NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

〈クァルテット・ウィークエンド2010-2011“Festa”〉 ミロ・クァルテット 第2日

5月30日(日)14:00開演
《アメリカへの旅》
【報告者:井出春夫/会社員/2階L1列46番】

始まったら、やはりびっくり。
最後に音が小さく消えた瞬間、仄かな光が射し込んだような気がしたが何ともやりきれない気持ちが残る。


ミロ・クァルテットは前回(約5年位前だっただろうか)第一生命ホールで初めて聞いてとても感動し、またこのホールで聞きたいと思っていたクァルテットである。そして、今回そのチャンスが来た。このクァルテットは、とても音が美しくホールによく響き、ホールとの相性もいいように思う。特に弱音(ピアノやピアニッシモ)が弱い音ではあるが、ゆたかな音で聞こえる。
フェスタ2日目は、弦楽四重奏では超有名曲、ドヴォルザークの「アメリカ」ミロカルテットと大親友の作曲家ケヴィン・プッツ「クレド」、ジョージ・クラム「ブラック・エンジェルス」の現代曲である。現代曲の2曲は初めて聞く曲だが、第一生命ホールならではのプログラミングではないだろうか。まず、プログラミングに拍手!
第1曲目のドヴォルザーク。とても新鮮でみずみずしい。音楽の感じがどんどん変わっていくのがとても面白く、音に弾力があり、4人の音が自然に混ざりあっていくこのライブ感はたまらない。
第2曲目と3曲目は、曲が演奏する前に解説があった。現代音楽は、どこを聞いたらいいかわかりにくいから、その曲が出来た経緯や、演奏者と作曲家の関係などがわかると曲を聞く上での道標になるので助かる。
2曲目、ケヴィン・プッツ「クレド」は、ミロ・クァルテットの依嘱作。アメリカの明るい面を追求したいという要望があったようだが、2007年は、イラク戦争など悲しいことが多かった。この曲は2007年のアメリカの状況を自分の内面を見つめながら作曲したという。曲想は暗めであるが曲を聞いていると何だか優しさや暖かさ感じられ何だかとても癒される感じがする。休憩時間にロビーにでてみたら、今のは現代曲だったのと話されていた方がいらした。
3曲目はジョージ・クラム「ブラック・エンジェルス」。曲が始まる前に、銅鑼やグラスなど弦楽4重奏曲には登場しない楽器(というより「モノ」)が並んでいる。打楽器奏者でもいるかしらと思ったら、出てきたのは4人。あらかじめ今までの弦楽四重奏とは全く違うという解説はあったものの、どうするのかしら、オーケストラだって、弦楽器奏者は指を鳴らしたり、かけ声をかけたりするくらいしか見たことがない。始まったら、やはりびっくり。チェロは普通左手で押さえるところを弓で弾いたり、銅鑼やグラスを弓で弾く。声が聞こえる。数字を数える等々。だいたい演奏中に楽器の場所まで歩行が入る四重奏曲を知らない。曲は暗くなまめかしい。でも、音を聞いていると何だか画像が浮かんでくるような気がした(怪奇映画やドラマ、お化け屋敷など、この曲とは関係のないものであったが)。最後に音が小さく消えた瞬間、仄かな光が射し込んだような気がしたが何ともやりきれない気持ちが残る。
アンコールとしてバーバーの四重奏曲から2楽章。これまたこの曲で癒された。ナイス、アンコールプロ。
ブラック・エンジェルスはCDでは聞いたことはあったけれど、どんな風に演奏しているのかがわかってとっても面白かった。アンコールで救われた感じがしたなど、話している方がいたのと、いつになく、よかったというような感想を多くの方が持ったように感じ、ホールを後にした。
現代曲は、演奏家やホール、そしてそれをささえるスタッフ、そして満員にはならないが聞いて下さるお客さんなど演奏を成功させるための要因が揃わなければ出来ないであろう。このホールにはそれがあるのではないか。とすればここは、あまり演奏されない作品や現代作品を継続的に取り上げて行く必要があるのではないだろうか。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-05-30 14:00 | SQWシリーズ

