NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カントゥス・クァルテット《うたは時をこえ海をこえ》

3月13日(土)18:00開演
【報告:津下 祥子/音楽家/2F1列45番】


~Blowing the strong wind by Cantus String Quartet~



3月13日土曜日、久しぶりの晴れた暖かい陽気。先日11日には九州南部・奄美地方で今年全国初めての春一番が吹いたそうだ。春を告げるような力強い風に追い立てられて、休日のジョギングを楽しんでいた頃、思わぬ突然の知らせが届いた。コンサートのメールだ。ここにも追い風が吹いているのか、興味をそそられて会場に足を運んだ。

出演はカントゥス・クァルテット/Cantus String Quartet、全員がアメリカ音楽の地を踏んだ日本人メンバー。2005年に結成され、東京、横浜を中心に活動されているそうだ。プログラムはシューベルト弦楽四重奏曲第13番イ短調op.29 D.804「ロザムンデ」、アイヴス弦楽四重奏曲第1番ハ長調「救世軍より」、チャイコフスキー弦楽四重奏曲第2番ヘ長調op.22。時代と様式を越えた演目、まさに彼らがこのたびテーマする「うたは時をこえ海をこえ」といった内容だった。

東京ベイエリア__いわゆる都会の視覚的・聴覚的な刺激の中でクラシックのコンサートに足を運ぶことは、日々の生活では味わえない時間を体感することができる。ある種、現地へ行ったつもり時間旅行とか、自らの内面を解放するメンタルダンス、演奏家の巧みや表情を味わう…必ずしも専門的である必要はなく、何でもいい、リラックスして時間を楽しむコツを持つと面白い。今日もそれを知っているのか、客席は活気があり満席に近く、楽器ケースを持つ聴衆もちらほら。演奏会への期待が伺えて、楽しみになってきた。

1曲目、シューベルトは出だし本当に静かな音から始まった。会場を日常から引き離してしだいに演奏へ引き込んでいくかのように。クローバー畑に飛ぶ蜂の羽音も聴こえる様な、穏やかな音楽。第1楽章で織り成す穏やかさはとても内的であるが故に悲しみに対する嘆きも含まれていて、第2楽章では日々の幸せな生活を、第3楽章では人の町の暮らし、再び実感する悲しみ、第4楽章では演奏家の踊るような音楽を味わうことができた。

2曲目、アイヴスはアメリカ現代音楽のパイオニア的存在。軍楽隊でバンドマスターを務めた父親を持ち、エール大学でホレイショ・パーカーに作曲を師事、自身保険会社の経営者という経歴。学生時代に作曲された作品は、第1楽章の若々しく健全なフーガから始まる。何か志と理想の建築物を妄想させる堂々たる響き。第2楽章は日々の思考を、第3楽章でも賛美の色が濃く、アイルランド的な響きにアメリカの港を思い描いた。3拍子や夜を思わせる民俗的風景があり、第4楽章にはマーチやリズムなどにアメリカ的ナショナリズムを感じるフィナーレだった。素晴らしいのは、そういった音楽のキャラクターを見事に披露してくれたカントゥス・クァルテットだ。公演休憩中、私は高揚感に包まれていた。

3曲目、チャイコフスキー。弦楽器の湾曲したフォルムがとても似合う作曲家と私は勝手に思っている。弦楽器のことをよく知っていて、情熱的で、ベートーヴェンが仮に内臓をえぐるような音楽なら、彼の弦楽四重奏曲は肉体をえぐりつかむような表現を私は魅力に感じた。第1楽章では第1ヴァイオリンのソロが早速魅せる。旋律はオクターブで強調され、チェロの深い低音が幅広く豊かにしている。第2楽章では遠く転調して甘くフランス的な響きを、第3楽章冒頭ではっと目を覚まさせられてそれぞれの演奏家の存在に気づかされる。同じヴァイオリンでも第1Vn.の物集女さんと第2Vn.の梅原さんとではソロの音色が違う。勝手な例えで恐縮だが、同じストロベリーケーキでもショートケーキとミルフィーユの食感の違いのような。ヴィオラの大島さんは何時も存在しているペースメーカーで、チェロの森澤さんは絶対的な安心感を与えてくれているようだ。第1Vn.だけ若干離れたように見えるセッティングも4人の音楽作りの理由だろうか。第4楽章、たった4本の楽器がシンフォニーのような表現力でロシアを謡って締めくくられる。

アンコールにはグラズノフ作曲「5つのノヴェレット」より「ワルツ」が奏され、爽やかな印象の中コンサートの幕が閉じられた。

終演後ロビーでは活気に溢れた聴衆が4人の演奏家を取り囲んで演奏会の喜びを分かち合っていた。会場を後にする頃にはすっかり冬の冷たい空気に戻っていたが、春一番も近いという気分にさせてくれた一日だった。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-03-18 13:43 | SQWシリーズ

