NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

音楽のある週末 第5回 梯 剛之 ピアノ・リサイタル

2010年11月20日(土)14:00開演
【報告者:中川和子/フリーエディター/東京都在住 1階10列21番】

力強く優しいショパンの調べに、観客全員が酔いしれた午後

『お願い』の看板に、スタッフの行き届いた配慮を感じる

晴海トリトンスクエアには仕事で何度が足を運んだことがあったが、第一生命ホールに入るのはこの日が初めて。休日のせいか、スクエア内には人影はまばらで、少し不安になる。
ところがエスカレーターで会場ロビーに着くと、そこは音楽好きの熱気が溢れ、室温が少し高く感じられた。窓からはゆっくり流れる川と秋の陽差しが望める。土曜の午後の非日常空間に、コンサートへの期待が一気に高まる。
ホールの入口付近には『お客様にお願い』の看板があった。それは「盲導犬を連れていらっしゃるお客様がいらっしゃいます」という知らせとともに、盲導犬に対する注意事項を列記したものだった。実は会場に入る前、化粧室でゴールデンレトリバーを連れた方たちとすれ違った。看板はこの方たちに配慮したものだったのだろう。スタッフの行き届いた心遣いに感心すると同時に、どこのホールにも、目の不自由な方が積極的にコンサートを楽しめるような環境作りをお願いしたい。
ホールの中は白木を基調にしていて、大き過ぎず、とても落ち着いた雰囲気だ。私の席は2つ目のブロックの最前列でほぼ中央付近にあった。少し早めに席に着き、プログラムで曲目などを確認する。土曜の午後のせいか、はたまた11月22日の『いい夫婦の日』が近いためか、想像以上に男性客の姿も多い。年齢もバラバラという印象を受けた。ただ、オール・ショパン・プログラムで土曜の午後ということを考えると、ピアノのレッスンに通っているお子さんや、若い人たちがもっとたくさんいてもいいような気がした。

梯さんの゛力強いショパン”に圧倒される

本日の主役、梯剛之さんのピアノを聴くのは初めてだ。恥ずかしながら、目が不自由でいらっしゃることぐらいしか予備知識はない。今年はショパンの生誕200周年にあたり、世界各地でショパン関連のコンサートが開催されているようだが、私自身はその波に乗り遅れている。しかし、子どもの頃、ピアノのレッスンに通っていたこともあり、ショパンの曲にはなじみがある。『子犬のワルツ』をよく練習したっけ……。そんな感傷に浸りつつ、開演を待った。
お母様に手を引かれた梯さんは、グレーのスーツに白い蝶ネクタイ姿で登場。想像以上に小柄でスリムだ。そして、スタインウェイの鍵盤の上で白い指が動き始める。
「ショパンの曲って、こんなに力強かったっけ?」最初の『舟歌 嬰へ長調 作品60』でこんな感想を持つ。続く『幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66』はショパンのピアノ曲の中でも名曲中の名曲。右手と左手の流れるようなリズムの中でも、その力強さは変わらない。「あんなに華奢な体の、どこにあんなパワーがあるのだろう」と驚嘆。
『スケルツォ第2番 変ロ短調 作品31』『ワルツ第3番 イ短調 作品34-2』、そして『アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 作品22』と演奏は続く。主旋律はあくまで力強くダイナミックに、そこに、ショパンらしい繊細な音の動きが混じり、とても心地良い。あまりの気持ち良さに船を漕いでいる観客も見受けられた。
5曲が終わったところで15分の休憩に。ロビーに出ると、グラスワインを片手に歓談する観客の姿が見られた。土曜の午後にこんな時間が過ごせるなんて、なんて幸せなことなんだろう! もちろん、夜のコンサートもいいが、今日のような昼下がりのコンサートも心身を芯から和ませてくれる。