〈クァルテット・ウィークエンド2010-2011“Festa”〉 ミロ・クァルテット 第2日

5月30日(日)14:00開演
《アメリカへの旅》
【報告者:T.K/中央区在住/1階】

同じ街に住み、週6日も顔を会わせ、同じ場所で働く。
そのような生活を何年も続けてきたクァルテットだからこそ出来る音楽なのだろうと思う。


もう5月も終わろうという日曜日の昼下がり、日毎の寒暖の差が激しい東京で、太平洋を越えてきた4本の弦楽器の調子は大丈夫だろうか。
そんな事を考えながら潮香る運河を超え、トリトンスクエアに到着。あちらこちらとエスカレーターを登りながらホールに近づき、最後のエスカレーターに身を委ねている時、後ろには息を切らせた女性が同行者に対して「建物の中でホールに着くまでで迷っちゃって…」と説明をしていた。
この女性の心境に関しては小生もとても理解できる。小生も第一生命ホールに初めて来たときは、建物内でホールへ辿り着く事が出来ずに些か慌てた記憶がある。小生は決して「ホール」や「小屋」と呼ばれる施設に不慣れではないつもりではいるが、第一生命ホールのような「複合施設の中のホール」というのは、スムーズにたどり着けない事が多い。
ここ以外にも関東近郊だけでも複合施設の中のホールは各所にあり、そこに辿り着くまでに一度は迷った事がある人は決して少なくないのではないかと思う。
勿論、それぞれの施設で親切な館内案内は設置されており、それに従えば迷わず辿り着けるはず。しかし現実には、今日の女性のような人もいるわけで、そこには何らかの要因がある。その要因の考察を始めると文字数が跳ね上がってしまうのでそんな無益な事はしないが、複合施設のホールというのは定期的に「ホールへの行き方が分かりづらかった」という意見を寄せられるのだろうなぁ、という感慨にふけった。

そのような感慨から我に返り、入口でプログラムをもらい、客席で演奏を楽しむ。演奏の内容への考察は、小生の様な一介の素人リスナーの論ずるところではなく、専門家の方々にお任せするし、朝日新聞の夕刊にも取り上げられているが、稚拙ながら感じた事を一つ記させてもらえば、手で触る事が出来てしまうのではないかと思うほどの質量感のあるサウンドで会場が満たされていた。楽器から発せられた空気の振動が一つのまとまりとなって、「音波」という単純な現象を超えて人の鼓膜だけでなく、肌全体にぶつかってくる。そのような感覚を覚える演奏だった。同じ街に住み、週6日も顔を会わせ、同じ場所で働く。そのような生活を何年も続けてきたクァルテットだからこそ出来る音楽なのだろうと思う。

今日のプログラムは『アメリカへの旅』という、各時代のアメリカに住まう作曲家が、その時代のアメリカや自身の心情を描写した曲を集めたプログラム。19世紀、20世紀、21世紀から1曲ずつ選曲するという、一見すると挑戦的ともとれるプログラム。4日間にわたるフェスタの中でも、異彩を放っているように感じる演目だが、クァルテットでこのような機会に恵まれるのはやはりTANだなと思う。4人の弦楽器奏者が『クァルテット』であることのアイデンティティーともいえるベートーヴェンのプログラムから始まり、各日でテーマを持って選曲し、そのクァルテットの芸術性を様々な角度から捉えることのできる4日間。この日もミロにとっては欠くことの出来ない大切な一側面であり、ミロにしか出来ない音楽だったのだろう。
昨年のカルミナの時にも感じたことだが、世界のリーディング・クァルテットとも呼べる団体で、このように多岐にわたるプログラムを楽しませてもらえた事に本当に感謝したいと思う。素晴らしい演奏を聴かせてくれたミロ・クァルテットと、オーガナイザーに心から感謝したい。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-05-30 14:00 | SQWシリーズ

〈クァルテット・ウィークエンド2010-2011“Festa”〉 ミロ・クァルテット 第1日

5月29日(土)14:00開演
《オール・ベートーヴェン・プログラム》
【報告者:河上高廣/松戸市在住/1階8列25番】

心の中まで深く入ってくる表現

1.第一生命ホールでのクァルテット・ウイークエンド2010-2011・フェスタにおけるミロ・クァルテットの演奏会の初日でした。オール・ベートーベンの弦楽四重奏曲というプログラム。素晴らしい演奏会でした。聴衆が少なくてもったいない!もっとたくさんの人に聴いてほしい演奏でした。
(弦楽四重奏の演奏会で寝ないで済んだのは久しぶりでした。)

2.第一生命ホールは一つ一つの楽器の音が非常に明瞭に聴こえ、かつ、響きもほど良い素晴らしいホールです。録音用のマイクがやや低めにセットされていて視覚的には少し気になりましたが、きっといい音で録れているのだろうと思いました。

3.さて、ミロ・クァルテットの演奏。アンサンブルの精度がとても高く、また、息も良く合っていました。特に中央の二人は(第2バイオリンとチェロ)は良かったように感じました。アイ・コンタクトもよく取られていてまさにこれぞプロのアンサンブル!4人ともピアニッシモが本当にきれい!!音自体も落ち着いた音色でした。