第8回ビバホール チェロコンクール第1位受賞記念 加藤文枝 チェロリサイタル

2月28日(日)14:00開演
【報告:井出春夫/会社員/2FL1列46番】


このコンサートは、昨年行われたビバホールチェロコンクール第1位受賞記念コンサートである。
このコンサート当日、朝から雨が降り、大都市東京を多くのマラソンランナーが走っていた。そればかりか、前日、チリで大地震があり津波がくるとかで「川や海の近くに行かないで」という広報車までホールの周りを走っているという周りが慌ただしい日であった。

このコンサートは過去何回か聞いているが、個人的に楽しみにしているコンサートである。前回と今回は女流チェリストが優勝した。毎回違ったタイプのチェリストが出てきてとても面白い。
このコンサートは、普段のコンサートとはちょっと雰囲気が違う。開場する前も後もロビーのところどころに人盛りがある。何だか、同窓会や成人式場みたいだ。

開演の頃には、太陽が顔を出し始めた。

曲目は、ドビュッシーの「チェロソナタ」、デュティユー:ザッハーの名による3つのストローフェ」(無伴奏)、今年生誕200年のシューマン「幻想小曲集」、休憩を挟み養父市長の挨拶、そしてラフマニノフ「チェロソナタ」聞いてみて、加藤さんにぴったりのプログラムであると思った。加藤さんのチェロは、とてもよく歌い、あまり技術を感じさせない。
ドビュッシーは、明るい音色でとてもすがすがしい感じを受けました。
デュティユーは、チェロの音がすーっと客席に聞こえてくる感じでとても美しかった。
シューマンの幻想小曲集とアンコールで弾かれた「詩人の恋」から「あかりさす夏の前に」は、ピアノとチェロの対話が美しい。特にピアノの音色が少し輝いて聞こえた(ちょっと「のだめカンタービレ」ののだめが宮廷でコンサートをしたときみたいに)。
ラフマニノフは、ピアノが張り切り、チェロがとても美しく歌いとても楽しめた。
アンコールは、最初チェロの名曲サンサーンスの「白鳥」ピアノは少しクールに聞こえたがそれがかえってチェロのたっぷりとした歌心を引き立てた。
「白鳥」を聞くと、なぜか私は、山本直純さんのなぞかけを思い出す。白鳥とかけて禁煙ととく。そのこころは?というものだ。
とても楽しめた演奏会であったし、もし、機会があったらコンクールにも足を運んで見たくなった。
加藤文枝さんのチェロで今度は、バッハやベートーヴェンの作品を聞いてみたいと思った。

最後に、コンサート終了後の客席からの退席について、日頃何気なくやっていることであるが、そのタイミングは、なかなか難しいなぁと感じた。完全に終わりまでいられるなら問題はないけれど、予定が詰まっていたりするとどうしても早く出なければならない。たまたま演奏者の出るタイミングと自分が立つタイミングが合ってしまうと何となくばつがが悪い。コンサート終了後、余裕を持って帰れるようにしようと思った。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-03-13 22:40 | TAN's Amici コンサート

第8回ビバホール チェロコンクール第1位受賞記念 加藤文枝 チェロリサイタル

2月28日(日)14:00開演
【報告:三木隆二郎/自由席 2階C1列15番】

 本公演は兵庫県養父市で二年に一度行われる第8回ビバホール・チェロコンクール第一位受賞記念として行われた共催公演です。

 このビバホールコンクールは1994年にスタートされた地方の小さな町が行うものでご多分にもれず財政難で厳しい状況にも拘らず堤剛氏をはじめとする審査員や毎回、100人を超える住民ボランティアの支援により立派に運営され続けられ、今や「若手チェリストの登竜門」と呼ばれるまでになっています。

 この日のプログラムと共に挟み込まれたチラシの中には「第9回ビバホール・チェロコンクール」「元気な養父づくり応援寄付金」に加えて「一円電車募金」趣意書が含まれていました。「一円電車募金」とはかつて明延鉱山で走っていた乗車賃"1円"の鉱山鉄道の保存・活用活動としての募金への協力お願いです。

 さて加藤文枝さんは同志社高校を卒業し東京藝術大学から今春、同大学院に進学予定の若き俊英でこれまでに、日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位、札幌ジュニアチェロコンクール優秀賞、泉の森ジュニアチェロコンクール高校生以上部門金賞、京都芸術祭「世界に翔く若き音楽家たち」奨励賞を受賞し、既に大阪センチュリー交響楽団とも共演し、2006年よりパリのエコールノルマル音楽院に給付生として入学、という綺羅星のような経歴を築いた上で2008年のビバホール・チェロコンクールに第1位となっておられます。

 その後も2009年には東京藝術大学内にて安宅賞を受賞され、東京音楽コンクール弦楽部門第2位となり、今、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを持ったチェリストと言えるでしょう。