5度のアンコール、そして夢の空間の終わり

第2部は『ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 作品58』の演奏だ。ショパン最後のソナタは、彼の波乱の人生が凝縮されているような曲である。プログラムのメッセージの最後に、梯さんは「もし可能なら……やっぱり僕は「ショパンの再来」になりたいな……。」という一文を添えられていた。病気を克服され、ピアノとともに生きてこられた梯さんは、ショパンの人生にご自身を重ねているのかもしれない。激しく、そして切ない演奏を聴いていると、何とも表現のしようのない感情が湧いてくる。
演奏が終わると、梯さんは観客に向かって何度も深々と礼をされた。拍手が鳴りやまず、アンコールが始まった。1曲、そして2曲……。日本人はシャイなのか「ブラボー」と叫ぶ人は少なかったが、それでもいっこうに拍手は鳴りやまない。あまりにも心地良く、素晴らしい演奏の場から、現実に引き戻されるのが怖くて、私たちは何度も何度もアンコールを要求してしまったのだ! また、その気持ちを察してか、体力の消耗を心配されるお母様を尻目に、梯さんの演奏は続いた。4曲目は『12の練習曲op.25 第11番「木枯らし」イ短調』。そして、5曲目のそれまで以上に優しく響く温かな演奏を聴き、私たちは席を立った。たぶん、観客全員が「これ以上は申し訳ない」という気持ちだったに違いない。終演は4時22分頃。予定を30分もオーバーしていた。
ロビーでは梯さんのCDを買い求めようという人たちが売場に殺到。即席のサイン会も催された。サインを求める人、一人ひとりに「ありがとうございました」と声をかけられる梯さん。その様子を見てから、私は会場を後にした。外はすっかり夕闇に包まれていたが、素敵なリサイタルに出会えたことに感謝しつつ、足取りはとても軽くなった。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-11-20 19:15

音楽のある週末 第5回 梯 剛之 ピアノ・リサイタル

2010年11月20日(土)14:00開演
【報告者:井出春夫/会社員 1階4列30番】

梯さんの体の中から自然に沸き上がって来た音楽。

「音楽のある週末」のコンサートシリーズも5回を数えた。シリーズがスタートした当初はあまり興味が持てず、1回冷やかしのつもり出来てみたら、とても素晴らしい演奏だった。しかし毎回、今度の演奏会は「はずれる」かもという不安が頭の隅をよぎる。演奏会が終わってみれば、結構満足して帰宅する自分がいた。

 今回の演奏会の入場者は、ざっと見た感じで350人位だろうか。その中で盲導犬をつれた方が6名いらしたそうである。年齢層も幅広かったようで、私の隣の方々は、家族みんなでいらしているようだった。
 第1曲目「舟歌」が始まる。かなりの安全運転で始動だ。音楽は淡々と進む感じがあったが、ショパンの素朴さが感じる。

 梯さんの使用したピアノは音が鳴りやすく、メロディがうき出てくるように聞こえとても弾きやすいように思えた。音量的にはさほど大きいとは思えなかったが、幻想即興曲では、すこしかげりのあるような音を混ぜたり、スケルツォの2番では、ダイナミックスに変化を持たせたりと曲毎にいろいろ工夫がなされていた。音楽的な細かなことはよくわからないが音楽が聞き易くリラックスして楽しめた。

 後半のソナタも集中力があり、しっかりした演奏でとてもよかった。
今日の一通りのプログラムを終えアンコール。これがとても素晴らしかった。梯さんの体の中から自然に沸き上がって来た音楽。音楽がとても自然でかなり自由な演奏のように思えた。アンコールは全部で5曲弾かれた。全部が素晴らしいが、個人的には1曲目の子守歌と3曲目のワルツNo.10が特によかった。
とても素敵な演奏会だった。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-11-20 10:00

〈TAN's Amici Concert〉 日本音楽集団第201回定期演奏会

2010年11月17日(水)19:00開演
【報告者:M・A(高三)、K・M(高二)/都立高校箏曲部】

演奏会が始まり、舞台が明るくなった時、次々と舞台袖から出てくる団員のみなさんが輝いて見え、とても素敵でした。

初めて第一生命ホールでの演奏会を聴きに行きました。
雨が降り、寒い中トリトンまでの道のりは長いように思いましたが、会場の入口はとてもわかりやすく、良かったと思います。入口を入ってからも、受付の方々が笑顔で明るく出迎えて下さいました。会場の案内もしてくださっていたので、初めての私も迷うことなく座席につくことができました。
今回の演奏会は自由席だったため、私は上から見える二階席へ行きましたが、会場を見渡す限り、空席が少し目立っていたように思えました。
演奏会が始まり、舞台が明るくなった時、次々と舞台袖から出てくる団員のみなさんが輝いて見え、とても素敵でした。

