NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

〈クァルテット・ウィークエンド2010-2011 Galleria〉 エルデーディ弦楽四重奏団

2010年10月17日(日)14:00開演
【報告者:齋藤健治/編集者/月島在住 1階8列9番】

今年も我が町に、クァルテットの季節がやってきた

お待ちかねのシーズン、再開

シューベルト「死と乙女」が鳴る。
甘美なメロディに流されず、抑制をきかせた演奏。エルデーディQは、丹精に音を織り込んでいく。そして冒頭のテーマの再現部から徐々にサウンドが活気づいていく。
今年度の「クァルテット・ウィークエンド」は、弦楽四重奏の定番であるこの曲からスタートした。
開演前のロビーはザワザワとした雰囲気。この日を待ちかねていたかのようだ。
秋から冬、そして春にかけて、第一生命ホールで繰り広げられていく“クァルテットの季節”は、まためぐってきた。

「クァルテット・ウィークエンド」は、様々な人が集う「場」

観客は、1階席は半分ほど、2階席後方も埋まっている。年齢層は高めだ。
その中で、「クァルテット・ウィークエンド」でいつも見かける方々と出会う。どの人たちも、このホールでのイヴェントがなければ知り合えなかったお顔ばかりだ。
それにしても年を重ねるほどに、背負うものも多くなってくる。仕事、家庭、子育て、近所付き合い等々。どれもこれも大切なものだ。その限りある時間をやりくりして、演奏会にかけつけてくる人々。
ある人は仕事の休日かな。ある人はお孫さんのお世話に明け暮れていると聞いている。ある人は主婦業で忙しい。
そうした多様な暮らしを送る人々が集う場。おそらく「クァルテット」がなければ、出会いが生まれえなかった場。
地域社会の崩壊を背景に「新しい公共」という考えが議論されているが、「我が町のホール」が新しい人と人との関係をつくってきたことを、改めて実感した。

シーズンの始まりを緻密な職人芸で聴かせる

エルデーディQのこの日の演奏にも触れてみたい。
「シューベルト&シューマン、ロマンの胎動と爛熟」と題されたプログラムのうち、後半のシューマンでは、「弦楽四重奏曲第3番イ長調op.41-3」を演奏。第1楽章は各パートがやさしい音色を繰り広げ、それをあたかも水彩画のように溶け合わせていく。第2楽章も滑らかな味わいで、とてもシルキーだ。
第3楽章はいぶし銀のような光沢を思わせ、第4楽章は圧巻。奇をてらうことのない緻密な職人芸で、聴衆を音の世界へと引きずり込んでいった。
アンコールはメンデルスゾーン「弦楽四重奏曲第2番イ短調op.13」より第2楽章だったが、この演奏とシューマンを聴き比べることで、彼らの曲の解釈についてのていねいさが伝わってくるものであった。
つまりメンデルスゾーンでは作曲家のあふれんばかりの才能がよく感じられる演奏であったのに対し、シューマンはおそらく研究に研究を重ねてきた音の構築、それをエルデーディQは楽譜を通して追い求めているかのようであった。けっして大向こうに構える演奏ではなく、じっくりと足下を固めていく表現。でもまだ完成し切ってはいなくて、これからさらに深みを探ろうとしている音。
次の「クァルテット・ウィークエンド」ではどのようなアーティストの姿に触れられるのだろうか。
そして、クァルテットを通して知り合った聴衆の方々と今度もまた出会えるかしら――始まったばかりのシーズンに、これからの思いは膨らんでやまない。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-10-17 17:12

音楽のある週末 第4回 イングリット・フリッター ピアノ・リサイタル

2010年10月9日(土)14:00開演
【報告者:齋藤健治/編集者/月島在住 1階10列36番】

澄んだ丁寧なサウンドに、ココロの張りが解き放たれる時間

週末の午後、室内楽が待っている

トリトン・アーツ・ネットワークは、今年新たな取組み「音楽のある週末」を始めた。
これは、土曜日の午後に開かれ、今回で4回目を迎える。これまでは弦楽器のリサイタルが行われてきたが、本日は初めてのピアノ。
ところで土曜日の午後は、クラシック音楽にとって、激戦の時間だ。都内のあちらこちらのホールで、オーケストラの定期演奏会が開かれている。
きらびやかな交響曲を選ぶか、一人のアーティストとあいまみえる室内楽に足を運ぶか――。1週間の仕事をやりくりしたあとの、落ち着きたい土曜日。でも、頭はなんだか昨日までのアレコレを引きずっている土曜日。
そんな気分の時は、室内楽に定評のあるこのホールの堅実な音の力で、気持ちをフラットにもっていくのも一つの手だろう。

温かな観客の雰囲気

午後2時開演の10分前にホールに入る。1階席は5分の4ほどの入りだ。2階席も人影が動いている。
会場はざわついた雰囲気はなく、これから始まるプログラムを心待ちにしているかのよう。ゆったりとした時間だ。
ホールを見渡すと、小学校中学年くらいの男の子と、おそらくは、その子の父親とが、2人で並んで座っているのが目に入ってくる。そして、時折プログラムを見ながら一言二言交わし合っているのは、ほほ笑ましい様子。
今日のコンサートに行こうと誘ったのは、どちらかな。男の子のほうが熱心のように見えるから、たぶんパパは、家族サービスだろうか。音楽を通じた子どもへの温かい気持ち。
週末の音楽の時間が、こうして始まる。

そして「イングリット・フリッター・ワールド」が展開された

ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第18番変ホ長調op.31-3」から始まった本日のプログラム。
イングリット・フリッターさんの奏でるピアノは、澄んだ音。丁寧に、丁寧に、サウンドを解き放つ。
多少のサムシング・エルスが欲しいような気がしないでもないが、この1週間のココロの張りが、少しずつ溶けていく。
第2部はショパン。「イングリット・フリッター・ワールド」と言ってもよいか、「彼女の考えるショパン」を聴いた。
たとえば「子犬のワルツ」。
スケール感にあふれつつ、キッパリとした音づくり。そして、確かに繰り広げられるリズムに、体が自然と揺れていくのを押さえられない。
        * * *
プログラム終了後のサイン会では、ファンの一人ひとりを、フンワリとした笑顔で迎えているイングリット・フリッターさん。
ホールのそこだけが、温かな繭に覆われているような錯覚を覚えつつ、和らいだココロでもって、会場をあとにした。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-10-09 14:00