいで素晴らしかった。音楽集団も合唱の音量に負けじと頑張っておられ、熱い火花が飛び交っていたが、このホールであれば合唱団の実力から考えて、少し押さえ気味に歌っても充分にホールがハーモニーで満たすことができるように思えた。
邦楽器と歌の楽しさが満喫できたホールの誕生日「の」コンサートだった。
[PR]
by tritonmonitor | 2008-12-11 15:44 | TAN's Amici コンサート