1曲目「子どものための組曲」
最初の方はゆったり軽やかに進んでいく音楽に一緒になって揺れていましたが、段々と激しくなりはじめ、生き生きと鳴り響く太鼓の音に釘付けになってしまいました。打楽器の演奏者の方々がとても格好良かったです。
2曲目「雨のむこうがわで」
今までの様々な演奏会を見た中で、初めて打楽器だけの合奏を聴いたので、少し不思議な感じがしました。普段目にすることはできないたくさんの種類の楽器もとても魅力的でした。演奏者自身も楽器になったような感じで視覚からも音楽を楽しむことができました。
3曲目「夢もよい」
語りが朗読のように聞こえたと思うと、次は感情のこもったお芝居のようになり、変化の速さに少し驚きながらも、その様々な世界観に圧倒されてしまいました。
4曲目「火の曲」
箏の音だけでなく、竜笛の音がとても響いていて、とても美しかったです。並びも十七絃から箏へ広がっており、音も広がっていくように聞こえました。
5曲目「ディヴェルティメント」
この曲は今回の演奏会で私の印象に一番強く残りました。私も少し練習したことがあったので、無意識に手がリズムをうっていて、とても楽しく聴くことができました。ゆったりとしていて優しくきれいな所も好きですが、全員が同じテーマを弾いている所は力強く迫力もあり、とても素敵でした。

今回の演奏会を通して、私個人の意見ではありますが、洋楽器よりも和楽器の音色が好きだと改めて感じさせられました。
また機会がありましたら、様々な演奏会に足を運びたいと思います。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-11-17 19:00 | TAN's Amici コンサート

〈TAN's Amici Concert〉 日本音楽集団第201回定期演奏会

2010年11月17日(水)19:00開演
【報告者:Sho/勝どき在住 2階席C2列】

あ、これは邦楽のオーケストラなんだ、というのは後になって思ったことで、次々に演奏される変化に富んだ音のアンサンブルにすっかりはまってしまった。

朝から雨の降る寒い日だった。
友人からの電話で誘われたコンサート。棚から降ってきた“ぼた餅”ではなく“日本音楽集団の定期演奏会”のお誘い。お断りするのは勿体ないと、何の知識もなく軽い気持ちででかけた。

開演を待ってプログラムをめくる。解説を読んでみても見当がつかない。
今までの洋楽のコンサートなら、私でも何曲か知っている曲や作曲家(バッハとかドビュッシー)があるのだけど、まるで様子がちがう。
曲目は『子供のための組曲』、『雨のむこうがわで』、『夢もよい・・・』、『火の曲』、『ディヴェルティメント』。なんだか難しそう・・・と思った。

ステージは三段の舞台に設えられ、着物や袴姿の演奏家が登場する。奥に打楽器と三味線と琵琶、中間に尺八、手前には箏と十七絃がずらりと並ぶ。総勢19人の豪華なメンバーで、女性の淡い着物の色が美しい。
一曲目が始まった。箏、尺八、三味線、音色はどれも心地よく、初めてのようだけど、懐かしいようで、醸し出されるリズムは調子よく、打楽器のパッカパッカに体が弾む。あ、これは邦楽のオーケストラなんだ、というのは後になって思ったことで、次々に演奏される変化に富んだ音のアンサンブルにすっかりはまってしまった。
今まで私にとって、日本古来の楽器で演奏される音楽は、伝統音楽として、または日常の生活の中の音楽として耳にしてきた。それがこんなふうにおもちゃ箱みたいに楽しい「子供のための組曲」になってしまうなんて、本当に驚きのスタートだった。