4.第1曲目は、ベートーベン/弦楽四重奏曲第4番ハ短調op18-4。四人の奏者がほぼ対等にそして冷静さを保ちながら、各自の主張もしていました。音量で圧倒しようとすることはなく、音の明瞭さ、重なりを大切にし、緊張感をもって演奏されています。私は、特に第2楽章の音が積み重なって流れていくような部分が印象に残りました。

5.第2曲目の弦楽四重奏曲第16番へ長調op135は、第3楽章が白眉。静寂さの中にピント張り詰めた緊張感。悲しさ、寂しさを歌っているのでしょうか。心の中まで深く入ってくる表現に大変感動しました。

6.第3曲は、弦楽四重奏曲第8番ホ短調op59-2「ラズモフスキー第2番」。もっと激しい出だしになるのかなと思っていましたが、以外にあっさりと(平凡なという意味でなく)始まりました。第2楽章の優美さ、第3楽章の軽快さも印象に残りました。

7.大きな拍手に応えてのアンコールは、ベートーベンの弦楽四重奏曲第13番変ロ長調OP130から第5楽章「カヴァティーナ」。嘆きの歌だそうです。ベートーベンが書いた最も美しい旋律の一つとのこと。このアンコール曲、本当に聴けて良かった!!

8.素晴らしい演奏会でしたので、帰りにベートーベンの弦楽四重奏のCDを購入し、メンバー4人にサインをしてもらいました。

9.最終日はブラームス、ドボルザークのピアノ五重奏曲を演奏するとのこと。このクァルテットにピアノが加わるとどんな演奏になるのだろうか。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-05-29 14:00 | SQWシリーズ

〈クァルテット・ウィークエンド2010-2011“Festa”〉 ミロ・クァルテット 第1日

5月29日(土)14:00開演
《オール・ベートーヴェン・プログラム》
【報告者:齋藤直美/中央区月島在住/1階8列26番】

ミロ・クァルテットがやってきた!

この日を、どれだけ待ち続けていたことでしょうか。
 2005年のベートーヴェン作品18全6曲の演奏会で、 ミロ・クァルテット(以下、ミロQ)の演奏にノックアウトを受けてからというもの、ますますベートーヴェンが気になり、大好きだったピアノの演奏会よりも弦楽四重奏の演奏会へ出かけることが多くなりました。 

1曲目 第4番ハ短調op18-4
 第1楽章が始まると、ピンとまっすぐ背をのばしながら聴き入っていました。前回とほぼ同じ席に座っていたので、5年も経つと、演奏にこれだけ深みが増すのかと、興奮してしまいました。音が分厚く、やわらかく、迫力のある演奏です。1階席でこれなら、2階
席だとどんな風に聴くことができたのか、なんてことも考えてしまうほど思いが広がっていきます。
 調弦が終わって2楽章に入ると、ようやく少し冷静に聴くことができました。というのも、なんだか音色が変わったように感じたのです。第1楽章の時と違って、ミロQらしくないという印象でした。「もしかして、湿気のため?」と思い当たり、この数日の天候不順が影響しているのかもしれないと感じました。湿気たっぷりの状態でお客さんはホールに集まってきたと思います。「日本の季節感は、楽器にはダメージが強いんだ」と改めて認識した瞬間でした。
 第3楽章の音色の混じり具合やテンポの加減は、見ていても聴いていても楽しく、CDで何度も聴いてきた印象とは変わったものが心に刻まれました。第4楽章は、第2バイオリンとビオラとの掛け合いがやわらかくて、前方の席ではこうしたやり取りも垣間見ることができました。
 
2曲目 第16番ヘ長調op.135
 演奏が始まるまでの静けさが、この曲への期待感を増していったように思います。ミロQの本領が発揮されたかのように始まりました。第2楽章では、細かな動きと重厚な音が入りまざります。この曲は、交響曲第9番の後に作られたそうですが、晩年とは思えない明るい印象があり、この日の演奏はそのイメージをストレートに伝えてくれました。そうかと思うと、第3楽章の出だしは、やわらかく始まり、音の重なり具合に工夫がされているのもベートーヴェンらしく、第1バイオリンの美しさにうっとりしてしまいました。そして、第3楽章が終わった時の空間は、この曲が始まる前の静けさとは別物で、終楽章への期待をかきたててくれました。

