NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年6月13日(土)SQWFesta 第四日 挑戦する者

【報告2:T.T/会社員/】


 弦楽四重奏団を生で聞いたのは今回が2度目(カルミナ四重奏団は初めて)だったのですが、演奏会が終わって、なんともいえない幸福で温かな気持ちでいっぱいになりました。普段はあまりバルトークやラヴェルなどは聞かず、特にヴェレッシュやシュナイダーは初めてお聞きするお名前だったこともあり、「演奏会についていけるかな」という不安もありましたが、1曲目のバルトークを聞いて、それは杞憂であったことが実感できました。
 音楽の難しいことはわかりませんが、普段敬遠していたバルトークの音楽が「スッ」と自分の中に入りこんで、なにか心安らぐ体験が出来たのです。普段なら、耳慣れない音楽は、もしかすると「苦痛」を伴ってしまうこともあったのですが、これは本当に不思議な体験でした。今、振り返ってみると、バルトークが弦楽四重奏曲第二番を作り上げた想い、それと同時に、カルミナ四重奏団の方々の「音楽」に対する、なにか一種の「想い」、その二つが調和して、うまく自分の中に入り込んでくれたのかなと、そんな気がします。特に、シュナイダーが今回の演奏会では、艶っぽく、そして熱く、一番印象に残ったのですが、普段ならきっと聞くことがなかった作曲家であったため、このような素敵な演奏を通じて、この作曲家に出会えたのは望外の喜びでした。
 私事ですが「日常に疲れて(疲れずとも)、非日常である演奏会を楽しみにする」、という感覚を昔はうまく理解できなかったのですが、今回のカルミナ弦楽四重奏団の方々が、本当に楽しそうに音楽を奏でていらっしゃり、音楽(そして演奏会を)を本当に楽しんで、一緒に楽しもうとしている姿を拝見して、演奏者と客である我々が「演奏会を一緒に楽しむ」ということの大切さ、尊さを教えていただけたように思いました。末尾になりますが、このような演奏会を企画して頂きありがとうございました。
[PR]
by tritonmonitor | 2009-06-22 10:00 | SQWシリーズ

2009年6月13日(土)SQWFesta 第四日 挑戦する者

【報告1:K.N/会社員】

 カルミナ四重奏団の演奏、とても素晴らしかった! あんな素敵な体験ができるのなら、もっと日ごろから、まめにコンサートホールに足を運べば良かったと切に思う。
 第一生命ホールを初めて訪れた。こじんまりとした、美しい空間だった。円い形のホールは自分にとって新鮮で、とてもおもしろかった。

  今回良かったと思うことの一つは、世の中にこんなに素晴らしい曲があるということを知ることができたこと。まずシュナイダーだが、あんなに複雑で難解な構成で、それでいて楽しく、生き生きとした音楽を書ける人が現代にいるのには驚いた。今回の演奏で、弦楽四重奏3番は早くも私のお気に入りになってしまった。
 ヴェレッシュも初めて聴いた。私はクラシック音楽は好きだが現代音楽はそこまで好きではなく、良いなあと思うことは稀なのだが、ヴェレッシュの四重奏曲には思わず引き込まれてしまった。知らない曲故、次にどうなるのだろうという期待と不安が常に交錯する、そんな魅力満載だった。ラヴェルをお目当てにいったはずが、スイスの音楽家の虜になってしまった。

 このように感じさせられたのは、やはりカルミナ四重奏団の実力なのだろう。楽章が一つ終わるごとに、観客の興奮が高まるのが感じられた。私は演奏中、このコンサートが終わらなければいいのにと思っていた。いつまでも聴いていたい、そんな演奏だった。
 ラヴェルの最終楽章が終わった後の割れんばかりの拍手は、お世辞でも何でもない、観客の素直な感想だ。私と同様に興奮していた人は、ひたすら手を叩きたかったはずだ。スタンディング・オベーションをしていた方もいた。私も立ち上がりたかったが、あまりの感動のため動けなかった。観客席が明るくなるまで鳴りやまない拍手。こんなコンサートは初めてだった。