次の『雨のむこうがわで 4人の打楽器奏者のために』には、またびっくりした。4人の演奏者の体が楽器になってしまって、好き勝手にやっているのではないかと思ったけど、楽譜をめくっているところを見ると、これはこういう音の世界なのだ。
続いて『夢もよい・・・』は唯遊湯人(たゆたふと)の詩に遊ぶ奇想組曲という不思議な曲で、休憩後の二つの演奏も玉手箱の連続だった。けれどもなぜか、耳にも心にもなじんでしまう。どこか私の体内のリズムに共鳴してしまう何かがあるようで、音楽を聴くという構えなしに体の中に入り込んでしまう。そして最後の曲、名残を惜しむかのようなエンディングは、もう一発、もう一発と打ち上げられた夜空に浮かぶ大玉の花火のようだった。

コンサートが終わってホールで演奏家の方々とTANの皆さんの温かいお見送りを受けて家路に向かう。今日の“ぼた餅”は美味しかった。美味しいものは洋食か和食かジャンルを問わない。TANと第一生命ホールという素晴らしい音楽のレストランが身近にあるなんて本当に恵まれている。 今後もいろいろなメニュー、楽しみにしています。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-11-17 18:59

〈TAN's Amici Concert〉 ショパンの愛したプレイエル・ピアノ~弦楽器と奏でる美しい詩~

11月9日(火)19:00開演
【報告者:N・F/大学生/静岡県在住 1階15列25番】

響きが衝突することなく、それぞれの楽器が掛け合いながら混ざり合うことによって音が広がっていく感じがとても聴いていて心地よく感じられた。

今年はショパン生誕200年ということでショパン関連のコンサートが多くで開かれていたが、今回の演奏会は一味違っていた。
今回使用されていたプレイエル・ピアノは浜松市楽器博物館に所蔵されているものである。開場後まもなく小岩氏によるプレトークが行われていた。このプレイエルはアクションがシングル・エスケープメントであるためキーを完全に戻さないと次の音が出てこず、キーのタッチがデリケートであるため演奏が非常に難しいという。

しかしながらそういった繊細な楽器であるからこそ、小倉氏の演奏は本当に1音1音を楽器と対話しながら紡いでいっているという様子で、見ていても凄く引き込まれた。
オープニングの「華麗なるワルツ」では飛んだり跳ねたり、テンポを揺らしたりして、軽やかに音が転がっていったと思えば、「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」ではずっしり、しっとりとした響きで多彩な表情が見られた。しかしプレイエルの音はどんなに力強い場面でもどこか優しく、上品な響きをしていたのが印象的であった。

弦楽五重奏版の「ピアノ協奏曲 第2番」では、他の弦楽器とプレイエルの音色が溶け合っていた。響きが衝突することなく、それぞれの楽器が掛け合いながら混ざり合うことによって音が広がっていく感じがとても聴いていて心地よく感じられた。当時の楽器での演奏を聴くことで、ショパンがその音楽をつくった時に思い描いていた音や世界に近づくことができたように感じる。
それから、アンコールで演奏された弦楽五重奏版の「別れの曲」が新鮮だった。弦のピッチカートやトレモロが加わり原曲より軽やかで動きが伝わってくるアレンジで、この曲のまた新たな面を発見することができた。そして当時はもっとこんな風に自由にサロンや様々な場所で演奏がなされていたのだろうか、と色々思いが巡った。

このシリーズは静岡文化芸術大学との共催で、私は2008年の3月に開かれた『クララ&ロベルト・シューマン~愛、輝きと優しさ~』の公演も聴いたのだが、ここで使われていたグラーフのフォルテピアノと比べるとプレイエルの方がつくられたのが新しいということもあり、もう少し音が明るく輪郭がくっきりしているような印象を受けた。フォルテピアノだけ見ても、シリーズを通して聴き比べるとそこにも楽器の変化が見られて興味深かった。

歴史の中で楽器も聴衆も変化し続け、そして現在に至っている。音楽をひも解いていく中で、そんな歴史の大きな流れを会場に居合わせた人々は感じられたコンサートだったのではないかと思う。
[PR]
by tritonmonitor | 2010-11-09 18:40