 3曲目 第8番ホ短調op.59-2 ラズモフスキー第 2番
 今回、最も期待していたのは、この曲でした。2005年にミロQ のベートーヴェンを聴いた人なら、楽しみにしていたのではないでしょうか。なぜなら、5年前のミロQ自身のコメントには、今後もベートーヴェンが作曲した年頃と自分たちの年齢にあわせて弾いていく、という話があったからです。それから5年の間に、私もいくつかのクァルテットでこの曲を聴いてきたこともあり、ミロQがどう聴かせてくれるか、心待ちにしていました。
 第1楽章では、何度か出てくるモチーフを楽しみながら、リラックスして聴いていました。第2楽章は静かに始まり、内声部分の楽器の活躍と第1バイオリンのやわらかな音が素敵です。第3、第4楽章では、4人のやり取りや表情も一緒に楽しんでしまうほど、ステージに引き込まれてしまいました。
 
 アンコール「第13番op.130より第5楽章カヴァティーナ」
 観客の数を上回るかのような、ものすごい拍手の音量でした。そしてこの曲は、まるで小編成のオーケストラを思わせるほどの様々な音色が折り重なっている響きに、うっとりと聴き入ってしまいました。そのうちに、ベートーヴェンでこれほど聴かせてくれるなら、他の音楽家はどういう演奏を聴かせてくれるのか気になってきました。ピアノも入る第4日も、聴きに行こうと思っています。

 演奏が終わって、「よかったね」といいながら席を後にする人、ロビーでは、CDを購入したり、サイン会を待つ人が多くいました。この光景も5年前と同じ。Festa 最終日、そして今後の演奏活動に期待をしてしまいます。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-05-29 14:00 | SQWシリーズ

音楽のある週末 <弦楽器の魅力> 第1回 千住真理子

5月22日(土)14:00開演
【報告者:Y・F/会社員/1階14列28番】

バッハの世界に浸れる至福のひととき-プロの技に感動-

今回はなんとJ.S.バッハの『無伴奏ヴァイオリンソナタ&パルティータ』全曲の演奏会だ。
私は全曲を通す演奏会を聞くのは初めてだった。バッハの世界に浸れる至福のひとときに期待がふくらんだ。無伴奏はソリストを100%丸ごと楽しめる。演奏者にとって、自分の世界を100%味わってもらえる機会でもあるのだ。
会場はほぼ満席で、年齢層も割と高めな印象を受けた。
第1番のソナタ、アダージョ。弓の先まで神経が行き届いている音色に会場が引き込まれていくのが客席の雰囲気でわかった。続くフーガやシチリアーノ、プレストが一気にバッハの静寂で厳かな世界へ誘っていく。
第1番のパルティータ。全体的に穏やかな曲想に高貴な音色が乗り、会場全体が陶酔感に包まれていた。
3番ソナタ。タフさが必要なフーガやアレグロ・アッサイは重音の連続の間に入ってくる高音は気をつけていないと、神経質な響きになりがちなのだが、千住さんはこの高音の扱いがとても丁寧で、人の声のようなソフトで美しい音色が響きわたった。
3番パルティータ。会場がもっと広く感じるような音色。なおかつ小さな音さえもきちんと拾っている。ホールの音響と曲・演奏者の相性のせいか、まるで石造の神殿で演奏を聴いているかのような神聖な空気と響きだった。
2番ソナタ。間の取り方が絶妙だった。余韻のある間の取り方をしつつ、なおかつ前進感がある。特にフーガは洗練された音と前進感と相まって、抑えたテンポでもみずみずしさを感じさせた。アレグロなどの躍動感のある激しいパッセージのある部分でも、音自体に全くブレがなかった。音のコントロールが行き届いていた。

観客の集中力がさらに高まっているのをホールの息遣いから感じる。後半にこれだけ観客をひきつけられるのも本当にすごい。それは、長いプログラムを計算して、パフォーマンスもきちんとコントロールできているからではないだろうか。

2番パルティータ。バッハを密度の高い音で綴ったという感じがした。最後にふさわしい集中力だった。2番は有名なシャコンヌを含む曲で構成されている。2番のこのシャコンヌでしめくくられるわけだが、このシャコンヌに対してはなんの気負いもなく始まったような気さえした。しかし、そこで演奏されたのは圧倒的に孤独で美しい音楽だった。人生の苦悩を癒すバッハの包み込むような音楽が会場を満たす。孤独が孤独を癒し、強さを与えてくれるようだった。