 彼らの強烈な個性は聴いていて楽しかった。溢れんばかりの表現を生きた演奏で実現する、そんな感じだった。まさに、音楽が生きている感じ。単調な、退屈な場面など一度も無かった。常に緊張が張り詰め、何かが生成されていく感じだ。といっても重苦しいわけではなく、自然に何かが生まれ、動き出し、華開いていくかのようだった。

 良かったのは、彼らのコメントがプログラムに載っていたことだ。どのような想いで彼らは演奏をしていたのか、それをプログラムを通じて垣間見ることができた。音楽家とは音楽をもってのみ語る職業人なのかもしれないが、彼らに興味をもってしまった私にはとても嬉しいサービスだ。

 最後のラヴェルが始まる前、彼らはどのようにラヴェルの楽譜を感じ、表現するのだろうという想いでいっぱいだった。バルトーク、ヴェレッシュ、シュナイダーで私達の期待は十分高まっていた。そんな期待を裏切らないカルミナ四重奏団は相当な実力者なのだろう。観客はとにかく聴きに聴き入っていた、そのはずだ。あんなに引き込まれていく聴衆を見ることも、そうはないだろう。貴重な経験だった。

 私の第一生命ホールの感想は、カルミナ四重奏団のおかげで本当に良いものとなった。良い演奏会に出会えた幸福に感謝したい。
[PR]
by tritonmonitor | 2009-06-16 18:01 | SQWシリーズ

2009年6月6日(土)SQWFesta 第一日 伝統を受け継ぐ者

【報告:K.Y/教員/座席不明】

会場は拍手喝采でした。奏者・作曲者への純粋な感謝に満ちた顔、何か大切なものを思い出した顔、心満たされた満足気な顔…私も含めて、全ての会場の人間が幸せを感じた二時間でした。
この日のプログラムは、ハイドンの「皇帝」、ドヴォルザークの「アメリカ」、シューベルトの「死と乙女」といった、超有名曲です。最早、演奏しつくされたと言っても過言ではありません。この大曲をどう表現するのか…否が応でも、期待は高まります。
一瞬の静寂、曲が始まる直前の、奏者・聴衆ともに最も緊張する瞬間。言うなれば「全てを見通す間」でしょうか。それは驚くほど柔らかく、息を呑む時間でした。
カルミナ四重奏団は、優しく降り注ぐ陽光の様に「皇帝」を歌い始めました。第一楽章・アレグロでは、朗らかな響きが会場を包んだと思えば、第二楽章・アダージョで芳醇な香りが漂い、カンタービレではある種の懐かしさを覚えました。しかし、それもつかの間。第三楽章・メヌエット・アレグロを抜けると、終楽章・フィナーレでは人生の激動期・苦難の幕開けを連想する様な、雷雨の如き演奏が待っていました。



 …ハイドンの後にふとプログラムに目を落とすと、「なぜこの組み合わせなのだろう」という疑問を感じました。それは各曲目を通して、少しずつですが、自然と明らかにされました。
ドヴォルザークの「アメリカ」。演奏は思っていた以上に激しく、また愉しみに満ちたものでした。その愉快なメロディーは、ハイドンの生きた時代から時を進め、開拓者精神に溢れた「アメリカ」の情景を想像させるに充分なものでした。「人生は楽しいものだよ」…カルミナ四重奏団の面々は、そう語りかけているかの様でした。

休憩を挟んで「死と乙女」へ。いわずと知れた難曲です。絶望・断絶・哀願・慟哭…どの様な言葉をもってしても、この曲は言い表せません。私はこの曲を聴くうちに、否がおうにも「死」について考えてしまいました。そして「死」と「生」がこれ程までにせめぎ合う現実…。カルミナ四重奏団の演奏は、私の胸を強烈にしめつけたまま、圧倒的なフィナーレをもって終了しました。

…全ての曲目が終了しても、私の心は泡だったままでした。そこへ聴こえてきたのは1stVnエンデルレ氏の声です。アンコールは「モーツアルト」でした。会場には、ざわめく気持ちを優しく静める天上の声が響いていました。
皇帝・アメリカ・死と乙女・モーツアルト…人間が生まれ、天に召されるまで…壮大な物語を見たかのような体験でした。
[PR]
by tritonmonitor | 2009-06-14 12:58 | SQWシリーズ