NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

630コンサート~充電の1時間~ 塩谷 哲・松本和将(ピアノ・デュオ)

9月15日(水)18:30開演
【報告者:K.T/千葉県在住/団体職員】

最高潮のところで終わった感じですが、大丈夫です、悔いは残りません。

ただただ、音楽を楽しませていただきました、の一言です。それ以上でも以下でもありません。さはさりながらいくつか、思いつきで恐縮ですが感想を記しておきます。

1時間のコンサートというのは、初めてでしたがとても満足しています。後1時間あれば、別の世界を見せてくれたのだろうな、という物足りなさの一方で、ここでお二人とお別れしたくない、もっと聴かせてという欲求が心地よかったです。最高潮のところで終わった感じですが、大丈夫です、悔いは残りません。余韻を残し、だからいつまでも忘れないです。

目に付いたのは、30代~40代の男のサラリーマン風でした(数は多くはないようですが)。これから一杯飲んで別のリフレッシュ、そんな感じで軽やかにホールを後にしているように見えました。好きでなければ、2時間はしんどいけれど、1時間だったら、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。音楽(の魅力)に接する良い企画、機会だなとも思いました。

構成も良かったです。親しみのある曲から始まりましたが、違和感なくジャズとクラシックとを行き来でき、最終的にはふたつが融合し、最後には音楽の楽しさ、豊かさが心を満たしてくれていました。
塩谷さんの曲も演奏も初めてでしたが、「ヴァルス」という曲には魅かれました。ラテンとおっしゃったでしょうか。陽気な旅をさせてもらった感じです。それと松本さんの動きが良かった(おもしろかった)。一緒に音楽を楽しんでください、と言われているようで、こちらも弾みます。ピアノ・デュオというのは迫力があるものなんですね。塩谷さんと松本さんの触発の仕合が客席まで届き、規律あるライブハウスの感じで楽しめました。塩谷さんの演出でしょうか、いや人柄ですよね。

とにかく、音楽を楽しめる企画内容、コンサートでした。良質なホスピタリティに包まれた1時間でした。これからも良い演奏、良い企画を楽しみにしています。次は歌を聴きたいです。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-09-15 18:30 | ライフサイクルコンサート

音楽のある週末 <弦楽器の魅力> 第3回 藤原真理チェロ・リサイタル

2010年9月11日(土)14:00開演
【報告者:小室美登利/編集者/東京都在住 1階11列7番】

藤原さんのチェロは、縦横無尽、変幻自在にその音色を操る。そんな絶対的な信頼感、安心感に満たされて、私たちはただただ一体となって、身をまかせてればいいのだ。

藤原真理さんの演奏を初めて生で聴いたのは、もう10数年前である。
ステージの藤原さんは、ベージュの衣装、たおやかで颯爽としていた。
チェロの哀愁を帯びた切ない響きの中に、力強いパワーをも内包した音色、その時の曲目などは忘れてしまったが、演奏が終わったあと、その日、朝からずっと辛かった頭痛がウソのように治っていたのに驚いたものだった。
いい演奏、いい音楽は、生で聴くことで、痛んだ細胞レベルまで浸透して癒してくれる力があるのかもしれないと、以来、疲れた時は、気に入ったコンサートに一人で出かけ、いい音楽に包まれて眠るという密かな楽しみを覚えてしまった。

今回のリサイタルは、1階席の左側で拝聴した。おおむね、一階席、二階席ともに埋まり、見たところ年齢的には中年以降の方々が多いようだった。
演奏の前に今日の前半の演目「ショパンのチェロ・ソナタ65番」について、藤原さんが解説して下さった。ピアノの詩人と呼ばれたショパンがチェロのために生涯に4曲、作った室内楽曲のうちの一つだという。曲は最初から重厚な展開だった。先導するピアノに、チェロの旋律が草原と化した会場に風を呼ぶようになびき、そのピアノとチェロが絡み合うような演奏が、緊張感を覚えながらも心地良く印象的であった。
あたりをそっと見渡すと、皆さん、居住まいを正して聴き入っている様子。専門的にはよくわからないが、チェロのためのソナタなのでしょうが、ピアノも決して従ではなくて、互いがチェロ語とピアノ語で、何か語り合いをしているような感じ。第3楽章あたりからは、緊張感もほどけてきて、目を閉じていらっしゃる方も多いようだった。うん、やはり気持ちの良い調べはどんな曲でも眠りを誘います、納得、納得……。
フィナーレはちょっとショパンらしい(生意気にもそんな感じがした)軽快なピアノの展開にややドラマティックにチェロが挑むような感じだった。聴き終わって、ふう〜と体が軽くなった気がした。

休憩を挟んでの後半は、バッハの無伴奏である。演奏前に藤原さんが解説して下さる。
当時のチェロは独奏楽器として確立していなかったそうで、サイズも今のチェロよりふたまわり程、小さかったそうだ。透明な音色や大きな音を持続するのは難しい時代に、バッハは単旋律の中に、モザイクのようにチェロの可能性を隠している、それをどう発見するか、演奏者としては常に学ぶものがあるという。そんな藤原さんの言葉が、演奏を聴く側にも、期待感を呼び起こす。前奏曲は、ずんと重たく沈むような響きが印象に残った。それが、やがてスリリングな響きに変わったり、どっしりした手応えを感じたり、確かに単調な響きの中にも、天に引き上げられるような高揚のある音色が混じったり、体の中の疲れというか、淀みが体外に流れ出ていくような、不思議なパワーに酔いしれて、気がついたたら曲が終わっていた。藤原さんのチェロは、縦横無尽、変幻自在にその音色を操る。そんな絶対的な信頼感、安心感に満たされて、私たちはただただ一体となって、身をまかせてればいいのだ。そんな印象である。

このあと、藤原さんは小曲を4つほど弾いた。私が知っているのは最後のサン=サーンスの「白鳥」。これは文句なしに気持ちよく目を閉じて聞き惚れました。そのあと、お疲れでしょうに、アンコールに応えて弾いて下さったのがロシアの作曲家カバレフスキーの「チェロ・ソナタop71第2楽章」。ソ連の民族的な題材をテーマにした3つの楽曲の真ん中の曲とのことだったが、これがちょっと暗い感じで、しかもドラマの一番美味しいところ、クライマックスのところで終わってしまった感じ。ちょっと待って〜!これで、今日は帰るの、う〜ん参ったなと思ってたところへ、再び、藤原さんが登場。まるで私たちの気持ちを読んでいたかのように、「暗い曲で終わりでは何ですから、最後に明るい曲を」と微笑んで、エルガーの「朝のあいさつ」を。もうにくい演出です。会場全体が何だかほっとしたような空気感の中、もう文句なしに絶妙なチェロの音色でめいっぱい堪能させていただきました。

それにしても、今日は、いきなりヘビーなメインディッシュを出され、趣向の違うア・ラ・カルトもあれこれ堪能し、最後にとびきりのデザートまでいただいた感じ。
出口のところで振り返り、お帰りになる方々のお顔を拝見したら、皆さん、満足いたしましたという、穏やかな笑顔が並んでいました。藤原さん、ステキな企て(ってことないか)、本当にどうもありがとうございました。また、聴きに来ます!倉戸さんもありがとうございました! ステキな共演でした。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-09-11 14:00