演奏終了後、ブラボーの声がかかる。鳴りやまない拍手。
全曲演奏でここまでの集中力を持続させたのだ。気力体力共に極限までこのステージで使っただろう。常人ならあの長時間の集中したステージでは倒れてもおかしくはなかった。千住さんプロとしての気魄を感じた演奏会となった。プロの演奏を生で観て・聴いて、バッハの無伴奏演奏の難しさとともに、プロの技に感動した。バッハの無伴奏は、普段ピアノの伴奏などがカバーしてくれるメロディーを一人でこなすので、重音がその他の伴奏付きの曲よりも圧倒的に多い。重音が多い分、弓のコントロールが難しいのだ。千住さんの演奏では、そのコントロールはもちろんのこと弓の先までムラのない音を出していた。これはまさにプロの技だと感動した。

今回の演奏会では,演奏者と一対一で向かい合っているような気分に観客はなったのではないかと思う。それほど演奏者・観客が集中をしていた演奏会だった。それとともに、そのように演出した照明も素晴らしかった。ほぼ中央のスポットライトのみが演奏者を照らす。そのような演出のおかげで,観客の視界も演奏者に集中し,一対一の精神状態を作り上げることができた。
演奏は一曲ごとに盛大な拍手がおくられ,感嘆のため息が観客からもれた。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-05-22 14:00 | ライフサイクルコンサート

昼の音楽さんぽ 第1回 藤原道山 尺八リサイタル

5月13日(木)11:30開演

【報告者:荒木紀子/中央区在勤/】

尺八クールジャパン

改めて考えてみると、今まで尺八の演奏会に行った経験がなかったことに気がついた。
尺八と聞いて思い浮かべるものと言えば、TVや映画の中で尺八を演奏する虚無僧の姿ぐらい。平均的な日本人がもつ尺八に関する知識といえばこのぐらいだろう。だから、藤原道山さんが革のジャケット姿で颯爽と舞台に登場した時には、何か今までの印象を変えるような事件が起こりそうな予感がした。

1曲目は「アメイジング・グレース」。いろいろなアーティストによって演奏されてきた名曲を日本の伝統楽器が奏でる。アイルランドやスコットランドの民謡が本になっているという説もあるからか、一瞬、尺八で奏でられる音が、アイリッシュフルートの音色のように感じられた。でも、すぐ次の瞬間には、私の中のDNAが音色の奥に潜む陰影のような部分を探し当てていた。

日本人にとって、尺八はDNAに組み込まれた音。どこかもの哀しく、それでいて緊迫した静寂感をもたらす音色は、つつましい日本の文化を表し、自分の体内の深い部分に語りかけてくるようで、遠い歴史の世界に想いを馳せる。

2曲目は、古典の邦楽として有名な「鶴の巣籠」。藤原さんは、今日の演奏会のために何種類かの尺八を携えて舞台に登場した。実は尺八は木ではなく、真竹という竹から作られているそうだ。そのため、長さや色もまちまち。その中からバームクーヘンのように縞模様の入った尺八で演奏する。前の曲よりもこもった奥ゆかしい音が響いた。尺八は、同じ高さの音でも、息や指の使い方、そして首の動きによって全く違う音色になるのだそうだ。尺八を演奏している姿をよく見ると、たえず首を動かしていることに気が付く。なかなか上下運動を要する楽器なのだ。

尺八には、「閉じられた空間を緊張感と静寂で満たすような音」というイメージがあったが、「かざうた」(作:川江美奈子)、「空」(作:藤原道山)では、聴いている内に、尺八の音が自分の内を経由して、開かれた外の世界へと広がっていく。それは音がホール内に響くだけでなく、外へ外へと未知なる世界へと誘ってくれるような心地良さだった。あとでプログラムを読み返して、「空」という曲名はまさにうってつけだったと気がついた。この曲に込められた、広隆寺の弥勒菩薩像への憧憬の念が、聴いている者を時空も超えた遥かな世界へと旅立たせてくれたのだ。

最後に藤原さんは、自身の師匠、山本邦山さんの作品「甲乙」(かんおつ)でしっとりとリサイタルの幕を閉じた。
最近では、尺八は海外でも人気があり、オーストラリアで尺八コンテストも開かれるそうだ。昨今の相撲界よろしく、尺八も海外のプレイヤーに押され気味で、日本人の演奏家が少ないらしい。

これまでDNAに刻まれてきたこの音が、これからもそうあり続けてほしい。日本の伝統楽器を見直して広める人も出てきている。東儀秀樹さんもそのパイオニアとして有名だが、藤原さんにも尺八でクールジャパンの世界をぐんぐん切り拓いていってほしい。幸い、これからもクラシック音楽とのコラボレーション、テレビや舞台での活躍もあるようでとても楽しみだ。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-05-13 11:13 | ライフサイクルコンサート