 ステージが舞台明りになると純白ドレスで堂々と登場し、一曲目はドビュッシーのチェロソナタです。この曲は作曲家最晩年の様々な楽器の為の6つのソナタの一つですが、チェロ奏者にとってドイツロマン主義とは正反対の極めて繊細な演奏を求められるレパートリーです。冒頭の低音部から上向する音型からピアノと精密なアンサンブルが要求されます。 加藤さんの演奏は実に磨き抜かれたもので、特に親指によるピチカートはホールに良く響き渡り演奏効果を上げていました。

 二曲目のデュティユーの「ザッハーの名による3つのストローフェ」と言う曲はスイスの指揮者パウル・ザッハーの功績を讃える為にロストロポーヴィチが世界の12人の作曲家に委嘱した作品の一つだそうです。
 最弱音のハーモニクスもよく響かせて巧みな弓さばきで難曲を聴かせるのに成功していました。

 三曲目はシューマンの幻想小曲集(Op73) です。弾き出しから万感迫るロマンチシズムのほとばしりが感じられ、卓越した技巧の持ち主であることが証明されていました。

 四曲目はラフマニノフのチェロソナタト短調(Op19)です。この曲はシューマンから始まったロマン主義の行き着く姿があるともいわれますが、ロシア的な叙情をたっぷりたたえた名曲です。ただその為に、チェロとピアノのアンサンブルによってはチェロが隠れてしまって聴きとれないという危険性も出てくる難曲でもあります。
 加藤さんの奏する1楽章は堂々とした風格を持ったもので、2楽章はアンサンブルピアノが水際立った演奏で、良くチェロを支えていました。3楽章は濃厚なロマンチシズムの一番の聴かせどころをたっぷりと歌ってくれました。4楽章はだんだん興奮してくるとピアノの分厚い響きにややチェロのメロディが隠れがちだったのが惜しいように思われました。

全体を通して才能豊かなチェリストをしっかりと支えていたアンサンブルピアニストは入川舜です。

アンコールの1曲目は白鳥をしっとりと、2曲目はプーランク作曲『ルイ・アラゴンによる2つのポエム』より「C」、3曲目はシューマン『詩人の意』より「明りさす夏の朝に」でした。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-03-08 09:54 | TAN's Amici コンサート

クラシック はじめのいっぽ vol.19 チェロ&ピアノ ~石 坂団十郎&マルクス・シルマー

2月10日(水)11:30開演
【報告:齋藤直美/月島在住/1階14列28番】

 今回は、チェロとピアノで全曲、そしてベートーヴェンの作品 だったので、とても楽しみにしていました。
 チェリストの石坂さんの座った場所は、ピアニストのすぐ横で、 寄り添うような感じで座っていました。通常、あまり見たことのない風景が、まず印象的でした。そして今日の演奏が楽しみになってきました。
 プログラムの解説によれば、この日の選曲は、ベートーヴェンが 20代に書いた作品が中心となっているとのこと。ベートーヴェン は、チェロの曲でありながらも、ピアノが大活躍していることが多 いので、ついついピアニストに注目してしまいます。
 その期待以上に、マルクス・シルマーさんのピアニシモ (pp)には、震えがとまりませんでした。そして、ソナタで は、力強くチェロを誘導していると思いきや、ときおり、相手を気遣っているような雰囲気で振り返る。そんなとき、チェリストも、堂々と弾いていながら、ピアノの方に身を傾けている感じが微笑ましく感じました。寄り添いながらの二人の様子は、奏でられる音に表れていて、ここちよい雰囲気が伝わってきました。
 変奏曲では、一つ一つのモチーフが短く次々とうつろっていくので、その変化を追いかけているのが楽しかった。また、ヘンデルの主題による変奏曲の中の短調の時のチェロは、楽器そのものの味わいを響かせ、最後の変奏では、チェロとピアノの掛け合いが見事でした。

 ところで、このシリーズのもうひとつの楽しみは、演奏者によるお話なのですが、アンコール曲のタイトルをアナウンスするまで、今回ありませんでした。珍しいことですが、プログラムの楽しさを半減させるほどではなかったように感じます。その要因は、緊張感をもって聴くことができ、そして全曲ベートーヴェンの作品だったことも関係していると思います。アンコールが仮になかったとして も、それで満足なほどの充実感がありました。
 そんな印象でしたが、お待ちかねのアンコールは、シューベルト「アルペジョーネ・ソナタ(第2楽章)」。チェロらしい柔らかな音でメロディーが流れてきて、「いいコンサートだった」とひとり、にっこりしてしまうほどの出来映え。違う作品も聴いてみたいし、何年か後に再び、本日の二人のベートーヴェンを聴く機会を、このホールで持てることを期待してしまいました。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-03-08 09:50 | ライフサイクルコンサート