NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


12/23(水・祝)クリスマスコンサート2009

2009年12月23日(水・祝)17:00開演
【報告:S.K/千葉県在住/1階C2扉13列32番】

 本年度の第一生命ホールでのクリスマスコンサートは「アドヴェント弦楽合奏団」によるものでした。この合奏団のメンバーは、音大在学生や卒業生を中心とした20人程の若いメンバー。プログラムによると、今日のコンサートの為に、ベテラン講師陣の指導のもと9日間もの特訓を受けてきたとのこと!このエピソードを見た時に、勝手ながら講師陣が厳しい様子で指導している練習風景を想像してしまい、妙に親しみが湧いてきたのを憶えています。

 コンサート開演の合図と共に、街のイルミネーションに負けない、色とりどりの華やかな衣装を纏った演奏者らが舞台に登場。この視覚的にも楽しい演出で、ひょっとしたら演奏が始まる前から早くもクリスマス気分になってしまった方もいらっしゃったのではないでしょうか。演奏は、モーツァルト:ディヴェルティメント変ロ長調 K.137(125b)で軽快にスタートしました。これに続く曲は、そのコンサートのタイトルにふさわしく「パッヘルベル:カノンニ長調」、「J.S.バッハ:エア~管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068より」、「J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ」と、定番とも言えるクリスマス曲がずらり。彼女らは、有名曲を演奏するというプレッシャーにもかかわらず、透明感のある優しい音色で我々を楽しませてくれました。クラシックコンサートの楽しみの1つに、コンサートホールならではの音響を楽しむことがあると思いますが、特にこの3曲は心地良い音圧の響きを醸し出しており、曲を聴くというよりも空間を楽しむという感覚でした。周囲を見渡しお客さんの様子を見ると、ゆったりとした曲に合わせて静かに頷くようにリズムを取っている方が見受けられるなど、全体的にリラックスした様子でした。

 続いて、メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲第10番ロ短調、ヴォルフ:セレナード ト長調、チャイコフスキー:「フィレンツェの思い出」 ニ短調の3曲が演奏されました。単純な感想ではありますが、「弦楽器はこれほど大きな音が出て、多彩な表現ができるのか!」と感じるくらい、演奏は力強く、生命力に溢れていました。私にとってこの3曲は初めて聴く曲でしたが、アドヴェント弦楽合奏団の生演奏を通して知ることができたのは幸運だったと思います。周囲のお客さん方に目をやると、演奏者達の気迫が伝わってきた為でしょうか?一瞬たりとも気を緩めてなるものかとばかり、舞台一点に集中力を注いでいる様子でした。

 コンサート全体を通しての印象は、クリスマスというコンセプトに軸をおきながらも、有名な曲もあればあまり有名でない曲もあり、20人余りの大編成の曲もあれば四重奏もあり、激しい曲もあれば安らぎを感じる曲もありと、バリエーションに富んだ素敵なコンサートだったと思います。クラシック初心者の方もベテランの方も、皆が楽しめたのではないでしょうか
[PR]
by tritonmonitor | 2010-01-04 18:01 | アドヴェント&クリスマス
<< 1月23日(土)モーツァルトの... 2009年12月23日(水・祝... >>