NPOトリトン・アーツ・ネットワークの活動レポートです。詳細はhttp://www.triton-arts.net
by tritonmonitor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
TANモニターとは
TANについて
TANモニタープロフィール
SQWシリーズ
ライフサイクルコンサート
TAN's Amici コンサート
コミュニティ活動
ロビーコンサート
その他特別コンサート等
レクチャー・セミナー
NEWS
チャットルーム
アドヴェント&クリスマス
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年12月24日 クリスマスコンサート2006

【報告:齋藤健治/月島在住・編集者/2階C1列4番より報告】

ホールへと続く,長いエスカレーター。
そこを埋める観客の群れ。

「今年はとてもお客さんが入っているのではないですか?」
「お蔭様で6回めを迎えましたので」
プロデューサーの一人はこのように語る。
もう一人のプロデューサーはトナカイの耳を頭につけて微笑んでいる。
「これ,あんまりお辞儀をしていると,とれそうなんですよ」
かたや,旧第一生命ホール解体時には美しい写真を残しているサポーターの方は二人の息子さんを連れ,接客に忙しい。そして子どもの一人は,サンタクロースの帽子を被り,愛らしい。

今年もTANのクリスマスコンサートが始まった――。豪華な飾り付けを施すでもなく,大枚をはたいて著名アーティストを招聘するというものでもない。その真逆に,オーディションに受かった若手アーティストが,10日間のセミナーで磨いた腕を披露するという今宵の趣向。海のものとも山のものとも知らぬ未来の可能性に,かける。そこに,600を超える観客が集まっていた。

* * *

「よく溶け合っているのだけれども、膨らみがほしい。一人ひとりの声が聞こえてこない。少々表現に平坦なところが寂しい」
これは一昨年にモニターを務めた際のレポートの一部である。

毎年受講生は変わるので,“去年に比べて今年は……”という比較はおかしいが,“さて,今回はどうだろう!”という思いは増す。
なぜなら,観客はその日,一日しか,その場には,いない,からだ。どうか,今日のステージは,びっくりするようなサウンドを聴かせてくれ,と願う。なぜなら,楽器で人を酔わせるという力は,選ばれた,あなた方しかできないんだから。

* * *

そして今年も,プログラムの1曲目は受講生だけによる演奏。そして2曲目は講師の松原勝也氏を交えてのアンサンブル。3曲目は講師による室内楽であり,最後は受講生と講師全員による合奏。この流れは変わらない。
さて,今回はどうだろう?

* * *

1曲目は,メンデルスゾーン「弦楽のための交響曲 第4番 ハ短調」。
16名の受講生がステージにつく。
さて!
冒頭の響きが生き生きとしている。躍動する。それは第2楽章に入ると緩やかさを加え,第3楽章は古典的なサウンドを奏でる。
なんとも堂々とした演奏だ。
2曲目のブリテン「シンプル・シンフォニー 作品4」でもそれは変わらない。特に第3楽章は音の連なりが物語を語るようなサウンドにあふれ,終楽章での広がりにつながっていく。

そして,受講生の「顔」が見えてくる。顔とは「いま,ここで,私は,何を,どのように,表現したいのか」という意味においてである。
ヴィオラの一人が,非常なる存在感をもって目に映ってきて,やまない。

ここで昔聞いた某音楽ジャーナリストからのアドバイスを思い出す。

「まず,一人のアーティストに注目してみなさい。その音にじっくり耳を傾けてみなさい。そこから,あなたは,コンサートを“愉しむ”ことが,できるでしょう」

それを思いだし,今回はヴィオラの音に神経を傾け,その地点からアンサンブルを聴いた。ここから生まれてくるものは,ヴァイオリン・パートの奏でる数ミクロンとでも言えるかの柔らかく暖かく,しかし強靭なベールの響きであり,チェロがはなやげ,コントラバスが大地のごとく締める。

サポーター/モニターのA氏は,こう言った。
「コントラバスがとってもうれしそうに弾いていましたね」

600人を超える観客の中,その観客一人ひとりの印象はまるで違うかもしれないし,その観客一人ひとりに浮かぶ「顔」も異なるだろう。
しかし,ステージの若者たち一人ひとりの,端正な姿は,たしかに「顔」として,一人ひとりのアーティストと一人ひとりの観客の間で,刻まれたのではないだろうか。

「今年は,特に,パートごとに集まって話し合いをしたそうですよ」とは,広報嬢の言葉だ。

* * *

ステージは続く。講師の「プレアデスQ」は流石の安定感を魅せ,最後のバルトーク「弦楽のためのディベルティメント Sz.113」は,第1楽章で壮大なスペクタクルと厚みを魅せ,第2楽章は地響き,大きな風,大地の揺れ,を表現する。最後は,リズム! リズム! リズム! の応酬。荒れ狂いながらも,アンサンブルは密集する。

* * *

コンサートが終わり,レセプションの場へと移る。
受講生は「こんな経験ができて嬉しい」「10日間みなさんに会えて,幸せな時間でした。また来年も受けることができたら」と語る。
一方,TANを支えるサポーターの代表は「音楽の仲間というのは素晴らしい」と告げる。

そして松原氏の「これは出発点なのです」という発言が続く。

目を転ずれば,プロデューサーは今宵集った方々との談笑。またTAN職員はサポーターとじっくり語り合う。
一方では,新年開けての新企画のため,早速打ち合わせているサポーターもいる。

その中で,一人の,今宵のステージに立ったアーティストと語ることができた。
ふと見ると,その左肩は真っ赤である。
この音楽に接したいがため,来年以降もクリスマスコンサートが続くことを。
そして,この東京湾岸というちっぽけなエリアに,音楽と,そして「人」が集う,ことを。
なぜなら,このクリスマスコンサートは,「出発点」だから,だ。
[PR]
by tritonmonitor | 2007-01-09 16:04 | アドヴェント&クリスマス
<< 6年目のTANをどうぞよろしく... 2006年12月9日(土)芝浦... >>